LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

債務整理

弁護士による借金返済の無料相談のQ&A

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,借金返済の法律相談は完全「無料」とさせていただいております。お気軽にお問合せください。

ここでは,ご相談者の方々から頂戴する借金返済問題の無料相談についてのよくあるご質問について,Q&A形式でお答えします。

弁護士による借金返済の無料相談のQ&A

サラ金等からの借金問題について詳しくは,サラ金等からの借金でお困りの方へをご覧ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

無料相談の範囲について

Q. 借金返済に関する相談は本当に無料なのですか?
A. はい。完全に無料です。ただし,法人・個人事業者の方の債務に関するご相談は有料となっております。
Q. 無料相談の時間制限はあるのでしょうか?
A. 特に設けておりません。ただし,別の予定が入っている場合は時間を限らせていただく場合がありますので,その場合はご了承ください。
Q. 無料相談の回数制限はあるのでしょうか?
A. 特に設けておりません。
Q. 何らかの費用などを請求されないでしょうか?
A. いいえ。そのようなことはまったくありません。ご安心下さい。

相談の予約について

Q. 相談をしたいのですが,予約は必要ですか?
A. はい。完全予約制です。
Q. 予約はどのようにすればよいですか?
A. お電話(042-512-8890)またはこのホームページのメールフォームからご予約下さい。
Q. メール予約だと相談日が遅れてしまうことはありませんか?
A. 確かに,メールですと日程調整などが即座にできないため,相談日が遅れてしまうことはございます。お急ぎの場合にはお電話でご予約いただく方が確実かと思われます。
Q. 匿名で予約することはできますか?
A. いいえ。匿名でのご予約はお断りさせていただいております。あらかじめご了承ください。
Q. 家族の借金に関する相談の予約はできますか?
A. はい。ただし,契約の場合にはご本人との面談が必要となります。
Q. 未成年でも相談の予約をすることはできますか?
A. はい。ただし,未成年の方のご相談の場合には,親権者又は未成年後見人の方のご同席が必要となります。
Q. 当日の予約をすることはできますか?
A. 当日の予定があいている場合には可能です。
Q. 土日休日に予約を入れることはできますか?
A. はい。ただし,予定があいている場合になります。
Q. 予約時に何か準備しておく必要がありますか?
A. ご予約の際に,債権者の数・債権者の名称・債務の総額・ご希望の手続などをお聞きいたしますので,これらについてご準備しておいていただければと思います。

相談の方法について

Q. 電話やメールでの相談はできますか?
A. いいえ。申し訳ございませんが,当事務所では電話・メールによるご相談は承っておりません。予めご了承ください。
Q. 相談の流れはどうなっているのでしょうか?
A. まずご予約をいただき,予約の日時に当事務所へご来訪いただきます。ご来訪後,債務の状況・家計の状況・資産の状況・債務増大の原因などを所定の聴取票・債権者の一覧表にご記入いただきます。その後,そのご記入いただいた聴取票・債権者一覧表に基づいて,実際に弁護士とご相談いただくことになります。
Q. 相談の時に他の人に会ってしまうようなことがありますか?
A. いいえ。ご相談は個室において行いますので,その心配はありません。時間もずらして調整しております。
Q. 相談にはどのくらいの時間がかかりますか?
A. 債権者一覧表や聴取票の記入に平均20分から30分,弁護士との相談に30分程度ですので,通常は1時間程度です。ただし,契約に至った場合には,契約書その他必要書類の作成,その後の手続の打ち合わせ等が必要となりますので,さらにもう30分から1時間程度が必要となることがあります。お急ぎの場合にはあらかじめお申し付けください。
Q. 初回の相談で契約することはあるのでしょうか?
A. はい。むしろ,借金返済・債務整理・過払金のご相談の場合には,ほとんどの場合に初回相談で契約に至っております。
Q. 弁護士に相談するのは初めてなので緊張しているのですが・・・?
A. 当事務所においてはそのようなご心配はまったく無用と自負しております。あくまで相談です。とりあえず話を聞いてみようというくらいの気持ちでお越しいただいて結構です。

相談の内容について

Q. 債権者一覧表にはどのようなことを書けばよいのでしょうか?
A. お手数ですが,日本弁護士連合会の債務整理処理のガイドラインにより,債務整理や過払い金返還を希望する債権者だけでなく,現在借入れをしている債権者・すでに完済している貸金業者・その他借金以外の売掛金や代金などの負債もすべてご記入いただくこととなります。
Q. 聴取票にはどのようなことを書けばよいのでしょうか?
A. 現在の家計の状況,資産の状況,債務が増大した原因などをお書きいただくことになります。家計などはあらかじめご確認しておいていただけると助かります。
Q. はっきりと覚えていないことがあるのですが,大丈夫でしょうか
A. はい。分かる範囲で結構です。
Q. 債権者との契約書などはもう捨ててしまっています。大丈夫でしょうか?
A. はい。相談時点では契約書等はなくても問題ありません。
Q. 個人情報は話さないままで相談してもらえますか?
A. いいえ。法律相談はあくまで法律業務・法律事務です。また,利害関係などで問題が生じる場合もありますので,匿名でのご相談はお受けできません。
Q. 個人の私生活なども話さなければいけないのでしょうか?
A. 借金返済・債務整理に必要な範囲でお話しいただければ十分です。ただし,その範囲では私生活上の事項もお話いただく必要はあります。債務整理・過払い金返還などの法律業務に必要な範囲を超えて,個人情報を外部に漏らすようなことはありませんので,ご安心ください。
Q. 他に残債務もあるのですが,とりあえず過払いだけ相談するということもできますか?
A. はい。ただし,契約の場合には,客観的に事情からみて,過払いだけを行っても他の残債務の返済に問題ないと判断できる場合にだけ,過払いのみの契約を締結することができます。
Q. 相談の内容が外部に漏れてしまうようなことはありませんか?
A. いいえ。そのご心配はありません。
Q. 債務整理の弁護士報酬や費用について相談してもよいのでしょうか?
A. はい。もちろんです。

ご持参いただきたい物

Q. 相談の際はどのような物を持っていけばよいですか?
A. 債権者のクレジットカード,債権者との取引を示す書類等をご持参いただくと相談がスムーズです。また,契約の場合には,身分証明書,印鑑(シャチハタ以外)が必要となります。
>> 詳しい持参資料はこちらでご確認ください
弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

債務整理のことならLSC綜合法律事務所まで

債務整理・クレサラ借金問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務整理の実績豊富な,東京 多摩 立川の弁護士LSC綜合法律事務所にお任せください。

無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※ご相談は当事務所にご来訪いただくことになります。お電話・メールによるご相談は承っておりませんので,あらかじめご了承ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ