LSC綜合法律事務所相談室イメージ

法令解説【民法】

債権・債務とは?

民事事件で基本となるのは,債権債務関係です。

債権とは,特定人に対して何らかの行為や給付を請求する法的権利のことをいい,逆に,債務とは,特定人に対して何らかの行為や給付を提供しなければならない法的義務のことをいいます。

ここでは,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,この債権・債務とは何かについてご紹介いたします。

なお,民法とはどのような法律なのかについては,民法の解説ページをご覧ください。その他個人の方の生活や中小企業の方の事業に関わる法令については,生活・事業に関わる法令紹介ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

債権・債務とは

民事事件で紛争の対象となるのは,基本的に,物権と債権です。いずれも法律で認められた権利のことですが,物権が物に対する権利であるのに対し,債権は人に対する権利であるという点で違いがあります。

すなわち,債権とは,特定人に対してある一定の行為・給付を提供するように請求する法定権利のことをいいます。この債権を有する権利者のことを「債権者」といいます。

他方,債務とは,債権の請求をされる側,すなわち,特定人に対してある一定の行為や給付を提供しなければならない法的義務のことをいいます。この債務を負う義務者のことを「債務者」といいます。

典型的な民事事件では,債権者が債務者に対して債務の履行を求めたり,債務が履行されなかった場合の責任を問うということになります。

債権債務は,契約によって生じますが,それだけでなく,例えば,不当利得があった場合や不法行為があった場合などにも,債権債務関係が生ずることになります。

金銭債権・金銭債務

債権とは行為を求めるものですから,金銭を請求するものばかりとは限りません。例えば,雇用契約に基づいて労働をするよう求める請求権,委任契約に基づいて事務処理をするように求める請求権など,行為を求める請求権も債権です。

もっとも,民事紛争で最も多いものは,やはり金銭を請求する紛争でしょう。

金銭は,もちろん「物」ですが,他の物と異なり,所有と占有が一致していたり,紙幣やコインといった物そのものではなくその価値が問題となっていたり,通常の物とは異なる特殊性があります。

そのため,通常の物の給付を求める債権や行為を求める債権と区別され,金銭の給付を求める債権のことを特に「金銭債権」といい,他方,金銭の給付をしなければならない債務のことを「金銭債務」といいます。

この金銭債権・債務は,単に特別な名称で呼ばれるだけでなく,他の債権とは異なる特殊性があります。

例えば,市場に通貨が流通している以上金銭債務の履行不能が観念できないこと,債務者は不可抗力であることを理由に債務不履行責任を免れることができないこと,遅延損害金を請求する場合に債権者は履行遅滞によって損害が発生していることを証明する必要がないことなど,通常の債権債務とは異なる特殊性があります。

>> 金銭債権・金銭債務の特殊性

債権・債務に関連するページ

債権・債務とは何かについてに関連するページです。債権・債務についてより詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページもご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所は,東京都多摩地区の立川市に所在しています。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ