LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

中小企業法人・会社の顧問弁護士

中小企業法人・会社・事業者の顧問弁護士のご依頼

事業やビジネスを行うにあたっては,法的問題を避けることはできません。

したがって,適切な事業運営をし,あるいは,法的トラブルに適切に対処するためには,法律の専門家である弁護士からのアドバイスやサポートが必要となる場合があります。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,会社・法人・事業者・中小企業の方の顧問弁護士のご依頼を承っております。顧問弁護士をご希望の方は,お気軽にお問い合わせください。

顧問弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください(顧問料金については,顧問弁護士サービス・料金のご案内ページをご覧ください。)。

(著者:弁護士 志賀 貴

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

中小企業にも顧問弁護士は必要です

顧問弁護士とは,文字どおり,弁護士が貴社の顧問となり,事業等に関する日々の法律問題についてご相談を承るという契約類型のことをいいます。

弁護士にご相談いただく場合,通常,発生した紛争・事件ごとにスポット的にご相談をいただくことになりますが,顧問弁護士の場合には,個々の紛争事件ごとではなく,継続的にご相談を承ることになります。

顧問弁護士というと,大企業などを思い浮かべる方も多いかと思います。しかし,実際に顧問弁護士が必要となるのは,むしろ法務部など専門の担当部署を置く大企業ではなく,そのような部署のない中小企業であるといえます。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,この顧問弁護士のご依頼も承っております。顧問弁護士をお探しの法人・会社・事業者・中小企業の方々,お気軽にお問い合わせください。

顧問弁護士のメリット

顧問弁護士は,通常のスポット的なご相談の場合と異なり,継続的に貴社のご相談を受ける立場にあるため,弁護士が貴社のご事情をより詳しく把握して,個別事情にあった提案や回答をお出しできるというメリットがあります。

また,日常的にご相談をしていただけるため,紛争の芽を早めに摘み取ることができたり,あるいは紛争を予防したりできる場合があります。

いざ紛争が生じた場合でも,弁護士を探して,予約をとり,相談に行って会社の状況などを一から説明して・・・などという時間を省くことができるため,迅速な対応が可能となるでしょう。

病気ではないですが,法律問題というものも,対応が早ければ早いほどよい解決ができたり,ダメージを少なくすることができたりすることは間違いありません。顧問弁護士には,そういうメリットもあります。

とはいえ,コスト面でのメリットもなければならないでしょう。

しかし,例えば,法務部のような専門人員を雇用して配置することを考えていただければお分かりいただけるかと思いますが,そのような人材を確保するコストに比べれば,顧問弁護士料金ははるかに低コストで済みます。

また,顧問弁護士料金は税務申告において経費とすることも可能です。

さらに,LSC綜合法律事務所では,中小企業の方のニーズにお応えするために,固定的な顧問料金は設定せず,貴社から顧問料金のご希望をいただいて,それに応じたサービスをご提案するという,顧客選択型の顧問弁護士料金設定にさせていただいております。

したがって,貴社の支出可能なコストに応じてご判断いただくことが可能であり,コスト的にもご検討いただけるものとなっていると思われます。

加えて,顧問弁護士がいることによって迅速対応が可能となり,法律問題による貴社に対するダメージを軽減することができれば,商売・ビジネス上においてもプラスに働くことは間違いありません。

法律問題や法的紛争は,時として,企業に対して経済的に大きなダメージを与える場合があるからです。

最後に,精神的なメリットを挙げることができるかもしれません。経営者は常に孤独です。従業員の方々とは分かち合えない悩みもあります。

顧問弁護士がいることで,そのような精神的な負担を軽減できるという点も,メリットといえるかもしれません。

顧問弁護士契約のご予約・ご依頼の流れ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,前記のとおり,中小企業の方のニーズにお応えするために,固定的な顧問料金は設定せず,貴社から顧問料金のご希望をいただいて,それに応じたサービスをご提案するという,顧客選択型の顧問弁護士料金設定にさせていただいております。

まず最初に,貴社から希望とする顧問料金をご提示いただきます。ご提示いただく金額は3万0000円(税別)単位となります。

上記ご提示金額をもとに,当方において,当事務所顧問弁護士基準に基づき,ご提供できる法的サービスの内容をお伝えいたします。

貴社において,上記ご提案差し上げたサービスが提案顧問料金に見合うものとご判断いただいた場合には,顧問弁護士契約を締結させていただくことになります。

まずは,顧問弁護士を依頼すべきかどうかを検討したいという方がいらっしゃいましたら,ご相談ください。ご相談は無料となっております。ご相談のご予約はお電話【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,当事務所では,暴力団関係者・団体・企業,違法・不法行為を行っていると認められる企業の方の顧問弁護士契約は一切お断りいたします。お見積りも一切お断りいたしますので,あらかじめご了承ください。

>> 顧問弁護士契約の流れ

顧問料金は「顧客選択型」になっています

顧問弁護士を依頼するといっても,常に法的紛争が生じているということはあまりないでしょう。したがって,何も相談することがないような月にまで,多額の顧問料を支払うというのは,やはり理にかなわないといえます。

そこで,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,法人・企業の方の顧問弁護士契約における顧問料金については,顧客の皆様にお選びいただける「顧客選択型」の顧問料金体系を採用しております。

具体的には,基本料金は3万0000円から(事業規模等によってご相談)となります。そして,各種サービスを追加する場合には,そのサービスに応じて追加顧問料金を頂戴するという形になっています。

>> 顧問弁護士サービスの内容・顧問料の詳細

顧問弁護士とは?

顧問弁護士とは,通常の個別事件の法律相談と異なり,顧問契約期間中,弁護士が継続的に法律相談にのらせていただくという契約形態のことをいいます。

弁護士に依頼する場合というと,やはり法的な紛争やトラブルが生じた場合というのが通常です。しかし,顧問弁護士は,それとは異なり,法的紛争がない状況でも継続的なご依頼をいただくことになります。

紛争が生じていないのに,弁護士に依頼する必要があるのかという疑問はもっともなことです。

しかし,日々の業務において,法的な知識が必要となることは少なくないはずです。そのような場合に,身近に相談できる弁護士がいるということは,思いのほか有益なことではないでしょうか。

それによって,法的紛争をあらかじめ防止できるという大きなメリットがあります。紛争が生じれば,金銭的にも時間的にも大きなコストが発生します。それを防止することが,顧問弁護士の最大の役割といえます。つまり,顧問弁護士の最大のメリットは「予防法務」にあるのです。

もちろん,いざ紛争やトラブルが生じた場合にも,スポット的に弁護士を探すという時間的なロスを省くことができるというメリットも当然あります。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,中小企業の顧問弁護士契約も承っております。顧問弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,当事務所にお任せください。

>> 顧問弁護士のQ&A

顧問弁護士の各種の活用方法

顧問弁護士というと,前記のとおり,定期的な法律相談やいざという時のご依頼のための備えのために依頼するのが通常でしょう。

しかし,顧問弁護士の利用方法はそれのみにとどまりません。貴社のビジネス・事業を促進させるための活用方法もあり得ます。

たとえば,貴社のビジネスに関するセミナー等に顧問弁護士を同席させて,顧客の方の法律的なご質問に応じたり,法律相談会を開催したりというような活用方法も考えられます。

顧問弁護士を依頼し,新しい活用方法をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご協力いたします。

>> 顧問弁護士の新しい活用方法

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内

会社・法人・事業者の顧問弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ