LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

交通事故損害賠償請求

弁護士による交通事故(物損事故)の法律相談

交通事故によって財産を傷づけられたり,壊されてしまった場合,いわゆる「物損事故」の場合も,被害者の方は,加害者に対して損害の賠償を請求することが可能です。

もっとも,物損事故といえども,事案によっては専門的な法的知識が必要となることがあり,損害賠償請求をすることは容易ではありません。そのような場合には,やはり法律の専門家である弁護士のサポートが必要となるでしょう。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,これまでに,人身事故だけでなく,多くの物損事故事案も経験してきております。

交通・物損事故による損害賠償請求でお困りの方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所にご相談ください。

なお,LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼いただく場合のご相談料や弁護士費用については,自動車保険の弁護士費用特約のご利用も可能です。まずはご相談ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

被害を填補するには損害賠償請求をする必要があります。

交通事故が発生した場合,物損事故であっても,加害者は行政上の責任を問われることがあります。しかし,それはあくまで公的な責任です。被害者の方の被害回復が図られるわけではありません。

被害者の方が交通事故によって被った被害を少しでも回復させるためには,加害者に対して損害賠償を請求する必要があります。交通事故で財産が破損した分を金銭で支払ってもらうということです。

したがって,物損事故被害者の方が考えなければならないことは,この損害賠償請求ということになるでしょう。

もっとも,物損事故の場合であっても,適切な損害賠償請求をするためには,法律の専門家である弁護士のサポートが必要となってきます。

適切な損害賠償を受けるには弁護士に依頼すべきです。

物損事故は,たしかに人身事故に比べれば被害も小さく,また,損害の内容等も分かりやすいため,話し合いなどで解決することが少なくありません。

もっとも,損害額の評価や過失相殺などが争いになったり,または事故態様自体が争われたりするなどの状況になると,かなり専門的な法的知識が必要となってくることがあることも確かです。

そのような場合に,適切な損害賠償を受けるためには,やはり法律の専門家である弁護士のアドバイス・サポートが必要となってきます。

行政書士には法律行為の代理権が認められていませんから,交通事故事件を依頼しても,結局はご自身で行動をしなければなりません。司法書士の場合も,140万円以下の事件しか扱うことができず,訴訟になった場合,やはりご自身で訴訟行為をしなければならないということもあります。

たとえ物損事故であっても,先のことを見据えるならば,やはりはじめから弁護士にご相談・ご依頼いただくべきでしょう。

もちろんどの弁護士でもよいというわけではありません。物損事故事件の経験ある弁護士を選ぶべきです。

LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼いただくメリット

前記のとおり,物損事故の場合であっても,適切な損害賠償を獲得するためには,弁護士にご相談・ご依頼いただくべきです。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所でも,これまでに,人身事故だけでなく,事故態様・損害項目・損害額・過失相殺等について争いのある物損事故を取り扱ってきております。

また,物損事故の場合には弁護士費用がネックになることも多いのですが,後述のとおり,LSC綜合法律事務所では,自動車保険の弁護士費用特約のご利用も可能です。

物損事故による損害賠償請求の法律相談をご希望の方へ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,交通・物損事故による損害賠償請求の法律相談を承っております。ご相談料金は5000円(30分を経過するごとに5000円を追加。税別)となります。

ただし,自動車保険の弁護士費用特約のご利用が可能です。この特約をご利用の場合には,保険会社から相談料が支払われますので,ご相談者の方のご負担はなくなります。

ご相談は予約制になっております。弁護士による物損事故による損害賠償請求の法律相談をご希望の方は,お電話【 042-512-8890 】からご予約ください。

なお,ご相談の際には,以下の資料もご持参いただくと,より精度の高いご回答ができるかと思いますので,ご協力のほどよろしくお願いいたします。

  • 交通事故証明書
  • 自動車検査証
  • 自動車修理の見積書など損害に関する資料
  • 自動車保険の証券
  • 印鑑(シャチハタを除く)・写真つき身分証明書

物損事故による損害賠償請求の弁護士報酬・費用

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,交通・物損事故による損害賠償請求のご依頼も承っております。

ご依頼時には着手金を頂戴し,相手方から回収できた場合には成功報酬金を頂戴することになります。これら弁護士報酬の金額は,請求金額・回収金額に応じて異なります。また,実費はご依頼者さまにご負担いただくことになります。

ただし,ご依頼の場合の弁護士報酬や各種実費についても,自動車保険の弁護士費用特約のご利用が可能です。この特約をご利用の場合には,保険会社から報酬や費用が支払われますので,ご相談者の方のご負担はなくなります(なお,特約利用の場合の報酬金額は,保険会社との間で取り決めることがあります。)。

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

>> 交通事故(物損)の弁護士報酬・費用

自動車保険の弁護士費用特約のご利用も可能です。

交通事故のうちでも物損事故の場合,損害額が人身事故よりも小さくなるのが一般的ですが,だからといって簡単な事件というわけでもありません。

そのため,通常どおりの弁護士報酬等が発生すると,ほとんど足が出てしまうということが少なからずあり,それが,物損事故において弁護士を依頼することへのネックとなっていました。

しかし,現在では,自動車任意保険において弁護士費用特約(弁護士報酬特約という場合もあります。保険会社ごとに名称は異なります。)ができました。

これを利用すると,弁護士報酬や裁判の実費なども保険会社から支払われることになり,被害者の方のマイナスがなくなります。そのため,特に物損事故では,非常に重要な意味を持つようになっており,現に,過去に比べて,圧倒的に物損事故において弁護士が代理人として就くケースが増えてきているようです。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所でも,この弁護士費用特約のご利用が可能です。物損事故による損害賠償請求をお考えの場合には,一度,この特約についてご確認されることをお勧めいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

交通事故のことならLSC綜合法律事務所まで

交通事故・物損事故による被害でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。法律相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ