LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

個人再生(個人民事再生)

個人再生(個人民事再生)の関連記事一覧

個人再生なら,自己破産をせずに・借金の大幅減額・長期分割払い・住宅ローンの残る自宅を確保 無料相談 借金相談2000件 不認可決定ゼロ

個人再生は,借金問題の解決のために非常に有効な手続です。もっとも,個人再生の手続は,要件が厳しく,また手続も複雑な面があります。したがって,専門的な法的知識が必要となることが少なくありません。

そのため,個人再生を円滑に進めていくためには,さまざまな法的知識を知っておく必要があります。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人再生に関する各種の法的知識や手続に関する各種情報をご提供していきます。

このページの以下では,個人再生(個人民事再生)に関する記事をご紹介いたします。

なお,債務整理・個人再生の申立てをお考えの方がいらっしゃいましたら,お気軽にご予約ください。ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

※東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所における個人再生の実績・経験やお取り扱いについては個人再生申立ての経験豊富な弁護士をお探しの方へをご参照ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

個人再生の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,これまでに,個人再生も含めて2000件以上の借金相談を受け,小規模個人再生・給与所得者等再生・住宅資金特別条項のいずれについても経験・実績があります。また,まだ再生計画が不認可となった事例はありません。

個人再生申立て経験豊富な弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 個人再生申立ての経験豊富な弁護士をお探しの方へ

弁護士による個人再生の無料相談のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,弁護士による個人再生のご相談は「無料」です。個人再生申立ての経験・実績が豊富な弁護士が,直接,ご相談をうかがいます。お電話【 042-512-8890 】からご予約ください。お待ちしております。

LSC綜合法律事務所で弁護士による個人再生の無料相談をご希望の方は,以下のページもご覧ください。

>> 弁護士による個人再生の無料相談のご案内

LSC綜合法律事務所における個人再生の解決事例

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,小規模個人再生・給与所得者等再生・住宅資金特別条項のいずれの事案も経験しております。また,諸費用ローン・ペアローン・住宅ローン滞納・マンション管理費滞納などの争点がある事案についても解決事例があります。

LSC綜合法律事務所における争点のある事案での解決事例については,以下のページをご覧ください。

>> LSC綜合法律事務所における個人再生の解決事例

個人再生の弁護士報酬・費用のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人再生の弁護士報酬・費用を明確化しております。後でご説明をしていない報酬等を請求するようなことはありませんので,ご安心ください。また,費用については,分割払いを原則としていますので,ご遠慮なくお申し出ください。

LSC綜合法律事務所における個人再生の弁護士報酬や費用については,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生の弁護士報酬・費用のご案内

個人再生を弁護士に依頼するメリット

個人再生の手続は,要件が厳しく,手続も複雑なところがあります。加えて,個人再生の手続は,債務者自らが遂行していかなければならないため,容易ではありません。個人再生を失敗しないように進めていくには,やはり法律の専門家である弁護士のアドバイスやサポートが必要となってくるでしょう。

個人再生を弁護士に依頼するメリットにはどのようなものがあるのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生を弁護士に依頼するメリットのQ&A

個人再生とは何か?

個人再生とは,裁判所の決定によって,借金などの債務を減額し(最大で10分の1),分割払いにしてもらうという手続です。民事再生法による民事再生手続は,本来法人向けの手続ですが,それを個人にも利用しやすいように,手続を簡易化して費用も廉価に抑えられるようにしたものが個人再生です。

個人再生とはどのような手続なのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生とは何かのQ&A

個人再生のメリット・デメリット

個人再生には,自己破産のような資格制限や財産処分がないというメリットがあります。さらに,住宅資金特別条項を利用すれば,住宅ローンの残っている自宅を維持したまま借金整理ができるというメリットもあります。もっとも,メリットが大きい分,要件や手続が厳格であるというデメリットもあります。

個人再生にはどのようなメリット・デメリットがあるのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生のメリット・デメリットのQ&A

個人再生と自己破産の違い

個人再生は,自己破産と異なり,一定の返済は継続していく必要があります。もっとも,個人再生の場合には,自己破産と異なり,財産を処分をしなければならないわけではなく,資格制限もなく,また,免責不許可事由があっても利用できるというメリットがあります。

個人再生は自己破産とどのような点で違うのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生と自己破産の違い

個人再生と任意整理の違い

個人再生は,任意整理と同じく,一定の返済を継続していく債務整理手続です。しかし,任意整理が裁判外の交渉であるのに対して,個人再生は裁判手続です。そのため,強制力があり,また,大幅な減額や長期分割払いが可能となる場合があるという違いがあります。

個人再生は任意整理とどのような点で違うのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生と任意整理の違い

個人再生をすると官報に公告されるのか?

個人再生の手続は裁判手続です。そのため,個人再生を開始すると,国の機関誌ともいうべき官報に掲載されることになります。個人再生手続では,手続が開始されたとき,再生計画案が提出されたとき,再生計画が認可されたときに官報公告されることになっています。

個人再生をすると官報に掲載(公告)されるのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生をすると官報に公告されるのか?

個人再生を選択する判断基準

個人再生には,多くのメリットがありますが,デメリットがないわけではありません。どのような場合に個人再生を選択すればよいのかということは,それぞれの個々のご事情によって異なってきます。メリット・デメリットを考慮しつつ,個人再生を選択すべきかどうかを個別具体的に判断していく必要があります。

個人再生をはどのような場合に選択すればよいのかという判断基準については,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生を選択する判断基準

小規模個人再生と給与所得者等再生

個人再生には,小規模個人再生と給与所得者等再生という2つの種類があります。一般的には,返済金額が少額となる小規模個人再生を選択することになるのが通常ですが,小規模個人再生の場合には債権者の意向に左右される場合があるため,給与所得者等再生を選択するという場合もあり得ます。

小規模個人再生と給与所得者等再生の内容や違いについては,以下のページをご覧ください。

>> 小規模個人再生と給与所得者等再生のQ&A

個人再生手続の流れ

個人再生手続の流れは,小規模個人再生でも給与所得者等再生でも基本的には同じです。もっとも,手続の運用は裁判所によって異なる場合があります。東京地方裁判所(立川支部も含む。)では,全件について個人再生委員が選任され,履行可能性テスト(トレーニング期間)が設けられています。

個人再生の手続はどのような流れで進んでいくのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生手続の流れ

個人再生をするとどのくらい減額されるのか?

個人再生で認可決定を受けることができれば,借金を大幅に減額できる場合があります。もっとも,どのくらい減額されるのかは,法律で決まっており,持っている財産の価値,債権額,小規模個人再生と給与所得者等再生のどちらを選択するのかなどによって異なります。

個人再生をするとどのくらい減額されるのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生における減額率

小規模個人再生の要件

個人再生の基本類型は小規模個人再生です。小規模個人再生を利用するためには,民事再生の共通要件を満たしていることのほかに,個人再生特有の要件を満たしている必要があります。また,小規模個人再生の場合には,再生計画認可のために,債権者の消極的同意が必要となってきます。

小規模個人再生にはどのような要件が必要となるのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 小規模個人再生の要件

給与所得者等再生の要件

給与所得者等再生は,給与所得者など収入の変動の小さい場合に認められる個人再生の特別類型です。給与所得者等再生の場合には,債権者の消極的同意が必要とされていません。ただし,収入の変動が小さいことや可処分所得要件など小規模個人再生とは異なる要件も必要となってきます。

給与所得者等再生にはどのような要件が必要となるのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 給与所得者等再生の要件

住宅ローンの残る自宅を維持したまま借金整理する方法

住宅ローンの残っている自宅がある場合に,債務整理をしようとすると,場合によっては住宅ローン会社によって自宅が競売等になり,自宅を失ってしまうことがあります。個人再生には,自宅を維持するための特別な制度として,住宅資金特別条項という制度が用意されています。

住宅資金特別条項(住宅ローン特則)とはどのような制度なのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 住宅ローンの残る自宅を維持したまま借金整理する方法

住宅資金特別条項(住宅ローン特則)とは?

住宅ローンの残る自宅・マイホームを維持したまま借金を整理するために有効な方法が,個人再生の住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用する方法です。これを利用すれば,住宅ローンを支払って自宅を維持しながら,その他の借金を個人再生によって整理することが可能となります。

住宅資金特別条項(住宅ローン特則)とはどのような制度なのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 住宅資金特別条項(住宅ローン特則)のQ&A

住宅資金特別条項(住宅ローン特則)の要件

個人再生の住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用すれば,住宅ローンを支払って自宅を維持しながら,その他の借金を個人再生によって整理することが可能となりますが,効果が大きいだけに,個人再生の要件以外に,さらに厳格な要件を満たしていなければ利用ができません。

住宅資金特別条項(住宅ローン特則)の要件については,以下のページをご覧ください。

>> 住宅資金特別条項(住宅ローン特則)の要件

個人再生申立てのQ&A

個人再生を申し立てるためには,債務・財産を調査した上で,個人再生の申立書を作成しなければなりません。そのためには,どのように債務や財産を調査し,どのように申立書を作成するのかということについての法的な知識が必要となってくるでしょう。

個人再生の申立ての手続・調査・申立書の作成などについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生申立てのQ&A

個人再生の再生計画のQ&A

個人再生手続の目標は,裁判所に再生計画を認可してもらうということです。この再生計画については,債務者が自ら作成しなければなりません。もちろん,裁判所に認可してもらうためには,内容的にも形式的にも,法律に従ったものでなければならないことは言うまでもありません。

個人再生における再生計画とはどのようなものなのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生における再生計画のQ&A

個人再生の再生計画が不認可となる場合

個人再生手続の目標は,裁判所に再生計画を認可してもらうにありますが,どのような場合でも,再生計画が認可されるというわけではありません。法律で定められている一定の不認可事由がある場合には,再生計画が認可されないということもあるのです。

個人再生における再生計画が不認可となるのはどのような場合なのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人再生における再生計画が不認可となる場合

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

個人再生のことならLSC綜合法律事務所まで

個人再生申立ての実績・経験豊富な弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士LSC綜合法律事務所にお任せください。無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,ご相談は当事務所へご来訪いただくことになります。電話・メールだけでの相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 個人再生申立ての経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ