LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

遺言の執行

弁護士による遺言執行の法律相談

遺言の内容を実際に実現するためには,遺言の執行をしなければならないという場合があります。たとえば,遺言で認知する場合や遺言で相続人の廃除をする場合などです。

遺言の執行という職務を行う人のことを遺言執行者といいますが,場合によっては,法律の専門家である弁護士を遺言執行者に指定する必要があるという場合もあります。

この遺言執行者は,相続開始後に指定することも可能ですし,また,遺言の作成の際に,将来,遺言の内容を実現するため,その内容を忠実に執行する役割を持つ遺言執行者を指定しておくこともできます。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,弁護士による遺言の執行・遺言執行者の指定の法律相談・ご依頼を承っております。法律相談料は5000円(税別)30分を超えるごとに5000円(税別)を追加となっております。

遺言の執行や遺言執行者の指定についてお困りの方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所にご相談ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

遺言内容の実現

遺言を作成しておけば,被相続人(遺産を遺す側の方)の意思を相続において尊重してもらうことができます。例えば,ある財産は妻に遺したいとか,長男に遺したいというような希望を可能とすることができるというわけです。

もっとも,遺言を作成しておけば,必ずその遺言の内容を実現できるかというと,必ずしもそういうわけではありません。相続人の方々が,遺言の内容に沿って財産を分配するように行動してくれなければ,遺言内容は現実化しないことになります。

それでは,遺言の内容を実現するためには何をすればよいのかというと,「遺言の執行」をする必要があります。遺言の執行とは,つまり,遺言の内容に沿って一定の行為をすることをいいます。

そして,この遺言の執行を行う人のことを「遺言執行者」といいます。

遺言執行者は,相続人の方でもなることができます。もっとも,場合によっては,法律の専門家である弁護士に依頼しなければならないという場合もあるでしょう。

また,遺言執行者は,相続が開始した後に指定することも可能ですが,遺言に遺言執行者を特定の人に指定するという内容を記載することもできます。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,弁護士を遺言執行者に指定する場合のご相談・ご依頼も承っております。お気軽にお問い合わせください。

>> 遺言執行とは何かのQ&A

遺言の執行が必要となる場合

遺言の内容を実現するためには,遺言に記載されている事項のすべてについて執行が必要となるというわけではありません。遺言の執行が必要となる事項は限られています。遺言の執行が必要となるのは,例えば,以下のような場合です。

  • 不動産が遺贈された場合に不動産の登記を行うこと
  • 遺言認知がなされた場合に認知届を提出すること
  • 遺言廃除がなされた場合に廃除の審判申立てを行うこと

これらのうち,遺贈不動産の登記は相続人でも行うことができますが,遺言認知や遺言廃除については,遺言執行者を指定してその遺言執行者が行わなければならないとされています。

また,これら以外の行為でも,遺言執行者を選任しておいた方がスムーズに相続の手続が進むということもあります。

特に,遺言の内容について相続人から異議が出る恐れがあるような場合には,あらかじめ遺言執行者を指定しておき,相続手続を遂行してもらった方がよいということもあるでしょう。

>> 遺言執行が必要となる場合

遺言執行者を弁護士に依頼するメリット

遺言執行者は,必ず弁護士を指定しなければならないというものではありません。しかし,弁護士を遺言執行者に指定する場合には,以下のようなメリットがあります。

  • 遺言を執行するための法的な専門知識を調査・習得する時間や手間を省くことができる。
  • 弁護士が遺言の執行を行うため,公平な遺言の執行を行うことができる。
  • 万が一,遺言の執行について相続人間で裁判紛争となって場合でも,弁護士であれば対応が可能となる。

遺言執行者指定が必要となる場合のみならず,専門的知識の必要な法律問題が関連してくる場合なども,法律の専門家である弁護士を遺言執行者として指定・選任する方が望ましいでしょう。

>> 遺言執行者を指定・選任する方法

LSC綜合法律事務所における遺言執行者指定の取扱い

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産相続や遺言に精通した弁護士がご相談・ご依頼を承っております。遺言作成時にご依頼をいただくことも,相続開始後にご依頼をいただくことも可能です。まずはご相談ください。

なお,弁護士を遺言執行者に指定する場合の弁護士報酬・費用については,以下のページをご覧ください。

>> 遺言執行の弁護士報酬・費用

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

遺言執行のことならLSC綜合法律事務所まで

遺言の執行・遺言執行者の指定で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ