LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

債務整理

どの時点で債務整理を開始すればよいか?

借金返済でお困りの場合には,法的な解決手段として「債務整理」をするという方法があります。債務整理を成功させれば,借金返済の負担を軽減させ,生活の安定を取り戻すことができるでしょう。

それでは,この債務整理はどの時点で,どの段階になったときに行えばよいのでしょうか?それは言うまでもなく,借金返済で生活が圧迫され始めてきたら,できる限り早く行うべきです。

このページの以下では,できる限り早く始めた方がよいという理由,どの時点で債務整理をすればよいのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

なお,LSC綜合法律事務所における債務整理の無料相談・お取り扱いについては,弁護士による債務整理の無料相談のご案内をご覧ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

早い段階で債務整理を始める方がよい理由

前記のとおり,どの時点で債務整理を始めればよいのかといえば,それはやはり,借金によって生活が圧迫されるようになってきたら,できる限り早い段階で開始した方がよいということになるでしょう。

借金返済の問題は,病気に例えられることがあります。

病気の場合,放置しておくとひどくなる一方です。そのため,できる限り早い段階で診療・治療を受けた方が,治癒までの時間も短くて済みますし,大変な治療を受けなくても済みます。

借金返済の問題も同様です。借金には利息がありますから,放っておけば増えていく一方です。

返済が困難になってくると,返済のために借金をするというような自転車操業に陥り,かえって借金が増えていってしまいます。

この借金返済の「治療」方法が債務整理ということになります。

債務整理にもいろいろな方法がありますが,借金の金額がさほど大きくなりすぎていない段階から始めた方が,リスクやデメリットの小さい手続を選択することが可能となります。

そういう意味では,やはり,借金返済の問題についても,できる限り早い段階で債務整理の手続に着手した方がよいのです。

遅くなることによって生ずるデメリット

債務整理の開始が遅くなると,前記のとおり,デメリットやリスクの大きい手続を選択せざるを得ない状況になることがあります。

最もデメリットの小さい手続というと,やはり「任意整理」でしょう。これは裁判外での交渉ですので,ブラックリストに登録されるという他には,特段のデメリットはありません。

ただし,任意整理は分割払いで返済を継続していくという手続です。したがって,借金の金額があまりに大きくなっていると,分割払いすらできず,任意整理を選択すること自体もできなくなってしまいます。

債務整理には「個人再生」もあります。これは,裁判所によって,借金の総額を減額してもらった上で分割払いにしてもらうという手続です。

自己破産のような財産処分資格制限等の制約がなく,免責不許可事由があっても利用できます。

もっとも,この個人再生も,任意整理と同様,減額されるとはいえ返済を継続していかなければなりません。

したがって,あまりに借金の金額が大きい場合には,減額しても支払える見込みがないということで,裁判所の認可を得られなくなってしまう可能性があります。

任意整理も個人再生も難しいということであれば,「自己破産」を選ぶほかないということになります。

個人の自己破産の場合,自由財産制度や裁量免責制度などがあり,一般に思われているほどの制約はないといってよいのですが,それでもやはり,他の方法に比べて,財産処分等の制限が少なからずあるのは事実です。

つまり,あまりに借金の状況が悪化していると,債務整理手続を選択する余地が狭められていってしまい,最終的には自己破産以外の方法がとれなくなるということがあり得るということです。

財産を処分してしまってから始める場合のペナルティ

まれに,先に自分の財産を処分または親族や友人などに移転してしまってから債務整理をしたいという方がいらっしゃいます。

しかし,何か法律に基づく正当な理由があるのであればともかく,ただ債務整理で財産を失いたくないからという理由だけで財産を処分したり他人に移転してしまうことは,単なる財産隠しです。

このような不正行為をすれば,自己破産や個人再生などでは,不公正な手法をとっているということで手続自体をとることができなくなることがあります。

仮に手続を開始できたとしても,最終的に免責不許可や再生計画不認可になることもありますし,場合によっては,犯罪として扱われるおそれすらあります。

したがって,先に自分の財産を処分または親族や友人などに移転してしまってから債務整理をするというのは,意味がないどころか,重大なペナルティを課されるおそれがあるのです。

債務整理を開始すべきかどうかの判断

前記のとおり,債務整理は,借金が生活を圧迫し始めたならば,できる限り早く始めた方がメリットがあります。

債務整理があるとはいっても,少し借金ができてしまったという程度で債務整理をすることはお勧めいたしませんし,実際に,その程度の少額の借金で債務整理をしたとしても,債権者や裁判所の理解が得られず,不成功に終わることが多いでしょう。

そこで,借金が生活を圧迫するというのは,具体的にどの程度の状況なのかということが問題となってきますが,これは一概にはいえません。個々のご事情によって異なってきます。

一般的には,毎月の収入の3分の1以上が借金返済に充てられているという状況にある場合には債務整理をすべきであると言われます。したがって,これが一応の基準とはなるかもしれません。

とはいえ,収入が20万円の方と100万円の方とでは圧迫の度合いがまったく異なりますから,やはり一概にはいえません。

借金が少額でも,生活保護等しか収入が無い方であれば,債務整理をせざるを得ないということもあります。

現在,債務整理をすべきかどうか悩んでいるという方がいらっしゃいましたら,法律の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所でも,債務整理のご相談を承っております。ご相談は「無料相談」です。

依頼すべきかどうかの前に,そもそも債務整理すべきかどうか分からないという場合でも,ご遠慮なくご相談ください。

債務整理を開始時期の関連ページ

どの時点で債務整理を開始すべきかという問題については,以下のページもご参考にしてみてください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

債務整理のことならLSC綜合法律事務所まで

債務整理の実績・経験豊富な弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士LSC綜合法律事務所にお任せください。

弁護士による債務整理の無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,日弁連「債務整理事件処理の規律を定める規程」により,原則として,お電話によるご相談・ご依頼は承っておりません。当事務所にご来訪いただいてのご相談・ご依頼となります。

>> 債務整理の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ