LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

未払い残業代請求

未払い残業代等請求の関連記事一覧

泣き寝入りする必要はありません。未払い残業代等請求の経験豊富な弁護士にお任せください!無料相談 各種業種対応可 着手金無料あり

未払い残業代等を請求するためには,労働基準法などの労働法についての知識が必須です。また,それだけではなく,残業代等請求に関する裁判例も知っておかなければなりません。

そのため,適切に未払い残業代等を請求するにあたっては,さまざなま法的知識等を知っておく必要があります。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,未払い残業代等請求に各種の法的知識をご提供していきます。このページの以下では,未払い残業代等請求に関する記事をご紹介いたします。

なお,未払い残業代等請求をお考えの方がいらっしゃいましたら,ご相談は無料ですので,お気軽にご予約ください。ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

※東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所における未払い残業代等請求のお取り扱いについては,未払い残業代等請求の経験豊富な弁護士をお探しの方へをご覧ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

未払い残業代等請求の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,これまでに,飲食業や運送業をはじめとして,数十種の業界・業種における未払い残業代等請求を経験し,交渉・労働審判・訴訟のいずれについても,未払い残業代等請求を解決してきた実績があります。

未払い残業代等請求の経験豊富な弁護士をお探しなら,LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代等請求の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

弁護士による未払い残業代等請求の無料相談のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,未払い残業代等請求について「無料相談」を実施中です。未払い残業代等請求に詳しい弁護士がご相談を承ります。無料相談をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。お待ちしております。

LSC綜合法律事務所の未払い残業代等請求の無料相談をご希望の方がいらっしゃいましたら,以下のページもご覧ください。

>> 弁護士による未払い残業代等請求の無料相談

未払い残業代等請求の弁護士報酬・費用のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,未払い残業代等請求の弁護士報酬について,ご事情に合わせた3つの報酬体系をご用意しております。また,費用を明確化しております。後でご説明をしていない報酬等を請求するようなことはありませんので,ご安心ください。

LSC綜合法律事務所における未払い残業代等請求の弁護士報酬・費用について詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等請求の弁護士報酬・費用

残業代等の計算代行サービスのご案内

未払い残業代等請求をするためには,あらかじめ残業代等を計算しておく必要があります。東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,ご契約いただく前にどれだけの回収見込みがあるのかをご確認いただけるよう,残業代等の計算代行サービスも実施しております。

LSC綜合法律事務所における残業代等の計算代行サービスについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 残業代等計算代行サービスのご案内

未払い残業代等請求を弁護士に依頼するメリット

未払い残業代等を請求するためには,労働基準法など労働法の知識だけでなく,裁判例などの知識も必要となってきます。適切・確実な未払い残業代等請求を行うために,やはり法律の専門家である弁護士のアドバイスやサポートが必要となってくるでしょう。

未払い残業代等請求を弁護士に依頼するメリットにはどのようなものがあるのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等請求を弁護士に依頼するメリット

サービス残業問題とは?

本来であれば残業代等を支払わなければならないにもかかわらず,それを支払わずに労働者に時間外労働をさせているという問題のことを「サービス残業」と呼んでいます。サービス残業は,言うまでもなく違法であり,これを是正するためにも,残業代等の請求を行う必要があります。

サービス残業問題とはどのような問題なのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> サービス残業問題とは?

名ばかり管理職問題とは?

労働基準法では,管理監督者には残業代等を支払わなくてもよいものとされていますが,実際には管理監督者ではないにもかかわらず,管理監督者であるとして労働者に対して残業代等を支払わないという問題が生じています。この問題のことを「名ばかり管理職」問題と呼んでいます。

名ばかり管理職問題とはどのような問題なのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 名ばかり管理職・店長問題とは?

退職後の未払い残業代等請求

未払い残業代等を請求する場合,在職時に行うのはなかなか気が引けるという場合が多いでしょう。そのため,退職後に未払い残業代等請求を行うことができるのかということが問題となってきますが,もちろん可能です。ただし,消滅時効などには気を付けておかなければならないでしょう。

退職後でも未払い残業代等を請求できるのかという問題について詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 退職後の未払い残業代等請求

未払い残業代等請求の基礎知識

前記のとおり,未払い残業代等を請求するためには,やはりある程度の未払い残業代等請求に関する基本的知識を修得しておくことは意味があります。そもそも賃金とは何か,残業代等の割増賃金とは何か,賞与やボーナスの請求は可能なのかなどを知っておくことは有益でしょう。

未払い残業代等請求の基礎知識を詳しく知りたいという場合には,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等請求の基礎知識

賃金支払いの5原則

残業代などの賃金は労働者の生活の糧となる重要な金銭です。そのため,この賃金の支払いに関しては,労働基準法上,非常に厳格な賃金支払いの原則が設けられています。この賃金支払いの原則には,通貨払い・直接払い・全額払い・定期払い・毎月払いの原則があります。

賃金支払いの5原則とはどのような原則なのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 賃金支払いの5原則とは?

年俸制の場合における未払い残業代請求

賃金が年俸制の場合,残業代などは発生しないと思われている方もすくなからずいらっしゃいますが,必ずしもそうとは限りません。年俸制だからといって残業代が発生しないわけではありません。むしろ,年俸制の場合であっても,未払い残業代を請求できるのが原則です。

年俸制の場合でも未払い残業代請求できるのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 年俸制の場合でも未払い残業代請求できるか?

未払い残業代等の計算の手順

未払い残業代等を請求するためには,この残業代等の金額を計算しておく必要があります。もっとも,この残業代等の計算は容易ではありません。労働基準法の知識だけでなく,各種の通達や,さらには裁判例などの知識がなければ,正確な金額を計算することはできません。

未払い残業代等の金額を計算するにはどのような手順で行えばよいのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等計算の手順

未払い残業代等の計算に関するよくあるご質問

未払い残業代等を請求するためには,前記のとおり,さまざまな法的知識を修得しておく必要があります。しかも,実際には分単位で計算すべきであり,日給制・月給制によっても計算方法が異なってきますし,割増率も種類によってことなってきますので,非常に細かい知識も必要となってきます。

未払い残業代等の計算に必要となる法的知識について詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等の計算に関するよくあるご質問・Q&A

未払い残業代等計算における除外賃金

未払い残業代等の計算には様々な法的知識が必要ですが,その中でも重要となる法的知識は,除外賃金の知識です。残業代等の割増賃金を計算するにあたっては,計算の基礎となる賃金の算出が不可欠ですが,この基礎賃金を算出するためには,除外賃金とは何かを知っておく必要があります。

未払い残業代等の計算において必要となる除外賃金とはどのようなものなのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 除外賃金とは何か?

未払い残業代等請求の争点

未払い残業代等請求には,非常に多くの争点があります。消滅時効や遅延損害金といった基本的な争点だけではなく,管理監督者の問題,固定残業代制度の問題,裁量労働制の問題,事業場外みなし労働時間制の問題など,難しい多くの法的争点を抱えている事件類型なのです。

未払い残業代等請求にはどのような争点があるのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等請求の争点

未払い残業代等請求権の消滅時効

未払い残業代等請求はいつまででもできるわけではありません。未払い残業代等を請求する権利には消滅時効があります。つまり,未払い残業代等請求ができる権利は,2年という短い期間で消滅し,その後請求することができなくなってしまうということです。

未払い残業代等請求の消滅時効に詳しく知りたいという方は,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等請求の消滅時効

未払い残業代等の遅延損害金

未払い残業代等請求をする際には,遅延損害金の請求も忘れてはいけません。残業代等が未払いの場合,支払い済みまでの間には遅延損害金が発生するのです。遅延損害金の利率は,相手方が会社であれば年6パーセント,退職後にはさらに14.6パーセントにもなります。

未払い残業代等請求における遅延損害金について詳しく知りたいという方は,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等の遅延損害金

未払い残業代等の付加金

未払い残業代等を訴訟において請求した場合,付加金というものが認められる場合があります。付加金とは,残業代等の未払いに対する制裁的な性質を持つものであり,未払い金と同額の付加金請求が認められています。つまり,場合によっては,残業代等の金額の合計で倍額を請求できるということです。

未払い残業代等請求における付加金とは何かについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等請求における付加金

労働者がとるべき残業代請求対策

近時は,未払い残業代等の請求が増えてきたこともあって,使用者・会社側において未払い残業代等請求対策などというものがとられていることがあります。したがって,この使用者側の未払い残業代等請求対策に対しては,労働者側でも一定の対策・準備をしておく必要があるでしょう。

労働者がとるべき未払い残業代等請求対策とはどのようなものなのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 労働者がとるべき未払い残業代等請求対策

未払い残業代等請求に必要となる証拠の収集

未払い残業代等請求において最も重要なことは,いかにタイムカードや就業規則などの証拠を準備できるのかということです。あらかじめ十分な証拠を用意することができれば,未払い残業代等請求において,労働者側が非常に有利となることは間違いないでしょう。

未払い残業代等請求に必要となる証拠をどのように集めるべきかについては,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等請求に必要となる証拠の収集

未払い残業代等請求の流れ

未払い残業代等請求は,まずは内容証明による請求書を送付して消滅時効を中断させ,その上で使用者側と交渉することが始まるのが一般的でしょう。交渉が上手くいかなかった場合には,労基署などの機関を利用するということもありますが,それでもうまくいかない場合には,最終的には裁判手続をとる必要があります。

未払い残業代等請求の手続はどのような流れで進んでいくのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 未払い残業代等請求手続の流れ

裁判外での未払い残業代等請求の手続

未払い残業代等請求については,裁判外においても,さまざまな紛争解決機関を利用することが可能です。代表的な機関は労働基準監督署ですが,それ以外にも,労働局や弁護士会のADRを利用するということも考えられます。また,労働組合による団体交渉なども有用でしょう。

未払い残業代等を請求するために利用できる裁判外手続にはどのようなものがあるのかについて詳しくは,以下のページをご覧ください。

>> 裁判外での未払い残業代等請求の手続

裁判による未払い残業代等請求の手続

未払い残業代等請求は裁判外で解決するという場合も少なくありませんが,やはり裁判外だけでは解決できないという場合もあります。その場合には,裁判手続を利用する必要があります。未払い残業代等請求のための裁判手続としては,調停・労働審判・訴訟といった手続があります。

未払い残業代等請求に利用できる裁判手続について詳しく知りたい方は,以下のページをご覧ください。

>> 裁判手続による未払い残業代等請求の手続

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

残業代請求のことならLSC綜合法律事務所まで

未払い残業代等請求の実績・経験豊富な弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,ご相談は当事務所にご来訪いただいての相談です。お電話・メールによる相談は承っておりません。あらかじめご了承ください。

>> 未払い残業代請求の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ