LSC綜合法律事務所イメージ

日の出町の皆様へ

日の出町で残業代請求の法律相談をお探しの方へ

労働基準法は,使用者が労働者を1日8時間または1週40時間を超えて時間外労働させた場合,法定休日に労働させた場合,午後10時から翌午前5時まで労働させた場合には,それぞれ基本となる賃金に一定の割増率を乗じた割増賃金を支払わなければならないと明確に規定しています。

ところが,この規定が遵守されていない場合が少なくありません。いわゆるサービス残業などと呼ばれる場合ですが,このような場合,もちろん労働者は使用者に対して割増賃金の支払いを請求することができます。

しかし,実際には,この割増賃金請求は容易ではありません。自分よりも強い立場にある使用者・会社と闘わなければならないからです。

したがって,労働者が使用者・会社と対等に闘うためには,法律の専門家である弁護士のサポートが重要となってきます。

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,これまでに数十種の業種・業界における未払い残業代請求のご相談をおうかがいしてきております。もちろん実際に回収してきています。

もし西多摩郡・日の出町で未払い残業代等請求をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 未払い残業代請求の経験豊富な弁護士のご案内

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所における残業代請求のお取り扱い

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,未払い残業代請求のご相談・ご依頼を承っております。

ご相談は30分5000円(税別)です。

未払い残業代請求をご依頼いただく場合の着手金については,相手方に対して請求する金額によって異なります。

東京都西多摩郡の日の出町で弁護士による未払い残業代等請求の法律相談をお探しの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所にお任せください。

>> LSC綜合法律事務所の残業代請求の弁護士費用

未払い残業代の遅延損害金

未払い残業代等を請求する場合に,忘れてはいけないのが「遅延損害金」の請求です。要するに,支払期日を過ぎてしまったことに対する損害賠償を支払ってもらうということです。「遅延利息」などとも呼ばれます。

相手方の使用者が会社である場合,この遅延損害金の利率は年6パーセントの割合になります。会社でなくとも商人といえる場合であればやはり6パーセントです。

さらに未払い残業代など割増賃金については,退職後は遅延損害金の利率が変わることも注意が必要です。すなわち,退職後の未払い残業代等の遅延損害金は,年14.6パーセントになります。

未払い残業代を請求する場合には,必ず,この遅延損害金も一緒に請求しておくべきでしょう。

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,未払い残業代等請求のご相談やご依頼を承っております。

西多摩郡・日の出町で未払い残業代等請求の経験豊富な弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,当事務所にお任せください。

>> 未払い残業代等請求における遅延損害金

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内・アクセス

西多摩郡日の出町で未払い残業代請求の法律相談をお探しの方に,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所とはどのような弁護士事務所なのか,また事務所までのアクセスなどについてご案内いたします。

>> LSC綜合法律事務所の概要

日の出町からLSC綜合法律事務所までの道のり

LSC綜合法律事務所は立川の弁護士事務所です。JR立川駅南口または多摩モノレール立川南駅から徒歩約5分のところにあります。

日の出町からはバスのご利用が可能です。西東京バスで拝島まで行っていただき,JR鉄道で青梅線に乗車していただいければ立川までは直通です。

LSC綜合法律事務所までの地図

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

日の出町 関連リンク

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ