LSC綜合法律事務所イメージ

弁護士業務の関連記事

弁護士業に関連する記事の一覧

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,敷居が高いと思われている弁護士・法律事務所のイメージを払しょくすることを目標としています。

その一環として,弁護士業務・弁護士業界・その他法曹に関する事項や各種の法律問題について,さまざまな情報提供を行っていきたいと考えています。

弁護士・法律業務等について詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら,このページの以下の,弁護士・法律業務に関連する記事の一覧をご覧ください(※随時更新していきます。)。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

年末年始の営業のご案内

誠に勝手ながら,LSC綜合法律事務所では,平成28年(2016年)12月28日から平成29年(2017年)1月4日までお休みをいただいくことになっております。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。(2016年12月28日更新)

>> 年末年始の営業のご案内(平成28年末から平成29年初)

7周年のご挨拶

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所は,平成21年(2009年)に東京都立川市で開業させていただいてから7周年を迎えることができました。これも皆様のご愛顧の賜物と感謝申し上げます。(2016年10月16日更新)

>> 7周年のご挨拶

特定物債権・種類債権(不特定物債権)とは?

債権とは特定の人に対して何らかの給付を求める法的権利のことです。この債権には,特定物の引渡しを目的とする特定物債権と,一定の種類の物の一定量を給付するべきことを内容とする種類債権(不特定物債権)とがあります(2016年7月25日更新)。

>> 特定物債権・種類債権(不特定物債権)とは?

2016年(平成28年)新年のご挨拶

平成28年,新年あけましておめでとうございます。本年も,われわれが目指す「親しみやすい・誰にでも利用しやすい法律事務所・弁護士」を実現できるよう努力してまいります。旧年中と変わらぬご支援を賜りますよう,どうぞよろしくお願い申し上げます。(2016年1月1日更新)

>> 平成28年(2016年)新年のご挨拶

年末年始の営業のご案内

誠に勝手ながら,LSC綜合法律事務所では,平成27年(2015年)12月26日から平成28年(2016年)1月4日までお休みをいただいくことになっております。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。(2015年12月11日更新)

>> 年末年始の営業のご案内(平成27年末から平成28年初)

6周年のご挨拶

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所は,平成21年(2009年)に東京都立川市で開業させていただいてから6周年を迎えることができました。これも皆様のご愛顧の賜物と感謝申し上げます。(2015年10月16日更新)

>> 6周年のご挨拶

法的三段論法とは?

法的三段論法においては,法規を大前提,具体的事実を小前提として,これらから法適用の結果を導き出します。法的三段論法について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年10月6日更新)

>> 法的三段論法とは?

国会の「国権の最高機関性」とは?

国会には,日本国憲法上「国権の最高機関」としての地位が与えられています。,この国権の最高機関性の意味については,解釈上の争いがあります。この国会の「国権の最高機関性」について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年2月6日更新)

>> 国会の「国権の最高機関性」とは?

国会の「唯一の立法機関性」とは?

国会には,日本国憲法上「唯一の立法機関」としての地位が与えられ,これには,国家中心立法・国会単独立法という原則が含まれていると解されています。この国会の「唯一の立法機関性」について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年2月6日更新)

>> 国会の「唯一の立法機関性」とは?

国会による立法とは?

国会は,日本国憲法において「唯一の立法機関」とされ,国会が制定する法律は,実質的意味の法律であると解されています。この国会による立法とはどのような意味を持っているのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年2月5日更新)

>> 国会による立法とは?

国会とは?

日本国憲法は,その統治機構において,三権分立のうちの一翼を担う国家機関として,「国会」を設置しています。この日本国憲法における「国会」とはどのような機関なのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年2月4日更新)

>> 国会とはどのような国家機関なのか?

国会の地位とは?

国会には,日本国憲法上,「国権の最高機関」「唯一の立法機関」「全国民の代表機関」という3つの地位が与えられています。この日本国憲法上の国会の地位について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年2月4日更新)

>> 国会にはどのような地位が与えられているのか?

裁判員選任を理由とする休暇の可否

裁判員に選任された場合,刑事裁に出頭しなけれななりませんから,会社から休暇をもらうなどしなければなりません。この裁判員選任を理由とし会社から休暇がもらえるのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年1月29日更新)

>> 裁判員選任を理由として会社から休暇をもらえるか?

裁判員の職務とは?

裁判員に選任された場合,刑事裁判の公判に出席し,評議に参加して評決にも加わった上,その評決に基づく判決の言渡しにも立ち会うことになります。この裁判員の職務について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年1月28日更新)

>> 裁判員はどのような職務を行うのか?

裁判員になることを辞退できるのか?

裁判員に選任された場合,これを辞退できないのが原則です。もっとも,裁判員法16条に規定されている「辞退事由」がある場合には,裁判員になることを辞退できるとされています。この裁判員を辞退できるのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年1月9日更新)

>> 裁判員になることを辞退できるのか?

裁判員の不適格事由とは?

衆議院議員の選挙権を有する人であっても,裁判員法17条および18条で定める一定の「不適格事由」に該当する場合には,特定事件について裁判員になることができません。この裁判員の不適格事由と何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2015年1月9日更新)

>> 裁判員の不適格事由とは?

平成27年(2015年)新年のご挨拶

平成27年(2015年),明けましておめでとうございます。平成27年も,われわれが目指す「親しみやすい・誰にでも利用しやすい法律事務所・弁護士」を実現できるよう努力してまいります。旧年中と変わらぬご支援を賜りますよう,どうぞよろしくお願い申し上げます。(2015年1月1日更新)

>> 平成27年(2015年)新年のご挨拶

裁判員への就職禁止事由とは?

衆議院議員の選挙権を有する人であっても,裁判員法15条で定める一定の「就職禁止事由」に該当する場合には,裁判員になることができません。この裁判員への就職禁止事由と何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月17日更新)

>> 裁判員への就職禁止事由とは?

裁判員の欠格事由とは?

衆議院議員の選挙権を有する人であっても,裁判員法14条で定める一定の「欠格事由」がある場合には,裁判員になることができません。この裁判員の欠格事由と何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月16日更新)

>> 裁判員の欠格事由とは?

憲法の特質

日本国憲法を含む近代憲法には,「自由の基礎法」「制限規範性」「最高法規性」という3つの特質があると解されています。この近代憲法の特質について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月16日更新)

>> 憲法の特質

日本国憲法の基本原理・原則

日本国憲法には,「基本的人権の保障(尊重)」「国民主権」「平和主義」という3つの基本原理・原則があります。この日本国憲法の基本原理・原則について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月16日更新)

>> 日本国憲法の基本原理・原則

日本国憲法とは?

わが国の法体系において最上位にある法規範が「日本国憲法」です。日本国憲法では,国民の人権保障が最大の目的とされます。この日本国憲法について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月16日更新)

>> 日本国憲法とは?

年末年始の営業のご案内

誠に勝手ながら,LSC綜合法律事務所では,平成26年(2014年)12月27日から平成26年(2015年)1月4日までお休みをいただいくことになっております。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。(2014年12月15日更新)

>> 年末年始の営業のご案内(平成26年末から平成27年初)

契約解除の効果とは?

契約解除の効果は契約関係を終了させることですが,それ以外にも,さまざまな効果があります。この契約解除の効果の解釈は,契約解除の法的性質論と関連してきます。この契約解除の効果について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月06日更新)

>> 契約解除の効果とは?

契約解除の類型とは?

契約解除といっても実際はさまざまな類型があります。具体的には,法定解除・約定解除・手付解除といった類型があります。この契約解除の類型にはどのようなものがあるのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月06日更新)

>> 契約解除の類型とは?

契約の解除とは?

契約は,法的拘束力を有する約束ですから,容易に解消することはできませんが,法的に解消できる方法として契約解除の場合があります。この契約解除とは何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月06日更新)

>> 契約の解除とは?

契約の分類

契約は,我々の生活や事業活動の多くの領域において利用されており,非常にさまざまな契約があります。そのため,いろいろな分類がなされています。この契約にはどのような分類があるのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月05日更新)

>> 契約の分類

契約とは?

当事者間での申込みの意思表示と承諾の意思表示の合致によって成立する法律行為を「契約」といいます。法的な拘束力を有する約束です。この契約とは何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月05日更新)

>> 契約とは?

なぜ刑事弁護をするのか?

一般的なご質問として,「なぜ弁護士は犯罪者の弁護をするのか?」というものがあります。その理由はさまざまですが,最大の理由は冤罪の防止にあります。なぜ刑事弁護をするのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月04日更新)

>> なぜ刑事弁護をするのか?

裁判員に選任される資格要件

裁判員には誰でもなれるわけではなく,衆議院議員選挙権を有していることのほかに,一定の資格要件を満たしている必要があります。この裁判員に選任される資格要件について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月02日更新)

>> 裁判員に選任される資格要件とは?

裁判員裁判対象事件の例外

裁判員裁判対象事件であっても,一定の事由がある場合には,例外的に裁判官のみによる裁判になることがあります。この裁判員裁判対象事件の例外について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年12月02日更新)

>> 裁判員裁判対象事件の例外とは?

日本国憲法で保障されている人権の分類・種類

日本国憲法においては,その第三章に詳細な人権のカタログを規定し,さまざまな人権を保障しています。日本国憲法で保障されている人権の分類・種類について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年11月15日更新)

>> 日本国憲法で保障されている人権の分類・種類

基本的人権の保障(尊重)とは?

日本国憲法においては,基本的人権の保障(尊重)・国民主権・平和主義の三大原理がありますが,最も重要な原理は,基本的人権の保障です。基本的人権の保障(尊重)とは何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年11月15日更新)

>> 基本的人権の保障(尊重)とは?

時効の援用とは?

民事時効は,時効期間が完成すれば確定的に効力が発生するわけではなく,時効によって利益を受ける当事者が時効援用をすることによってはじめて確定的な効果を生じると解されています。時効の援用とは何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年11月14日更新)

>> 時効の援用とは?

時効の中断とは?

民事時効期間の進行は止められないわけではありません。権利者の側で一定の措置をとることにより時効期間をリセットできます。この制度を「時効の中断」といいます。時効の中断とは何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年11月14日更新)

>> 時効の中断とは?

民事上の時効制度とは?

刑事事件の時効は一般的にも知られていますが,時効制度があるのは刑事事件の場合だけではありません。民事事件の場合にも,民事時効制度が設けられています。民事上の時効制度とは何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年11月14日更新)

>> 民事上の時効制度とは?

裁判員裁判対象事件とは?

現在,我が国の刑事裁判においては,「裁判員制度」が導入されています。裁判員が参加する刑事裁判を裁判員裁判と言いますが,すべての事件が裁判員裁判の対象となるわけではありません。裁判員裁判対象事件について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年11月13日更新)

>> 裁判員裁判対象事件とは?

裁判員制度とは?

現在,我が国の刑事裁判においては,法曹でない国民が刑事裁判に参加し,裁判官とともに,事実認定・法令適用・量刑判断をするという「裁判員制度」が導入されています。裁判員制度について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年11月13日更新)

>> 裁判員制度とは?

5周年のご挨拶

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所は,ご相談者・ご依頼者・関係各位の皆様のおかげをもちまして,平成26年10月16日,5周年を迎えることができました。誠にありがとうございました。6年目も,当事務所をどうぞよろしくお願いいたします。(2014年10月16日更新)

>> 5周年のご挨拶

国会による「立法」の意味とは?

日本国憲法は,国会に,唯一の立法機関という地位を与えています(日本国憲法41条)が,ここでいう「立法」とは,一般的抽象的法規範を制定する国家の作用と解されています。国会による立法の意味について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年10月13日更新)

>> 国会による「立法」の意味とは何か?

国会の「唯一の立法機関性」とは?

日本国憲法は,国会に,唯一の立法機関という地位を与えています(日本国憲法41条)。この唯一の立法機関には,国会中心立法と国会単独立法という2つの原則が含まれています。国会の唯一の立法機関性について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年10月13日更新)

>> 国会の「唯一の立法機関性」とは何か?

日本国憲法において国会はどのような地位にあるのか?

日本国憲法は,国会に,国権の最高機関・唯一の立法機関・全国民の代表機関という地位を与えています。日本国憲法において国会はどのような地位にあるのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年9月26日更新)

>> 日本国憲法において国会はどのような地位にあるのか?

日本国憲法における国会とは?

日本国憲法では,統治機構といって,国家権力に対する規律を設けています。この統治機構の中心となる三権の1つである立法権を司る国家機関が「国会」です。この日本国憲法における国会について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年9月26日更新)

>> 日本国憲法における国会とは?

日本国憲法における統治機構とは?

憲法は,人権保障のために国家権力を制限する法規範です。そこで,日本国憲法においても,国家権力に対する規律を置いています。これを「統治機構」と呼んでいます。この日本国憲法における統治機構について知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年9月15日更新)

>> 日本国憲法における統治機構とは?

日本国憲法とは?

国家権力による人権侵害を制限するために設けられている法が憲法です。わが国でも,人権を保障するために,最高法規として日本国憲法が制定されています。この日本国憲法とはどのような法なのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧ください。(2014年9月15日更新)

>> 日本国憲法とは?

2014年9月20日(土)甲府市での残業代請求無料相談会

2014年9月20日(土)山梨県甲府市で「弁護士による未払い残業代請求の出張無料相談会」を開催いたします。甲府市周辺で未払い残業代にお困りの方がいらっしゃいましたら,ご予約ください。詳細は,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年8月22日更新)

>> 2014年9月20日甲府市・残業代請求の出張無料相談会のご案内

要件事実とは何か?

民事裁判においては法律要件に該当する具体的事実である「要件事実」と主張・立証していく必要があります。この裁判(訴訟)の判断の対象ついて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年8月15日更新)

>> 要件事実とは?

裁判(訴訟)では何を判断するのか?

裁判のうちでも訴訟は,当事者の主張・立証に基づいて,裁判所が法律要件を満たしているかを判断した上で,法律効果が発生が発生しているのかということを判断します。この裁判(訴訟)の判断の対象ついて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年8月14日更新)

>> 裁判(訴訟)では何を判断するのか?

裁判(訴訟)の基本的な仕組みとは?

裁判のうちでも訴訟は,当事者が請求を立て,事実を主張してそれを立証し,それに基づいて判決がなされるというのが基本的な仕組みです。この裁判(訴訟)の基本的な仕組みついて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年7月23日更新)

>> 裁判(訴訟)の基本的な仕組みとは?

刑事手続と民事手続の違いとは?

法的手続を大きく分類するならば,刑事事件を取り扱う刑事手続と民事事件を取り扱う民手続に分けることができます。この刑事手続と民事手続とは何が違うのかついて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年7月23日更新)

>> 刑事手続と民事手続の違いとは何か?

法律要件・法律効果とは?

法律に規定されている権利・義務の発生・変更・消滅といった法律効果が発生するには,法律要件を満たしている必要があります。この法律効果と法律要件とは何かついて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年6月29日更新)

>> 法律要件・法律効果とは何か?

司法試験の勉強と司法修習の勉強は何が違うのか?

法曹になるためには,司法試験に合格した上で司法修習を修了しなければなりません。この司法試験の勉強と司法修習の勉強は何が違うのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年6月29日更新)

>> 司法試験の勉強と司法修習の勉強は何が違うのか?

司法修習生考試(二回試験)とは?

司法修習を修了して法曹になるためには,司法修習生考試(通称「二回試験」)という試験に合格しなければなりません。司法修習生考試(二回試験)とはどのような試験なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年6月6日更新)

>> 司法修習生考試(二回試験)とは?

司法修習ではどのような科目を勉強するのか?

司法修習においては,民事裁判・刑事裁判・検察・民事弁護・刑事弁護の5科目を中心に勉強します。司法修習ではどのような科目を勉強するのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年6月6日更新)

>> 司法修習ではどのような科目を勉強するのか?

法科大学院適性試験とは?

法科大学院(ロースクール)に入学するためには,法科大学院適性試験という試験を受験する必要があります。この法科大学院適性試験とはどのような試験なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年5月21日更新)

>> 法科大学院適性試験とは?

法科大学院(ロースクール)とは?

法曹(弁護士・裁判官・検察官)になるためには,まず司法試験受験資格を得るために,法科大学院の課程を修了する必要があります。この法科大学院(ロースクール)とはどのような教育機関なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年5月21日更新)

>> 法科大学院(ロースクール)とは?

司法修習における実務修習とは?

法曹(弁護士・裁判官・検察官)になるための司法修習には,実際に法曹実務を学ぶための研修として実務修習と呼ばれるプログラムがあります。この実務修習とはどのような修習なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年5月3日更新)

>> 司法修習における実務修習とは?

司法修習生とは?

法曹(弁護士・裁判官・検察官)になるためには,司法試験合格後に,司法修習生として司法修習を修了する必要があります。この司法修習生とはどのような立場なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年5月3日更新)

>> 司法修習生とは?

司法研修所とは?

法曹(弁護士・裁判官・検察官)になるための司法修習は,最高裁判所の機関である司法研修所によって行われます。この司法研修所とはどのような機関なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年4月17日更新)

>> 司法研修所とは?

司法修習とは?

法曹(弁護士・裁判官・検察官)になるためには,司法試験に合格した後,1年間の司法修習を修了する必要があります。この司法修習とは何かについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年4月17日更新)

>> 司法修習とは?

司法試験にはどのような受験資格の制限があるのか?

現行司法試験には,法科大学院課程修了または予備試験合格後,5年間で3回という厳しい受験回数の制限があります。この司法試験にはどのような受験回数の制限があるのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年4月2日更新)

>> 司法試験にはどのような受験回数の制限があるのか?

司法試験予備試験とはどのような試験なのか?

現行司法試験の受験資格を得るためには,法科大学院課程修了が必要ですが,例外的に,予備試験合格者にも受験資格が認められます。この司法試験予備試験とはどのような試験なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,以下のページをご覧いただければと思います。(2014年4月2日更新)

>> 司法試験予備試験とはどのような試験なのか?

新司法試験とはどのような試験なのか?

司法試験制度のによって従来の司法試験(旧司法試験)は廃止されました。これと区別するため現行試験を「新司法試験」と呼ぶことがあります。この新司法試験とはどのような試験なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年3月19日更新)

>> 新司法試験とはどのような試験なのか?

旧司法試験とはどのような試験だったのか?

司法制度改革によって司法試験制度の変更がなされ,かつての司法試験は廃止されました。この廃止された試験を「旧司法試験」と呼んでいます。この旧司法試験とはどのような試験だったのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年3月19日更新)

>> 旧司法試験とはどのような試験だったのか?

司法試験とはどのような試験なのか?

弁護士・検察官・裁判官になるためには,まず「司法試験」という国家試験に合格する必要があります。この司法試験とはどのような試験なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年2月27日更新)

>> 司法試験とはどのような試験なのか?

司法制度改革とは?

国民により身近な司法制度とするために,平成11年ころから開始されている各種制度改正等を「司法制度改革」といいます。この司法制度改革とは何かについて知りたい方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年2月27日更新)

>> 司法制度改革とは?

墓地埋葬法におけるみなし墓地とは?

墓地埋葬法によれば,同法施行より前に都道府県知事の許可を得ていた墓地等は「みなし墓地」として扱われています。この墓地埋葬法におけるみなし墓地とは何かについて知りたい方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年2月15日更新)

>> 墓地埋葬法における「みなし墓地」とは?

墓地,埋葬等に関する法律とは?

公衆衛生等の見地から,墓地・霊園・納骨堂・火葬場等の管理や埋葬等について規律する法律が「墓地,埋葬等に関する法律(墓地埋葬法)」です。この墓地埋葬法とはどのような法律なのかについて知りたい方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年2月15日更新)

>> 墓地,埋葬に関する法律とはどのような法律なのか?

法テラスの民事法律扶助制度とは?

法テラスでは,弁護士無料相談や弁護士費用の立替を行ってくれる「民事法律扶助業務」が行われています。この法テラスの民事法律扶助とはどのような制度なのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年2月13日更新)

>> 法テラスの民事法律扶助とはどのような制度なのか?

日本司法支援センター(法テラス)とは?

国民の司法へのアクセスを容易にする目的で設置された機関が「日本司法支援センター」です。「法テラス」と呼ばれています。この日本支援センター(法テラス)とはどのような組織なのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年2月13日更新)

>> 日本司法支援センター(法テラス)とはどのような組織なのか?

裁判所とはどのような組織なのか?

国家権力の1つである司法権を担当する国家機関が「裁判所」です。裁判所には,最高裁判所と下級裁判所があります。この裁判所とはどのような組織なのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年1月23日更新)

>> 裁判所とはどのような組織なのか?

検察庁とはどのような組織なのか?

検察官や検察事務官を統括する組織として,法務省の特別期間である「検察庁」が設けられています。この検察庁とはどのような組織なのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2014年1月12日更新)

>> 検察庁とはどのような組織なのか?

平成26年(2014年)新年のご挨拶

平成26年(2014年)を迎えました。皆様,新年,明けましておめでとうございます。LSC綜合法律事務所では,本年も,親しみやすい・誰にでも利用しやすい法律事務所・弁護士を目指して努力してまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。(2014年1月1日更新)

>> 新年,明けましておめでとうございます。

弁護士会連合会とはどのような組織なのか?

弁護士による組織として,日弁連や弁護士会のほかに「弁護士会連合会」というものがあります。この弁護士会連合会とはどのような組織なのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2013年12月29日更新)

>> 弁護士会連合会とはどのような組織なのか?

日本弁護士連合会(日弁連)とはどのような組織なのか?

日本で活動を行う弁護士全員を指導・監督する団体として「日本弁護士連合会(日弁連)」があります。この日本弁護士連合会(日弁連)とはどのような組織なのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2013年12月28日更新)

>> 日本弁護士連合会(日弁連)とはどのような組織なのか?

弁護士会とはどのような組織なのか?

弁護士を指導・監督する私的団体として「弁護士会」があります。弁護士として業務を行うためには,弁護士会に加入しなければなりません。この弁護士会とはどのような組織なのかについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2013年12月21日更新)

>> 弁護士会とはどのような組織なのか?

法曹(ほうそう)とは何か?

「法曹(ほうそう)」という言葉はあまり耳慣れないかもしれませんが,これは,弁護士・検事・裁判官の三者のことを指す用語です。この法曹とは何かについて知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2013年12月21日更新)

>> 法曹とは何か?

年末年始(平成25年から平成26年)の営業のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所の年末年始の営業についてご案内いたします。LSC綜合法律事務所では,平成25年(2013年)年末は12月27日(金)まで営業をいたします。新年平成26年(2014年)は1月6日(月)から営業を再開いたします。(2013年12月18日更新)

>> 年末年始(平成25年から平成26年)の営業のご案内

裁判官とはどのような職業なのか?

裁判官は,国家権力の1つである司法権の担当者であり,日本国憲法によって厳重な身分保障が与えられています。この裁判官とはどのような職業なのか知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2013年12月13日更新)

>> 裁判官とはどのような職業なのか?

検察官(検事)とはどのような職業なのか?

検察官(検事)は刑事事件のプロフェッショナルということはご存じでしょうが,その中でも様々な役割を演じています。検察官(検事)とはどのような職業なのか知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2013年11月25日更新)

>> 検察官(検事)とはどのような職業なのか?

弁護士とはどのような職業なのか?

弁護士というと,あまり世間の方にその職務の実態を知られていない職業といえるかもしれません。弁護士とはどのような職業なのか知りたいという方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2013年11月25日更新)

>> 弁護士とはどのような職業なのか?

弁護士はなぜ敷居が高いと思われるのか?

弁護士・法律事務所は敷居が高いのではないかとお考えの方が少なからずいらっしゃいますが,必ずしもそのようなことはありません。弁護士というと敷居が高いと思われている方がいらっしゃいましたら,是非とも以下のページをご覧いただければと思います。(2013年11月22日更新)

>> 弁護士はなぜ敷居が高いと思われるのか?

弁護士・法律業務に関連する記事

弁護士・法律業務に関する最新の記事です。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内

各種法律問題で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ