LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

任意整理

任意整理とは何かに関するよくあるご質問・Q&A

借金返済の問題の法的解決方法のことを「債務整理」といいます。この債務整理には様々な方法がありますが,裁判外でできる方法もあります。それが「任意整理」と呼ばれる債務整理の手続です。

任意整理とは,債務者の方の代わりに弁護士が債権者と交渉し,借金を無理なく返済できるような返済条件に変更してもらうという手続です。私的整理と呼ばれることもあります。

ここでは,この任意整理とはどのような手続なのかに関するよくあるご質問について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がQ&A方式でお答えしていきます。

任意整理とは何かのQ&A

なお,LSC綜合法律事務所における任意整理のお取り扱い・無料相談等については,弁護士による任意整理の無料相談のご案内をご覧ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

任意整理とは?

Q. 任意整理とは何ですか?
A. 任意整理とは,簡単に言うと,債権者との示談交渉によって借金を整理する債務整理方法です。債権者との交渉によって,借金を無理なく返済できるような返済計画を認めてもらい,それに基づく和解契約を結ぶという手続です。
Q. 任意整理をすると,借金はどうなるのですか?
A. 和解の内容にもよりますが,任意整理をすると,借金の支払金額を引き直し計算に基づく金額にしてもらった上で長期の分割払いにしてもらうのが一般的です。それにより,生活を立て直ししつつ,借金の返済ができるようになります。
Q. 任意整理をすると,返済が楽になるのですか?
A. はい。引き直し計算の結果に基づいて,借金の総額を減らすことができます。その上で,借金の残額を長期の分割払いにしてもらうことによって月々の返済金額も減らすことができます。さらに,その長期分割払いによる返済中は利息が付かないようにしてもらうので,利息の負担もなくなります。任意整理をする前と比べれば,返済は明らかに楽になるでしょう。
Q. 任意整理と自己破産・個人再生はどのように違うのですか?
A. 任意整理の任意とは「裁判外」という意味が含まれます。つまり,任意整理は,自己破産個人再生と異なり,裁判所を利用せずに行われる手続です。そのため,自己破産や個人再生のような法律上の制限や要件がありません。ただし,その分,自己破産や個人再生のように大幅に借金を整理することは難しいということも言えます。
Q. 任意整理と特定調停とはどのように違うのですか?
A. 特定調停は,裁判所が間に入って債権者と話し合いをするという手続です。したがって,任意整理と特定調停とは,裁判所に間に入ってもらうのかどうかという違いがあります。
Q. クレジット会社の立替金やショッピングローンなども,任意整理できますか?
A. はい、できます。ただし,買った品物によっては,クレジット会社等に返還しなければならない場合があります。特に自動車や宝石などの高価品は,引き揚げの対象となる場合が多いと思われます。
Q. 住宅ローンの任意整理は可能ですか?
A. 可能ではあります。しかし,住宅ローンの場合,それによって購入した不動産に抵当権がつけられているのが通常です。任意整理を開始すると,この抵当権が実行され、不動産が競売にかけられるというリスクがあります。不動産を残したいという場合には,個人再生手続を検討される方がよいでしょう。
Q. 3社から借金をしています。このうち1社については自分で返済を続けていき,残りの2社だけ任意整理するということはできますか?
A. 債権者が複数あった場合でも,その一部だけ任意整理するということは可能です。ただし,すべての債権者をまとめて行わなければ借金を整理しきれないなど,一部だけ任意整理することが妥当でない場合や不合理である場合には,全債権者の任意整理を検討して頂くことになります。
Q. 任意整理を選択する基準は何ですか?
A. 任意整理は,月々の返済金額が減少する場合があるとはいえ,返済をしていかなければなりません。したがって,長期にわたって,ある程度安定した収入が見込めることが選択の基準の第一となるでしょう。もっとも,実際に任意整理が可能かどうかは具体的事情を検討して判断する必要があります。したがって,任意整理できるかどうか,ご相談ください。

任意整理の返済計画

Q. 任意整理では,どのような返済計画が立てられるのでしょうか?
A. 任意整理においては,長期の分割払いの計画が立てられることになります。
Q. 任意整理をすると,借金は減額されるのですか?
A. 任意整理においては,利息制限法に基づいてすべての取引を計算(引き直し計算)し直し,その計算結果に基づく金額が返済総額となるのが通常です。したがって,過去に高利を支払っていた場合,引き直し計算によって債務総額が大幅に減少することがあります。その場合には,任意整理において大きな減額が可能です。
Q. 引き直し計算の結果の金額以上に減額されることはありますか?
A. 任意整理においても,引き直し計算の結果の金額以上に減額を認めてくれる債権者がまったくいないというわけではありませんが,引き直し計算の結果の金を超える減額は認めないという債権者が大半でしょう。より減額を希望する場合には,やはり自己破産や個人再生を検討する方が現実的といえます。
Q. 任意整理による分割払いとは,何回くらいの分割払いなのですか?
A. 任意整理における分割払いは,月1回の3年払い(36回払い)とされるのが通常です。
Q. 36回以上の分割払いが認められることはないのでしょうか?
A. 任意整理においても,債権者によっては,36回を超える分割払いを認めてくれる場合もあります。
Q. 利息はどうなるのでしょうか?
A. 任意整理においては,元本のみの分割払いが原則とされています。したがって,利息をつけない返済計画を立てるのが通常です。ただし,近時,利息のカットを強硬に認めない債権者が増えてきています。
Q. 任意整理ができない債権者はいるのですか?
A. はい。残念ながら,利息カットを認めなかったり,長期分割払いを認めないような債権者がいることは否定できません。例えば,CFJ合同会社などの中小消費者金融は極めて任意整理に非協力的な場合があります。

任意整理の和解契約

Q. 債権者との話し合いがついたら,何をしたらよいですか?
A. 債権者と話がついたら,合意内容に従った和解契約を締結し,和解書(合意書)を取り交わしておくのが通常です。
Q. 和解契約にはどのような効力があるのですか?
A. 和解契約も契約ですので,法的な拘束力が生じます。つまり,和解の内容を守れなかった場合には,債務不履行となり,一定の不利益を受けることになります。逆に,債権者が合意と異なる要求をしてきたとしても,これを拒絶することができるようになります。
Q. 和解契約書には何を記載するのですか?
A. 和解契約書には,返済総額の支払義務があること,分割払いなどの支払いの方法,返済計画を守れなかった場合の措置,その他には債権も債務もないことの確認条項などを記載するのが一般的です。
Q. 和解で決めた返済を守れないとどうなるのですか?
A. 任意整理における和解をする際に,返済の約束が守れなかった場合の取り決めも定められるのが通常ですので,返済計画を守れないと,この取り決めに従った不利益を被ることになります。一般的には,2回分以上返済が滞った場合には,遅延損害金を付けた上での一括請求を受けてしまうという内容の和解がなされています。
Q. 和解で決めた返済計画が失敗してしまいました。もう1度新しい返済計画で和解することはできますか?
A. 再度の任意整理をすることも不可能ではありません。もっとも,1度失敗していると,債権者としても再度の合意は認めないという場合があり得ると思います。場合によっては,自己破産等別の手続を検討する必要があるかと思います。

任意整理とは何かに関連するページ

任意整理とは何かについてより詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページもご参照ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

任意整理のことならLSC綜合法律事務所まで

任意整理の実績・経験豊富な弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士LSC綜合法律事務所にお任せください。無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,当事務所にご来訪いただいての相談となります。お電話・メールによる相談を承っておりませんので,あらかじめご了承ください。

>> 弁護士による任意整理の無料相談のご案内

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ