LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

法人・会社の自己破産

法人破産・会社破産に関連する記事の一覧

法人・会社の自己破産手続では,さまざまな法律問題が関わってくる上,各種の手続的処理が必要となってきます。

法人・会社の自己破産手続を行っていくにあたって,または法人・会社の自己破産申立てをすべきかどうかを判断するために,これらの法的知識や情報を得ておいて損はありません。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,法人・会社の自己破産に関連する各種情報をご提供していきます。このページの以下では,法人・会社の自己破産に関連する記事をご紹介しています。

なお,実際に,法人破産・会社破産に強い弁護士へのご相談をご希望の方がいらっしゃいましたら,お電話【 042-512-8890 】からご予約ください。ご相談は「無料相談」です。

※東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所の法人破産・会社破産の実績等について詳しくは,法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しの方へをご参照ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

法人・会社の自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,これまでに,個人も含めると2000件以上の破産申立て相談を受け,実際の破産申立て実績は200件以上,東京地裁立川支部で破産管財人も務める,法人破産・会社破産に強い弁護士が,ご相談やご依頼を承っております。

法人・会社の自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。

>> 法人・会社の自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

弁護士による法人・会社の自己破産申立ての無料相談

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,法人破産・会社破産についてのご相談を承っております。ご相談は「無料相談」です。法人破産・会社破産に強い弁護士が,秘密厳守でご相談をおうかがいいたします。

弁護士による法人・会社の自己破産申立てをお探しの方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。

>> 弁護士による法人・会社の自己破産申立ての無料相談

法人・会社の自己破産申立ての弁護士報酬・費用

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,法人・会社の自己破産申立てのご依頼を承っております。ご依頼いただく場合の弁護士報酬・費用については明確にご説明させていただきますので,ご安心ください。

法人破産・会社破産をご依頼いただく場合の弁護士報酬や費用について詳しく知りたいという方は,以下のページをご覧ください。

>> 法人・会社の自己破産申立ての弁護士報酬・費用

法人・会社の自己破産における注意点

法人破産・会社破産の手続は厳格です。そのため,不用意に財産処分等を行ってしまうと,破産手続において大きな問題を生じてしまう場合があります。法人・会社の自己破産を申し立てる場合には,いくつかの点に注意が必要となります。

法人破産・会社破産においてどのような点に注意しておくべきかについて詳しく知りたいという方は,以下のページをご覧ください。

>> 法人・会社の自己破産における注意点

法人・会社の自己破産の基礎知識

法人破産・会社破産においては,債権者対応だけでなく,雇用問題・各種契約関係の処理・財産処分など,さまざまな法律問題が生じてきます。適切に対応するためには,最低限度の基礎知識は知っておかなければなりません。

法人・会社の自己破産手続の基礎知識について詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のQ&Aページをご覧ください。

>> 法人破産・会社破産の基礎知識に関するQ&A

法人破産と個人破産の違い

法人破産と個人破産は同じ破産手続ではありますが,法人破産には,個人破産における自由財産の制度や免責という概念がありません。また,個人破産に比べて,法人破産の手続はかなり厳格な運用がなされています。

法人破産と個人破産の違いについて詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のQ&Aページをご覧ください。

>> 法人破産と個人破産の違いに関するQ&A

法人・会社の破産手続の種類

破産手続には,破産管財人が選任される管財事件と呼ばれる原則的形態の手続と,同時廃止事件という例外的に簡易に終了する手続があります。会社・法人の自己破産手続の場合には,管財事件となるのが通常です。ただし,中小企業であれば,引継予納金の金額が少額で済む少額管財事件となるのが一般的です。

法人破産・会社破産における手続の種類について詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。

>> 法人・会社の自己破産の手続の種類

法人・会社の破産手続の流れ

法人破産・会社破産の手続は管財事件となります。まず破産手続開始の申立書を作成して,それを裁判所に提出することによって自己破産の申立てを行い,破産手続が開始された後は,破産管財人が会社財産を調査・管理し,それを換価処分して,各債権者への弁済・配当を行うという流れになります。

法人・会社の自己破産手続の流れについて詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。

>> 法人・会社の自己破産の手続の流れ

法人・会社破産において同時廃止となることがあるのか

破産手続には,通常の管財事件のほかに,同時廃止事件という,破産手続開始と同時に手続が終結するという非常に簡易な例外的手続も用意されていますが,法人破産・会社破産の場合には,この同時廃止として処理されることはほとんどないといってよいでしょう。

法人・会社の破産手続において同時廃止となることがあるのかについて詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。

>> 法人・会社破産において同時廃止となることはあるのか?

法人・会社が破産すると連帯保証人はどうなるのか

中小企業の会社・法人が銀行等から融資を受ける場合,代表者等が連帯保証人になることが通常でしょう。この場合に,会社が破産すると,連帯保証人の方は,その債務について支払いをしなければならなくなります。そのため,法人破産に伴って連帯保証人も債務整理をしなければならないこともあり得ます。

法人・会社が破産した場合に連帯保証人はどうなるのかについて詳しく知りたいという方は,以下のページをご覧ください。

>> 法人・会社の破産と保証人・連帯保証人

代表者も債務整理をしなければならないのか

会社などの法人と代表者や役員という個人は,法的にいえば別人格です。したがって,法人が破産したからといって,必ずしも,代表者も一緒に破産しなければならないわけではありません。ただし,会社債務の連帯保証人になっているなどの場合には,何らかの債務整理をしなければならないことがあり得ます。

法人・会社が破産した場合には代表者等も債務整理をしなければならないのかについて詳しく知りたいという方は,以下のページをご覧ください。

>> 法人・会社の破産と代表者の債務整理

滞納している税金はどうなるのか

会社・法人の税金の滞納が事業を圧迫し,それによって,自己破産をせざるを得なくなるという場合がありますが,自己破産をするということは,会社・法人が無くなるということですから,滞納税金債務の客体がいなくなる以上,滞納税金も無くなるということになります。

法人破産・会社破産をした場合に滞納税金はどうなるのかについて詳しく知りたいという方は,以下のページをご覧ください。

>> 法人・会社の破産と代表者の滞納税金

法人・会社の自己破産における従業員対応

法人・会社の自己破産手続において,大きな問題となることが多いのは,やはり雇用・労働の問題でしょう。法人・会社が破産する以上,従業員は解雇しなければなりませんが,社会保険や税金などさまざまな処理が必要ですし,また解雇にともなう従業員対応も必要となってきます。

法人破産・会社破産における雇用・労働問題・従業員対応について詳しく知りたいという方は,以下のQ&Aページをご覧ください。

>> 法人・会社の自己破産における雇用問題・従業員対応のQ&A

法人・会社の自己破産申立書の書式と必要書類

法人破産・会社破産を申し立てるには,破産手続開始の申立書を作成してこれを提出する方法によって行います。この申立書には特に決まった書式はありません。また,各種の必要書類や資料を添付する必要があります。

法人・会社の自己破産申立書の書式や必要書類について詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。

>> 法人破産・会社破産の申立書の書式と必要書類

各種倒産手続のQ&A

法人・会社の倒産手続は,破産手続だけではなく,その他にも,特別清算手続・民事再生手続・会社更生手続・私的整理手続などがあります。破産手続はすべての倒産手続の基本的な類型であるといえます。

法人・会社の各種倒産手続について詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のQ&Aページをご覧ください。

>> 各種倒産手続のQ&A

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

法人破産のことならLSC綜合法律事務所まで

会社・法人の自己破産申立てに強い弁護士をお探しなら,債務相談2000件以上,自己破産申立て件数250件以上,東京地方裁判所立川支部で破産管財人も務める,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

法人・会社の自己破産申立てのご相談は「無料相談」です。LSC綜合法律事務所に無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ