LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

不動産トラブル

弁護士による不動産売買トラブルの法律相談

不動産に関わるトラブルの1つに,不動産の売買取引に関するトラブルがあります。不動産売買取引のトラブルには,契約条件の問題をはじめとして,契約不履行や瑕疵担保責任などさまざまな問題があります。

不動産は高額商品です。したがって,不動産取引は,個人にとっても事業者にとっても,非常に大きな買い物となります。

それだけに,不動産売買取引によって生ずるトラブルは,深刻かつ重大な問題となることが少なくありません。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,不動産の売買取引のトラブルの法律相談・ご依頼を承っております。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

不動産売買取引の重大性

不動産は高額な物です。個人の方にとっても,法人・会社など事業者の方にとっても,不動産を売却したり購入したりすることは大きな取引となる場合があります。場合によっては,一生に1回の大きな買い物になるということもあるでしょう。

しかし,それだけに不動産売買取引においてトラブルが生じた場合には,深刻な問題となることがあります。したがって,不動産売買取引については,慎重に検討を重ねながら行う必要があります。

また,不動産の問題は法律問題でもあります。したがって,不動産売買取引においては法的な知識も必要となってくる場合があります。そのような場合には,法律の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

不動産売買取引における法的問題

不動産売買取引において最も重要なことは,言うまでもないのですが,トラブルをできる限り生じさせないようにするということです。

前記のとおり,不動産売買でトラブルが生じた場合,重大な問題に発展してしまうことがあります。そのため,慎重になってなりすぎることはないでしょう。

不動産売買取引において最も重要なことは,やはり契約です。いかに適切な契約を締結するのかということが,最も重要なのです。したがって,不動産売買取引の契約書は,慎重に検討した上で作成しなければなりません。

はっきり言ってしまえば,不動産売買取引において生じ得るトラブルの多くは,契約の不備にあるといって差し支えないでしょう。逆にいえば,不動産トラブルの多くは適切な契約を締結しておくことによって回避が可能であるということです。

とはいえ,すべてを完璧に定めた契約書を作成することはできません。適切な契約を締結しておくことで多くの紛争を回避できるとはいえ,やはり不動産に関する紛争は生じてしまう場合があります。

売買取引における紛争とは,契約責任の問題です。具体的には,契約違反があった場合の債務不履行責任のトラブルや,売買の目的物である不動産に瑕疵があった場合の瑕疵担保責任のトラブルです。

これらはいずれも法律問題です。適切に解決するためには法律の専門家である弁護士によるアドバイスやサポートが必要となる場合もあります。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,これら不動産に関するトラブルのご相談・ご依頼も承っております。不動産トラブルでお困りの事業者の方がいらっしゃいましたら,お気軽にご相談ください。

不動産売買契約の締結

前記のとおり,不動産売買取引をする場合には,将来生じ得るトラブルをできる限り回避・軽減できるような契約を締結しておくことが重要です。

売買契約ですから,基本的には,どの不動産を目的物として,それに対する対価としていくらの代金を支払うのかということを定めておけば一応は有効な契約となりますが,将来のトラブル予防を図るためにはそれだけでは足りません。

不動産売買契約書の作成等についてお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による契約書作成の法律相談

契約の不履行の問題

どのように適切な不動産売買契約書を取り交わしたとしても,当事者がそれを守らなければ,やはりトラブルは発生します。

契約は法的な拘束力を有する約束ですから,これに違反すれば,法的な責任を負担しなければなりません。これを債務不履行責任といいます。

不動産売買であれば,目的物である不動産を引き渡さなかったり,代金を支払わなかった場合にはこの債務不履行責任が発生することになります。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,この契約違反の場合の債務不履行責任に関する紛争のご相談・ご依頼も承っております。

瑕疵担保責任の問題

売買契約における契約責任には,契約内容に違反した場合の債務不履行責任だけでなく,瑕疵担保責任と呼ばれる法的責任も負担する場合があります。

瑕疵担保責任とは,要するに,売買の目的物である不動産に,契約前には容易に気づくことができなかったような隠れた損傷や欠陥があった場合に,売主が負担する法的な責任です。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,この瑕疵担保責任に関する紛争のご相談・ご依頼も承っております。

LSC綜合法律事務所における不動産売買トラブルの取扱い

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,不動産の売買取引についての法律問題のご相談を承っております。

不動産の売主の方であれ買主の方であれ,いずれのお立場の場合であってもご相談を承っております。お気軽にご相談ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

不動産トラブルのことならLSC綜合法律事務所まで

不動産トラブルについてお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ