LSC綜合法律事務所イメージ

弁護士業務の関連記事

弁護士会とはどのような組織なのか?

弁護士会は,所属する弁護士の活動等を指導・監督する民間組織です。日本で弁護士となるためには,この各地の弁護士会に所属していなければならないとされています。

ここでは,この弁護士を指導・監督する弁護士会とはどのような組織なのかについてご説明いたします。

なお,弁護士業務関連の各種記事については,弁護士業務関連記事の一覧ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

弁護士会の加入強制

われわれ弁護士は,弁護士として(日本国内で)活動をするためには,各地にある「弁護士会」という組織に加入しなければならないとされています。

例えば,東京には,東京で事務所を構えて,あるいは,誰かの事務所に所属して弁護士として活動する場合には,東京の弁護士会に加入しなければならないのです。

ちなみに,東京には,「東京弁護士会」,「第一東京弁護士会」及び「第二東京弁護士会」の3つの弁護士会があります。

どこかの弁護士会に入るには,一応,その弁護士会に所属している弁護士2名以上の推薦が必要とされており,入会前にその推薦をもらうことになります。

>> 弁護士とはどのような職業なのか?

弁護士自治の確保

弁護士になるためには,どうして弁護士会に加入しなければならないかと言うと,その理由の1つに,「弁護士自治」を確立させることがあります。

弁護士自治とは,誰を弁護士にするか,どのように弁護士を懲戒するかなどは,行政や裁判所の監督によってではなく,弁護士自身が定めた規律によってすることを意味するとされています。

無論,そのような規律を定めるのは個々の弁護士だけではできませんから,一定の組織が必要ということになります。その組織が,弁護士会なのです。

かつて弁護士会は,司法大臣(今でいうところの法務大臣)の監督を受ける組織でした。そうすると,当然,弁護士会に所属している各弁護士もまた,行政の監督下にあったということになります。

しかし,弁護士の目的は人権擁護にあります。国家は人権最大の脅威であると言われているにもかかわらず弁護士がその監督下にあるというのでは,人権擁護の目的は到底達成できません。

その人権擁護という最大の目的を達成するには,弁護士は国家から独立したものでなければならないはずです。

そこで,戦後,弁護士法が制定され,弁護士会は監督官庁を持たない独立の組織とされ,全国的な規模の弁護士組織としての日本弁護士連合会(日弁連)が設立されました。

そして,各弁護士は,この日弁連に加入するとともに,日弁連の監督のもとに個別に活動を行うための組織である弁護士にも加入することが義務付けられ,弁護士自治が確立されたのです。

>> 日本弁護士連合会(日弁連)とはどのような組織か?

弁護士会の目的

弁護士法 第31条

第1項 弁護士会は,弁護士及び弁護士法人の使命及び職務にかんがみ,その品位を保持し,弁護士及び弁護士法人の事務の改善進歩を図るため,弁護士の指導,連絡及び監督に関する事務を行うことを目的とする。
第2項 弁護士会は,法人とする。

弁護士会は,弁護士自治に基づいて,弁護士の指導・連絡・監督を行います。

弁護士法1条から3条までに規定されている弁護士や弁護士法人の使命や職務の観点から考えて,品位を乱す行為をしないように指導監督したり,あるいは,その使命や職務をまっとうできるように各弁護士や弁護士法人をサポートするための指導監督や連絡を行うのです。

弁護士会の活動

前記のような弁護士の指導監督等のほかにも様々な活動が行われています。

たとえば,一般向けに各弁護士会主催の講演や講義が催されたり,法教育活動が行われたり,あるいは法律相談会なども行われたりもしています。

もちろん,弁護士の紹介なども行っていますので,困ったことが起きたけれども近くに弁護士がいないというような場合などは,最寄りの弁護士会に問い合わせてみるといいかもしれません。

各地の弁護士会の所在地

弁護士会は,日本各地の地方裁判所管轄内に1つ設置されています。

例外的に東京地方裁判所管轄内には前記の3つの弁護士会がありますが,他はすべて地方裁判所管轄に1つというように設立されています。北海道には4つの地方裁判所がありますから,4つの弁護士会があります。

それ以外は,東京を除いて各府県に1つずつあります。

また,それぞれの弁護士会には,各地の中心地に本部を置きつつも,他の地域に支部が置かれることもあります。たとえば,東京の場合には,各弁護士会が本部のほかに,多摩支部という支部を置いています。

日弁連という統一的な組織のもとで,各地で個別に活動する弁護士による団体としては最小単位の組織であることから,弁護士会のことを「単位会」と呼ぶこともあります。

>> 各地の弁護士会等の一覧

弁護士会という組織に関連する記事

弁護士会とは何かについて詳しく知りたい方は,以下の関連する記事もご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

各種法律問題で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,当事務所にご来訪いただいての相談となります。お電話・メールによる相談を承っておりませんので,あらかじめご了承ください。

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ