LSC綜合法律事務所イメージ

立川市の皆様へ

立川市で残業代請求の法律相談をお探しの方へ

時間外労働をしたにもかかわらず,残業代・残業手当が支払われない場合があります。いわゆるサービス残業の問題です。

もちろん時間外労働だけではなく,サービス深夜労働やサービス休日出勤などという問題もあるでしょう。

残業代・深夜手当・休日手当などは割増賃金といって,労働基準法という法律で必ず支払わなければならないものとされています。

したがって,サービス残業・未払い残業代の問題も法律問題であるといえるのです。これらは,法律によって解決することが可能な問題です。

具体的にいえば,使用者に対して未払いの残業代等の支払いを請求するということです。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,このサービス残業問題・未払い残業代等請求の問題についての法律相談を実施しております。

立川市でサービス残業や未払い残業代等請求でお悩みの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

>> 未払い残業代等請求の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

弁護士による残業代相談のご予約は 042-512-8890

未払い残業代等請求の費用

前記のとおり,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,未払い残業代等請求のご相談は承っております。ご相談料金は30分5000円(税別)です。

未払い残業代等の請求の着手金は,請求する残業代の金額によって異なります。

立川市で未払い残業代等請求をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所のご利用も,ご検討いただければ幸いです。

>> 未払い残業代等請求の弁護士報酬・費用のご案内

未払い残業代等請求権と消滅時効

時間外労働をした場合,労働者は使用者に対して割増賃金(残業代)を請求する権利を取得します。もっとも,この権利(未払い残業代の請求権)は,永続的に行使できるというものではありません。

未払い残業代等の賃金請求権にも,やはり他の債権と同様,消滅時効があります。つまり,権利を行使しないまま一定期間が経過すると,その権利自体が消滅してしまうということです。

賃金請求権の消滅時効は「2年」とされています。したがって,残業代も,支払期日の翌日から2年が経過すると,もはや未払いがあったとしても請求をすることができなくなってしまうのです。

月給制の場合ですと,賃金の支払期日は毎月の給料日ということになりますから,その毎月の給料日ごとに時効が進行していくことになります。簡単にいえば,過去2年分の残業代しか請求できないということです。

そのため,未払い残業代等請求を考えているのであれば,少しでも早く行動をし,消滅時効を止める措置をとらなければならないということになります。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,未払い残業代請求の無料相談を実施中です。立川市で未払い残業代等請求をお考えの方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所にご相談ください。

>> 未払い残業代等請求の消滅時効

弁護士による残業代相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内・アクセス

立川市で弁護士による個人民事再生の無料相談をお探しの方に,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所とはどのような弁護士事務所なのか,また事務所までのアクセスなどについてご案内いたします。

>> LSC綜合法律事務所の概要

LSC綜合法律事務所までの道のり

LSC綜合法律事務所ロゴ

LSC綜合法律事務所は,立川市の錦町に所在する弁護士事務所です。

JR立川駅南口または多摩モノレール立川南駅から,すずらん通りを立川市ハローワーク方面へと抜け,徒歩約5分のところにあります。東京都下水道局のはす向かいにあるオリンピック錦町ビルの2階にございます。

LSC綜合法律事務所までの地図

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

立川市 関連リンク

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ