LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

法人・会社の自己破産

法人・会社の自己破産申立ての弁護士報酬・費用

会社・法人の自己破産は,個人の自己破産に比べて複雑で,しかも厳格な手続がとられます。そのため,裁判所においても,法人・会社の自己破産申立てには,弁護士が代理人となることを原則としています。

会社・法人の破産の弁護士報酬や裁判費用は,破産する会社・法人の状況や規模などによって異なってきます。具体的には,すでに廃業している場合,少額管財事件相当の中小企業の場合,通常管財事件相当の規模の大きな会社の場合とで異なります。

※なお,中小企業の場合,少額管財となるのが一般的ですが,ご事情に応じて異なるため一概にはいえません。少額管財となるか通常管財となるかについてもご相談いただければと思います。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,中小企業法人・会社・事業者の方の自己破産申立ての無料相談・ご依頼を承っております。

このページの以下では,LSC綜合法律事務所における会社・法人の方の自己破産の弁護士報酬等の費用についてご説明いたします。

※東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所の法人破産・会社破産の実績等について詳しくは,法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しの方へをご参照ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

弁護士による会社・法人の破産の無料相談

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,弁護士による会社・法人・個人事業者の方の自己破産の法律相談を承っております。

会社・法人・個人事業者の方の自己破産のご相談は,初回につき無料とさせていただいております。会社・法人・事業の自己破産をお考えの方,お気軽にお問い合わせください。

>> 弁護士による法人・会社破産の無料相談

弁護士報酬・費用(通常の場合)

通常の規模の会社・法人の自己破産の弁護士報酬は,基本料金の他,会社・法人の状況に応じて異なってきます。具体的な報酬・費用は,以下のとおりです。

基本料金

内容 着手金
基本料金 500,000円(税別)
代表者等も同時に
破産する場合
1人につき,300,000円(税別)を追加。

営業所数・店舗数に応じた追加料金

営業所数 金額
1店舗のみの場合 追加料金なし
1店舗でない場合 店舗数 × 150,000円(税別)を基本料金に追加。

例えば,営業所が2か所であった場合には【150,000×2=300,000】が追加となります。ただし,営業所が1か所のみの場合には,追加料金は発生しません。

従業員数に応じ追加料金

従業員数 金額
10名以下 追加料金なし
10名を超える場合 追加料金として100,000円(税別)を頂戴します。
さらに10名を超える部分につき,10名ごとに,100,000円(税別)が追加となります。

例えば,従業員数が35名であった場合には【100,000 + 100,000×2=300,000】が追加となります。ただし,従業員が10名以下の場合には,追加料金は発生しません。

債権者数に応じた追加料金

債権者数・債権額 金額
債権者数が20名以下 追加料金なし
債権者数が20名を超える場合 追加料金として100,000円(税別)を頂戴します。
さらに20名を超える部分につき,10名ごとに,50,000円(税別)が追加となります。

例えば,債権者数が85名であった場合には【100,000 + 50,000×6=400,000】が追加となります。ただし,債権者数が20名以下の場合には,追加料金は発生しません。

その他追加料金

特殊事情のある場合や緊急申立て案件の場合には,上記のほかに追加料金が発生する場合があります。

裁判費用・実費等

通常規模の中小企業の自己破産については,少額管財事件として取り扱われるのが通常です。東京地方裁判所における法人破産・少額管財事件の申立て費用は以下のとおりです。

費目 金額
手数料(収入印紙代) 1000円
官報公告費 【東京地裁本庁】
1万3197円
【東京地裁立川支部】
1万3197円
郵券(郵便切手) 【東京地裁本庁】
4100円
【東京地裁立川支部】
3460円+(債権者数×80円)
※裁判所によって異なります。
引継予納金 20万0000円から
その他実費 ご依頼者さまにご負担いただきます。
例)交通費,郵便代など

弁護士報酬・費用(通常管財相当の大規模会社・法人の場合)

中小企業の場合,大半は少額管財となりますが,中小規模のうちでも大規模会社に準ずる程度に規模が大きい会社や紛争性が高い場合などには,通常管財事件として取り扱われる場合があります。通常管財事件相当の規模の大きな会社・法人の場合の弁護士報酬・費用は以下のとおりです。

基本料金

内容 着手金
基本料金 500,000円(税別)
代表者等も同時に
破産する場合
1人につき,300,000円(税別)を追加。

営業所数・店舗数に応じた追加料金

営業所数 金額
1店舗のみの場合 追加料金なし
1店舗でない場合 店舗数 × 150,000円(税別)を基本料金に追加。

例えば,営業所が2か所であった場合には【150,000×2=300,000】が追加となります。ただし,営業所が1か所のみの場合には,追加料金は発生しません。

従業員数に応じ追加料金

従業員数 金額
10名以下 追加料金なし
10名を超える場合 追加料金として100,000円(税別)を頂戴します。
さらに10名を超える部分につき,10名ごとに,100,000円(税別)が追加となります。

例えば,従業員数が35名であった場合には【100,000 + 100,000×2=300,000】が追加となります。ただし,従業員が10名以下の場合には,追加料金は発生しません。

債権者数に応じた追加料金

債権者数・債権額 金額
債権者数が20名以下 追加料金なし
債権者数が20名を超える場合 追加料金として100,000円(税別)を頂戴します。
さらに20名を超える部分につき,10名ごとに,50,000円(税別)が追加となります。

例えば,債権者数が85名であった場合には【100,000 + 50,000×6=400,000】が追加となります。ただし,債権者数が20名以下の場合には,追加料金は発生しません。

債権額に応じた追加料金(通常管財事件の場合のみ)

債権額 金額
5000万円未満 追加料金なし
5000万円以上
1億円未満
500,000円を基本料金に追加
1億円以上
5億円未満
1,500,000円を基本料金に追加
5億円以上
10億円未満
2,500,000円を基本料金に追加
10億円以上
50億円未満
3,500,000円を基本料金に追加
50億円以上
100億円未満
4,500,000円を基本料金に追加
100億円以上 6,500,000円を基本料金に追加

その他追加料金

特殊事情のある場合や緊急申立て案件の場合には,上記のほかに追加料金が発生する場合があります。

通常管財事件の場合の裁判所への予納金

東京地方裁判所における法人破産・通常管財事件の場合,手数料などは少額管財事件と同様ですが,引継予納金が異なります。東京地方裁判所における引継予納金の基準額は以下のとおりです。

債権額 金額
5000万円未満 70万0000円から
5000万円以上
1億円未満
100万0000円から
1億円以上
5億円未満
200万0000円から
5億円以上
10億円未満
300万0000円から
10億円以上
50億円未満
400万0000円から
50億円以上
100億円未満
500万0000円から
100億円以上 700万0000円から

弁護士報酬・費用(廃業している会社・法人の場合)

すでに廃業している会社・法人・の自己破産の弁護士報酬は,個人・非事業者の自己破産の場合の弁護士報酬と同額基準となります。事実上倒産している場合とは,以下の場合を指します。

  • 事業所等がすべて明渡し済みである。
  • 従業員がいない,または全員解雇している。
  • 債権者との間で訴訟などの紛争が生じていない。
  • 在庫・什器など動産はすべて処分済みである。
  • 税務署等に対してすでに廃業届を提出済みである。

弁護士報酬(すでに廃業している場合)

すでに廃業している法人・会社破産の着手金は,代表者等個人も債務整理をするか否かによって異なります。具体的な弁護士報酬・費用には,以下のとおりです(平成25年10月1日改定)。

内容 着手金
基本料金 250,000円(税別)
代表者等も同時に
破産する場合
1人につき,300,000円(税別)を追加。

裁判費用・実費等(すでに廃業している場合)

すでに廃業している法人・会社の自己破産については,少額管財事件として取り扱われるのが通常です。東京地方裁判所における法人破産・少額管財事件の申立て費用は以下のとおりです。

費目 金額
手数料(収入印紙代) 1000円
官報公告費 【東京地裁本庁】
1万3197円
【東京地裁立川支部】
1万3197円
郵券(郵便切手) 【東京地裁本庁】
4100円
【東京地裁立川支部】
3460円+(債権者数×80円)
※裁判所によって異なります。
引継予納金 20万0000円から
その他実費 ご依頼者さまにご負担いただきます。
例)交通費,郵便代など
弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

法人破産のことならLSC綜合法律事務所まで

会社・法人の自己破産申立てに強い弁護士をお探しなら,債務相談2000件以上,自己破産申立て件数250件以上,東京地方裁判所立川支部で破産管財人も務める,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

法人・会社の自己破産申立てのご相談は「無料相談」です。LSC綜合法律事務所に無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ