LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

遺産分割

遺産分割の期限・消滅時効

相続人間での遺産争いを解決するための法的手続として「遺産分割」がありますが,この遺産分割をすることについては,特別な期限や消滅時効はありません。

ここでは,遺産分割の期限や消滅時効について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

遺産分割のご相談については,弁護士による遺産分割の法律相談のご案内ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

遺産分割の期限・消滅時効

遺産分割についてご相談をおうかがいする際に,よくあるご質問として,「遺産分割はいつまでにすればよいのか?」というご質問があります。

結論から言えば,遺産分割はいつまでにしなければならないという期限は設けられていません。また,遺産分割を他の共同相続人等に請求する権利も,消滅時効によって無くなってしまうということもありません。

たとえば,相続放棄限定承認については相続開始を知った時から3か月という期間(熟慮期間)が設けられていますし,遺留分減殺請求についても消滅時効や除斥期間が設けられていますが,遺産分割にはそのような期限や時効は設けられていないのです。

したがって,法的にいえば,遺産分割はいつでもできるということになります。

しかし,相続財産(遺産)をいつまでも誰のものか確定させないままでおくと,後に,その財産の処分等が問題となった場合にトラブルを生じることになります。

実際,遺産分割未了財産の処分等のトラブルは少なくありません。

また,後述のとおり,遺産分割すること自体に期限はありませんが,遺産分割をしていようといまいと相続税等の申告期限は決められていますし,個々の相続財産は時効により消滅することもあり得ます。

やはり,相続財産がある場合には,将来生じ得るトラブルを回避するためにも,遺産分割を必ずしておくべきでしょう。

>> 遺産分割とは何か?

相続税等の申告・納付との関係

前記のとおり,遺産分割には期限はありません。しかし,遺産相続において忘れてはいけないことは,税金の問題です。

相続によって財産を取得した場合,相続税の申告・納付しなければなりません。この申告・納付の期限は,相続の開始を知った時から10か月とされています。

この相続税の申告・納付期限内に申告をしないと,加算税を課されることになり,納付をしなければ延滞税を課されることになります。

この申告・納付期限は,遺産分割が完了しているかどうかに関わらないものとされています。

つまり,遺産分割が終わっていなかったとしても,とりあえず法定相続分の限度で申告・納付はしておかなければならないのです。

したがって,遺産分割に期限はないといっても,可能なのであれば,10か月以内に決着をつけておいた方が無難であるということにはなります。

なお,10か月以内に遺産分割が終わらず,法定相続分でとりあえず相続税を納付した場合には,遺産分割の手続内でその支払った相続税について調整することになります。

>> 相続財産が遺産分割されていない場合の申告(国税庁HPから)

個々の相続財産の消滅時効との関係

前記のとおり,遺産分割を請求する権利には消滅時効というものはありません。しかし,個々の相続財産については別です。個々の相続財産については,時効によって消滅することがあり得ます。

たとえば,債権です。相続財産として債権があったという場合,遺産分割をしていようといまいと,時効中断措置をとらない限り,その債権の消滅時効期間は進行していきます。

したがって,どの共同相続人も時効中断措置をとらないままで消滅時効期間が満了してしまった場合,その後に遺産分割によってその債権を取得したとしても,債務者から消滅時効を援用されてしまうと,もはやその債権は消滅し,債権を回収することができなくなるのです。

最も典型的な債権としては,銀行預金払戻債権などがあります。

実務的にはあまりないでしょうが,もし預金債権が時効によって消滅してしまうと,仮に遺産分割で預金をもらえることになったとしても,その預金の払い戻しができなくなってしまうということです。

したがって,遺産分割には期限はないといっても,個々の相続財産それ自体には消滅時効があることもありますので,その点には注意をしておく必要があります。

遺産分割の期限・消滅時効に関連するページ

遺産分割の期限・消滅時効についてより詳しく知りたい方は,以下の関連ページもご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

遺産分割のことならLSC綜合法律事務所まで

遺産争いでお困りの方,遺産分割で弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。法律相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

>> 弁護士による遺産分割の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ