LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

遺産相続(全般)

法定相続分はどのように計算すればよいのか?

遺産相続が開始した場合,誰がどの程度の遺産(相続財産)を受け継ぐことになるのかについては,民法で原則が定められています。

民法で定められている相続を受けるべき人のことを「法定相続人」といい,この法定相続人が受けることになる遺産の割合のことを「法定相続分」と呼んでいます。

このページでは,民法で定められている法定相続人の法定相続分の計算方法について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所における遺産相続全般の法律相談については,弁護士による遺産相続(全般)の法律相談のご案内をご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

法定相続人とは?

誰が相続財産を受け継ぐことになるのかということについては,民法で定められています。この民法で定められている相続財産を原則的に受け継ぐことになる人のことを「法定相続人」と呼んでいます。

被相続人(遺産を遺して亡くなった方)の親戚であれば.誰でも相続できるというわけではありません。この法定相続人となることができるのは.被相続人の「子」「直系尊属」「兄弟姉妹」そして「配偶者」だけです。

その他の方は,たとえ親戚であっても,法定相続人とはなり得ません。

法定相続人の優先順位

前記のとおり,法定相続人となるのは被相続人の子・直系尊属・兄弟姉妹・配偶者だけですが,相続が開始した場合に,その全員が相続財産を受け継ぐことができるというわけではありません。

この法定相続人となるべき子・直系尊属・兄弟姉妹には,優先順位があります。

すなわち,最も優先される第1順位は「子」です。

したがって,他に直系尊属や兄弟姉妹がいたとしても,子がいる場合には,法定相続人となるのは子のみです。ここでいう子には,実子も・養子・嫡出子・被嫡出子すべて含みます。

第2順位は「直系尊属」です。

被相続人に子がいる場合には法定相続人となることはできませんが,子がいない場合には,この直系尊属が法定相続人となります。被相続人の兄弟姉妹がいても,法定相続人となるのは直系尊属です。

なお,直系尊属が複数いる場合には,親等の近い直系尊属が優先されます。したがって,父母と祖父母がいる場合には,親等の近い父母が法定相続人となり,祖父母は法定相続人とはならないということになります。

第3順位は「兄弟姉妹」です。

したがって,被相続人に,子も直系尊属もいないという場合に限り,被相続人の兄弟姉妹が法定相続人となります。

なお,配偶者には優先順位がありません。つまり,配偶者がいる場合,その配偶者は常に法定相続人となるということです。

つまり,子がいる場合には,子と配偶者が法定相続人となり,直系尊属が法定相続人となる場合には直系尊属と配偶者が法定相続人となり,兄弟姉妹が法定相続人となる場合には兄弟姉妹と配偶者が法定相続人となるということです。

子がいる場合

被相続人に「子」がいる場合には,他に直系尊属や兄弟姉妹がいても,その子だけが法定相続人となります。この「子」には,実子だけでなく,養子も含まれます。

子が複数人いる場合

子が複数人いる場合,法定相続分は人数に応じて等分されます。たとえば,子が2人いれば,それぞれ2分の1ずつとなり,子が3人いれば,それぞれ3分の1ずつとなります。

配偶者がいる場合

配偶者は常に法定相続人となります。配偶者と子がいる場合は,配偶者も子も法定相続人となります。配偶者と子の法定相続分の割合は,1:1です。

たとえば,被相続人に配偶者と子が1人いた場合,配偶者に2分の1,子に2分の1ということになります。

子が複数人いる場合は,その子全員に2分の1が割り当てられ,その2分の1の相続分を子の人数に応じて頭割りすることになります。

たとえば,被相続人に配偶者と子が3人いた場合,配偶者に2分の1,子それぞれに2分の1×3分の1=6分の1が割り当てられることになります。

子はいないが直系尊属がいる場合

被相続人に子はいないが直系尊属がいるという場合には,他に兄弟姉妹がいたとしても,直系尊属が法定相続人となります。

直系尊属が複数人いる場合には,被相続人に,より親等の近い直系尊属が優先されます。その場合は,劣後する直系尊属は法定相続人となりません。

たとえば,父母と祖父母がいる場合であれば,親等の近い父母だけが法定相続人となります。

直系尊属が複数人いる場合

直系尊属が複数人いる場合,法定相続分は人数に応じて等分されます。たとえば,直系尊属が2人いれば,それぞれ2分の1ずつとなります。

配偶者がいる場合

配偶者は常に法定相続人となります。子がおらず,配偶者と直系尊属がいる場合は,配偶者と直系尊属が法定相続人となります。この場合の配偶者と直系尊属の法定相続分の割合は,2:1です。

たとえば,被相続人に配偶者と直系尊属が1人いた場合,配偶者に3分の2,直系尊属に3分の1ということになります。

直系尊属が複数人いる場合は,その直系尊属全員に3分の1が割り当てられ,その3分の1の相続分を直系尊属の人数に応じて頭割りすることになります。

たとえば,被相続人に配偶者と直系尊属が2人いた場合,配偶者に3分の2,直系尊属それぞれに3分の1×2分の1=6分の1が割り当てられることになります。

子も直系尊属もいないが兄弟姉妹がいる場合

被相続人に子も直系尊属もいないが兄弟姉妹がいるという場合には,兄弟姉妹が法定相続人となります。

兄弟姉妹が複数人いる場合

兄弟姉妹が複数人いる場合,法定相続分は人数に応じて等分されます。たとえば,兄弟姉妹が2人いれば,それぞれ2分の1ずつとなり,子が3人いれば,それぞれ3分の1ずつとなります。

配偶者がいる場合

配偶者は常に法定相続人となります。子も直系尊属もおらず,配偶者と兄弟姉妹がいる場合は,配偶者と兄弟姉妹が法定相続人となります。この場合の配偶者と兄弟姉妹の法定相続分の割合は,3:1です。

たとえば,被相続人に配偶者と兄弟姉妹が1人いた場合,配偶者に4分の3,兄弟姉妹に4分の1ということになります。

兄弟姉妹が複数人いる場合は,その兄弟姉妹全員に4分の1が割り当てられ,その4分の1の相続分を兄弟姉妹の人数に応じて頭割りすることになります。

たとえば,被相続人に配偶者と兄弟姉妹が5人いた場合,配偶者に4分の3,兄弟姉妹それぞれに4分の1×5分の1=20分の1が割り当てられることになります。

法定相続分の計算に関連するページ

法定相続人の法定相続分の計算に関連する情報を知りたいという方がいらっしゃいましたら,以下のページもご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

遺産相続問題のことならLSC綜合法律事務所まで

遺産相続の問題・紛争の解決のために弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

>> 弁護士による遺産相続の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ