LSC綜合法律事務所のイメージ

契約締結・契約書作成

弁護士による契約書作成・チェックのご依頼

※現在,業務過多により契約書作成・チェックについてはご相談・ご依頼の受任を中止しております。悪しからずご了承ください。

事業・ビジネスにおいては,さまざまな経済活動・取引をしていくことになりますが,法律を無視することはできません。特に,各種契約において法的に適切な契約書を作成しておくことは,非常に重要です。

実際,事業・ビジネスに関する紛争が生じる原因の大半が,契約書の不存在や不備によるものであるといって差し支えないでしょう。

将来の無益なコストをできる限り予防するためにも,契約書は適切に作成する必要があります。

もっとも,適切な契約書を作成するためには,法的な専門知識が必要となってくることはいうまでもありません。

やはり,契約書を作成する場合には,法律の専門家である弁護士のアドバイスやサポートが必要となるでしょう。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,会社・法人・事業者・中小企業の方の契約書の作成やチェックのご相談・ご依頼を承っております。

ご相談をご希望の方は,お電話【 042-512-8890 】からご予約ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

契約書作成の重要性

契約とは,契約の申し込みと承諾という当事者間の意思表示の合致によって効力を生ずる法律行為です。契約の成立によって,当事者はそれぞれ権利と義務を取得することになります。

契約といっても,その内容は実に多種多様です。契約ごとに内容が異なるといっても過言ではありません。それは,各当事者の事情が異なってくれば,契約の内容も異なってくるからです。

民法では,典型的な契約についての定めがなされています。売買・贈与・賃貸借・請負・委任・雇用など典型的な契約が定められています。

しかし,これらのほかにも,現代では,それらに当てはまらない各種の契約が存在します。

契約が成立すると,当事者はそれぞれ権利と義務を有することになります(権利だけ,または義務だけが発生するという場合もあります。)。

契約によって生ずる権利や義務は,法律上の効果を持ちますから,契約を締結するということは,企業にとって非常に重要な行為であるということはいうまでもないでしょう。

契約の定め方によって大きな利益を享受することもあれば,逆に,大きな不利益を被る場合もあります。契約を適切に締結することは,後日の紛争を防止するためにも重要です。

場合によっては,いかなる内容の契約を締結していたのかどうかが決定的となることは少なくありません。

そして,後日の紛争に備え,契約を締結したことを明確にしておく必要がありますが,その証拠となるものはやはり契約書です。

裁判においても,契約書があるのかないのかは,決定的な勝負の決め手となります。契約書を作成しておくことは,事業において最重要事項といってもよいでしょう。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,契約書の作成に関するご依頼を承っております。お気軽にお問い合わせください。

>> 契約書作成の必要性

契約書作成のポイント

前記のとおり,いかなる契約であっても,適切な契約を締結することは,後日の紛争に備える意味でも非常に重要なことです。そして,契約の締結を示す最重要の証拠は契約書です。

つまり,契約書を作成しておくということは,その契約書に記載されている内容で契約を締結したということの証拠となるものなのです。

また,適切な契約書があれば,後日紛争になったときに有用であるというだけでなく,そもそも紛争を予防することさえ可能となります。

このような観点からすれば,契約書は,できる限り相手方からのクレームや異議が出される余地のないものを作成しておく必要があります。

具体的に言うと,紛争が生じた場合,最終的には裁判で決着ということになるのですから,裁判に耐えうるだけの内容を持った契約書,専門的な言葉でいえば,要件事実や予想される争点を押えた契約書を作成しておくことが契約書作成のポイントとなってきます。

しかし,そのためには,法的な専門知識が必要となってきます。

法律には生じ得るすべての紛争に対する解決方法が規定されているわけではありませんので,すべてのトラブルを防止するだけの契約書を作成するというのは現実的には困難ですが,それでも,極力余計なトラブルを生じさせないような内容の契約書を作成することは可能です。

そして,そのためには,法律の専門家である弁護士のアドバイスが必要となる場合もあります。

LSC綜合法律事務所の契約書作成の取扱い

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,前記のとおり,各種の契約書作成に関するご相談やご依頼を承っております。お気軽にお問い合わせください。

契約書の作成やチェックを行うに当たっては,その契約の内容やご希望を詳細におうかがいする必要があります。したがって,まずは,実際の作成等の前に,ご相談をしていただくことになります。

ご相談の料金は,基本料金5000円,30分を経過するごとに5000円を追加(いずれも税別)です。

また,実際に契約書の作成やチェックをご依頼いただく場合の手数料は,簡易なものであれば5万0000円(税別)ですが,そうでない場合には契約の目的となる金額に応じて異なります。

詳しくは以下のページをご覧ください。

>> 契約書作成の弁護士報酬・費用のご案内

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所は,東京都多摩地区の立川市に所在しています。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ