LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

交通事故損害賠償請求

交通事故(人身)における損害の分類

交通事故の被害者の方は,加害者に対して,交通事故によって被った損害の賠償を求めることができます。

実務においては,これまでの裁判例等の積み重ねによって,交通事故において賠償請求できる損害が類型化されています。

このページでは,交通事故(人身事故)における損害の分類について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

なお,弁護士によるご相談については,交通事故損害賠償請求の法律相談・ご依頼のページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

交通人身事故における損害の類型化

交通事故に遭った場合,被害者の方は加害者に対して損害賠償を請求することができます。

もっとも,交通事故と関連する被害のすべてを損害賠償請求できるというわけではありません。賠償請求ができる損害は,交通事故と相当因果関係のある損害に限られます。

そして,交通事故の態様や被害の内容は事故ごとに異なりますから,賠償請求できる損害であるかどうかは,それぞれの事故ごとに判断していく必要があります。

とはいえ,あまりに事故ごとの個別判断を強調しすぎると,同じような損害であるのに,ある事故では損害賠償が認めれ,ある事故では損害賠償が認められないという事態が生じ,被害者間の公平を害し,また,法的な安定性を失わせる可能性があります。

そこで,交通事故損害賠償の実務では,これまでの裁判例等に基づき,損害の分類・類型化がなされています。

具体的にいえば,人身事故の場合には,大きく,財産的損害と精神的損害に分類され,さらに財産的損害は積極損害と消極損害とに分類されています。

>> 交通事故で賠償を請求できる損害のQ&A

財産的損害

人身事故における損害のメインは,財産的損害です。文字どおり,被害者の方が被った財産的な損失を損害として扱うというものです。

前記のとおり,この財産的損害には,積極損害と消極損害があります。

積極損害

積極損害とは,交通事故被害に遭ったことによって余儀なくされた支出・損失(交通事故に遭わなければ失わずに済んだはずの支出・損失)を損害と捉えるというものです。

積極損害は,現実の支出・損失を損害として扱うものです。したがって,実費弁償的な要素があります。

積極損害としては,例えば,以下のものが挙げられます。

  • 診療費・治療費
  • 通院交通費
  • 付添看護費
  • 入院雑費
  • 装具・器具等の購入費用
  • 介護のための自動車・自宅等の改造費
  • 死亡事故の場合の葬儀費用
  • 弁護士報酬・手続費用
  • 遅延損害金

消極損害

消極損害とは,交通事故被害に遭わなければ得られたはずの利益を,その交通事故被害に遭ったことによって失ってしまった場合に,その失われた利益を損害とするというものです。

消極損害は,積極損害と異なり,実際には発生していないものを損害とみるという損害類型です。

消極損害としては,以下のものが挙げられます。

休業損害

交通事故によって傷害を負い,それにより休業せざるを得なくなった場合に,事故がなければその休業中に得られたはずの収入・利益を損害として扱うというものです。

逸失利益

逸失利益とは,交通事故に遭ったことによって失ってしまった,交通事故に遭わなければ本来得られたはずの将来の収入・利益を損害として扱うというものです。後遺障害事故や死亡事故の場合に認められます。

精神的損害

精神的損害とは,交通事故により損害を被ったことに対する精神的な苦痛を損害として扱うというものです。

人身事故の場合には,精神的損害の賠償請求も認められるのが通常です。いわゆる慰謝料請求です。

ただし,精神的苦痛は容易に数値化できません。そのため,実務では,入通院期間や後遺障害の程度等に応じて,損害賠償金額について一定の基準が設けられています。

交通事故(人身)における損害の分類の関連ページ

交通事故損害賠償における3つの基準についてより詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページもご参照ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

交通事故のことならLSC綜合法律事務所まで

交通事故・人身事故による被害でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。法律相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

>> 弁護士による交通事故損害賠償請求の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ