LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

未払い残業代請求

賃金支払いの5原則とは?

残業代などの賃金の支払いについては,労働基準法によって非常に厳格な支払いの5つの原則(全額払い,直接払い,通貨払い,毎月払い,定期払い)が定められています。

ここでは,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,賃金支払いの5原則についてご説明いたします。

※東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所における未払い残業代等請求のお取り扱いについては,未払い残業代等請求の経験豊富な弁護士をお探しの方へをご覧ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

賃金支払いの5原則とは?

残業代などの賃金は,労働者にとって生活の糧となる重要な金銭です。

そのため,労働基準法は,この労働者にとって最も重大というべき賃金の支払いについて,それを確実に使用者に支払わせるために,非常に厳格な5つの原則を定めています。

すなわち,5つの原則とは,賃金は,その全額を(全額払い),労働者に対して直接に(直接払い),通貨で(通貨払い),毎月(毎月払い),定期に(定期払い)支払わなければならないという原則のことをいいます。

全額払いの原則

全額払いの原則とは,賃金は,所定支払日に支払うことが確定している全額を支払わなければならないとする原則です。

労働の対価である賃金が全額支払われないとすると,労働者は生活の計画をたてることができず,不安定な生活を送ることを余儀なくされてしまいます。そのため,全額払いが原則とされているのです。

この全額払いの原則には,もちろん,通常の給料だけでなく残業代などの割増賃金も含まれます。

ただし,法令で控除が認められている税金や社会保険料などや,労働協定で控除が合意された組合費などを差し引くことは,全額払いに反しないとされています。

直接払いの原則

直接払いの原則とは,賃金は,労働者に対して直接支払われなければならないという原則です。

労働者自身ではなく,仲介者などに賃金が支払われることになると,あるいは,労働者の賃金がその仲介者等によって搾取されるおそれがあります。

特に,少年については,大人によって搾取されがちです。そのような事態を防止するために,直接払いが原則とされているのです。

したがって,労働者に代理人がいたとしても,その代理人に賃金を支払うことは,直接払いに反し許されません。

賃金債権が譲渡された場合であっても,同様に,やはり賃金は労働者自身に支払うことが必要となってきます。

通貨払いの原則

通貨払いの原則とは,賃金は,「通貨」によって支払わなければならないという原則です。

ここでいう通貨とは,強制通用力のある通貨のことをいいます。具体的にいえば,日本銀行券と鋳造貨幣,つまり,1万円札などのお札や10円玉などのコインのことです。

通貨でない支払い,特に現物支給などの場合,その支給された賃金がはたして労働の対価として妥当なものなのかどうかが不明確になりがちです。

場合によっては,到底対価として妥当とはいえないものが支払われるおそれもあります。そのような事態を防止するために,通貨払いが原則とされているのです。

もっとも,退職金については,労働者の個別の合意があれば,現物支給でもかまわないとされています。

毎月払いの原則

毎月払いの原則とは,賃金は,毎月支払われなければならないという原則です。

賃金が毎月支払われないとすると,労働者は生活の計画をたてることが難しくなります。そのため,毎月払いが原則とされているのです。

これは,年棒制をとっている場合でも同様です。年棒制の場合であっても,毎月払いの原則は守る必要があります。したがって,通常は,年棒金額を12で割って,それを毎月支給するということになるでしょう。

定期払いの原則

定期払いの原則とは,賃金は,一定の期日を定めて定期的に支払わなければならないという原則です。

前記の毎月払いと併せて,賃金は,毎月一定の期日に支払われなければならないということになります。

賃金が定期的に支払われなければ,労働者は,やはり生活の計画をたてることができなくなります。そのため,定期払いも原則とされているのです。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

残業代請求のことならLSC綜合法律事務所まで

未払い残業代等請求の実績・経験豊富な弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,ご相談は当事務所にご来訪いただいての直接面談となります。お電話・メールによる相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

>> 未払い残業代請求の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ