LSC綜合法律事務所イメージ

弁護士業務の関連記事

法曹(ほうそう)とは?

あまり一般的ではない用語ですが,「法曹(ほうそう)」という言葉があります。この法曹とは,通常,弁護士・検事・裁判官のことを指すと考えられています。

ここでは,この法曹とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

なお,弁護士業務関連の各種記事については,弁護士業務関連記事の一覧ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

法曹とは

「法曹(ほうそう)」という言葉は,あまり聞きなれない言葉かも知れません。

そもそもは,監獄の官吏を意味する言葉であったものが,後に法律を扱う官吏,つまりは裁判官や検察官を指す言葉として用いられるようになり,さらに,法律を扱う業務一般に用いられるようになったと言われています。

そのため,諸外国では,法律実務家全般だけでなく,法学者をも含む概念として用いられています。

もっとも,日本では,一般的に「法律実務家」うちでも特に,「弁護士」「検事」「裁判官」を指すものとして用いられています。そのため,この三者のことを「法曹三者」と呼ぶことがあります。

日本では,弁護士・検事・裁判官他にも,司法書士や社会保険労務士などさまざまな法律実務家職がありますが,諸外国では弁護士以外の法律実務職がないことや法曹一元がとられていることから,これらの実務家は「法曹」には含まれないものとするのが一般的でしょう。

また,法学者についても,日本では法曹とは区別されています。もっとも,法曹三者を「実務法曹」とし,法学者を「研究法曹」と呼ぶ場合もあるようです。

法曹三者の共通項

前記のとおり,弁護士・検事・裁判官のことを「法曹三者」と呼ぶ場合がありますが,この三者は,基本的に出自を同じくしています。

すなわち,司法試験に合格して司法修習を修了し,法律実務家としての資格を取得した者であるという共通項があるのです。

司法試験に合格すると「司法修習生」となることができ,司法研修所において「司法修習」と呼ばれる研修を受けることになります。

弁護士になる人も,検事になる人も,裁判官になる人も,みな一緒に研修を受けるのです。

この司法修習における最終考試(「2回試験」と呼ばれています。)に合格すると,司法修習を修了することができ,はれて各法曹資格を得ることができるようになります。

そして,それぞれが各法曹の職に就くことになります。

つまり,弁護士・検事・裁判官の法曹三者は,それぞれ立場こそ違いますが,同じ基本教育を受けているのです。

この司法試験・司法修習制度があることから,日本では,弁護士・検事・裁判官の三者のことを特に「法曹」と呼んで区別しているのです。

>> 司法修習とは?

法曹とは何かに関連する記事

法曹とは何かについて詳しく知りたい方は,以下の関連する記事もご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

各種法律問題で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,当事務所にご来訪いただいての相談となります。お電話・メールによる相談を承っておりませんので,あらかじめご了承ください。

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ