LSC綜合法律事務所イメージ

弁護士業務の関連記事

司法修習とは?

法曹(弁護士・検事・裁判官)になるためには,司法試験に合格した後に,司法研修所における「司法修習」という研修を修了しなければなりません。

ここでは,司法修習とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

なお,弁護士業務関連の各種記事については,弁護士業務関連記事の一覧ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

司法修習とは?

法曹弁護士検察官裁判官)となるためには,まず司法試験に合格する必要がありますが,それだけでは足りません。司法試験合格後に司法研修所において司法修習を修了しなければならないのです。

司法修習とは,言ってみれば,法曹の新人研修のようなものです。司法試験に合格したといっても,実務的な経験や知識は持っていないのが通常ですから,それらを補うために行われるものです。

司法修習を受ける者のことを,「司法修習生」といいます。

そして,修習の最後に「司法修習生考試」と言う修了試験が行われます。法曹を志すものにとっては,司法試験に次ぐ第2の試験という意味で,「二回試験」と呼ばれています。

この二回試験に合格すれば司法修習を修了でき,晴れて法曹となること資格を得ることができます。

>> 法曹とは?

司法修習の内容

司法修習には,大きく分けて2つのタイプの修習があります。それが「集合修習」と「実務修習」です。

集合修習とは,司法修習生が司法研修所において受ける修習のことをいいます。どのようなことをするかというと,研修所の教官らによる講義を受け,議論や各種書面の起案の練習をし,または模擬裁判などを行います。

実務修習とは,もっと実践的な実務を学ぶための修習で,司法修習のメインともいえるものです。修習生は日本各地へ分かれて,各地の地方裁判所,地方検察庁,法律事務所で法曹実務家の仕事を体験していきます。

>> 司法修習における実務修習とは?

司法修習のスケジュール

司法修習は,1年間をかけて行われます。かつては,司法修習の期間は2年ありましたが,その後,徐々に削減され,2年が1年半となり,1年半が1年4か月となり,現在では,1年ということになっています。

現在の司法修習では,まず最初の8か月間で分野別の実務修習が行われ,その後の4か月間は,集合修習および選択型の実務修習,そして司法修習生考試(二回試験)が行われます。

分野別実務修習は,11月下旬ころから開始されます。

分野別実務修習では,実務修習配属先の地方裁判所で「刑事裁判」と「民事裁判」の科目を,地方検察庁で「検察」科目を,弁護士会(実際には個々の法律事務所)で「(民事・刑事)弁護」科目を,それぞれ2か月ずつ行うことになります。

選択型実務修習および集合修習は,7月下旬ころから開始されます。それぞれ2か月行われます。

選択型実務修習は,配属先で用意されている修習プログラムを自ら選択するという実務修習です。

集合修習は,前記のとおり,司法研修所において,クラスごとに分かれて,研修所教官からの講義の受講や起案を行うという修習です。

司法修習に関連する記事

司法修習について詳しく知りたい方は,以下の関連する記事もご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

各種法律問題で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,当事務所にご来訪いただいての相談となります。お電話・メールによる相談を承っておりませんので,あらかじめご了承ください。

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ