LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

限定承認

限定承認申述の弁護士報酬・費用

相続においては,プラスの財産・資産だけでなく,マイナスの財産・負債も受け継ぐことになります。したがって,仮に,資産よりも負債の方が大きいことが分かっていれば,相続放棄をすることができます。

もっとも,必ずしも,負債の方が大きいかどうかが判然としないという場合があります。そのような場合には,限定承認の手続をとることによって,相続財産の範囲内でのみ負債を負担するということが可能です。

この限定承認は,もちろん相続人の方ご自身でとることが可能です。しかし,弁護士にご依頼いただくことも,もちろんできます。東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所でも,限定承認の法律相談やご依頼を承っております。

このページの以下では,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所における限定承認の弁護士報酬・費用についてご案内いたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

限定承認の法律相談料

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,弁護士による限定承認の法律相談を承っております。法律相談料は5000円(税別),30分を経過するごとに5000円(税別)を追加となっております。

>> 弁護士による限定承認の法律相談のご案内

限定承認の法律相談料

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所に限定承認の申述をご依頼いただいた場合の弁護士報酬は,以下のとおりです。

着手金

着手金は,弁護士との間の委任契約成立時に発生いたします。着手金は定額制となっております。

基本着手金 300,000円(税別)
追加着手金 法定相続人が2人以上の場合,1人を超える人数について,1人につき50,000円(税別)を追加。

例)たとえば,相続人が2人であれば着手金は150,000円(税別),3人であれば200,000円(税別)となります。

成功報酬金

限定承認の手続が完了した時は,成功報酬金が発生いたします。成功報酬金の金額は残余財産があるか否かによって異なります。

残余財産が無い場合 相続人1人につき,100,000円(税別)
残余財産がある場合 残余財産の10パーセント相当額(税別)。※ただし最低相続人1人につき100,000円(税別)

その他実費等の費用

限定承認の申述を行う場合,上記弁護士報酬の他に,裁判所に支払う費用などの実費が発生します。主なものは以下のとおりです。

裁判手数料 800円
裁判用郵券 400円から(裁判所によって異なります。)
その他 郵便代・交通費などの実費。また,限定承認の手続においては競売・鑑定が必要となる場合がありますが,その場合には競売・鑑定費用も生じます(かなり高額となる場合がありますので注意が必要です。)。

※裁判所費用については,限定承認の申述(裁判所HP)もご確認ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

限定承認のことならLSC綜合法律事務所まで

限定承認の申述で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。法律相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

>> 弁護士による限定承認の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ