LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

遺産分割

遺産分割の手続に関するよくあるご質問

遺産争いを解決するための法的手続である遺産分割には,相続人間による裁判外での協議のほかに,家庭裁判所による遺産分割調停・遺産分割審判といった裁判手続があります。

ここでは,遺産分割協議・調停・審判などの手続に関するよくあるご質問について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がQ&A形式でお答えいたします。

遺産分割の手続に関するよくあるご質問

遺産分割のご相談については,弁護士による遺産分割の法律相談のご案内ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

遺産分割の方法

Q. 遺産分割にはどのような手続があるのですか?
A. 遺産分割には,相続人間による遺産分割協議,家庭裁判所による遺産分割調停・遺産分割審判といった手続があります。
Q. 遺産分割の手続には順番があるのでしょうか?
A. はい。遺産分割は,まず相続人間の協議によって行うものとされています。協議が調わなかった場合などには,裁判所の手続を利用することになります。裁判所の手続には,遺産分割調停と遺産分割審判がありますが,調停をまず行い,不調に終わった場合に審判を行うというのが通常です。

遺産分割協議

Q. 遺産分割協議とはどのような手続ですか?
A. 遺産分割協議とは,裁判外で相続人間で話し合いをして遺産分割方法を決めるという手続のことをいいます。
Q. 遺産分割協議では,法定相続分と異なる分割を決めることができますか?
A. はい。遺産分割協議においては,法定相続分と異なる分割方法を定めることができます。
Q. 遺産分割協議では,遺言と異なる分割を決めることができますか?
A. はい。遺言がある場合であっても,それと異なる方法を遺産分割協議で決めることができます。
Q. 遺産分割協議がまとまった場合にはどうすればよいですか?
A. 遺産分割協議は口頭によるものでも効力を有しますが,後に言った言わないの紛争になるのを防ぐため,遺産分割協議書を作成しておくべきでしょう。
Q. 遺産分割協議を取り消すことはできますか?
A. はい。遺産分割協議も,それが詐欺・強迫などによるものであれば取り消すことが可能です。
Q. 遺産分割協議が無効となることはありますか?
A. はい。共同相続人の一部を除外して行われた場合や相続人でない者が参加して行われた場合などは,遺産分割協議が無効となることがあります。また,強行法規・公序良俗に反する遺産分割協議も無効とされます。
Q. 遺産分割協議を解除することができますか?
A. いいえ。遺産分割において相続人の1人が何らかの負担を履行することが決められたにもかかわらず,それを履行しなかった場合でも,遺産分割協議を債務不履行を理由として解除することができないと解されています。ただし,相続人間の合意によって解除することは可能と解されています。

遺産分割調停

Q. 遺産分割協議がまとまらなかった場合にはどうすればよいでしょうか?
A. 遺産分割協議がまとまらなかった場合には,遺産分割の裁判手続をとる必要があるでしょう。具体的には,遺産分割の調停と審判があります。
Q. 遺産分割調停はどのような場合に申し立てることができるのですか?
A. 遺産分割協議がまとまらなかった場合や遺産分割協議に応じない共同相続人がいる場合です。
遺産分割協議をせずに,遺産分割調停を申し立てることはできますか?
A. いいえ。遺産分割協議を行ってから(または協議を試みてから)でないと,遺産分割調停を申し立てることはできません。
Q. 遺産分割調停は,どの裁判所に申し立てればよいのですか?
A. 遺産分割調停は,相手方のうちの1人の住所地または当事者が合意で定める場所を管轄する家庭裁判所に申し立てることになります。
Q. 遺産分割調停とはどのような手続ですか?
A. 遺産分割調停とは,裁判官または家庭裁判所が選任した調停委員を間に入れて,相続人間で話し合いをするという裁判手続です。
Q. 遺産分割調停がまとまった場合にはどのような手続がとられるのでしょうか?
A. 遺産分割調停がまとまると,家庭裁判所によって調停調書が作成されます。この調停調書には,確定判決と同様の強制的な効力があります。

遺産分割審判

Q. 遺産分割調停が不調に終わった場合にはどうなるのでしょうか?
A. 遺産分割調停が不調に終わった場合には,自動的に遺産分割審判に移行します。
Q. 遺産分割協議をせずに,遺産分割審判を申し立てることはできますか?
A. いいえ。遺産分割協議をせずに遺産分割審判を申し立てることはできません。まずは遺産分割協議をすること(または試みること)が求められます。
Q. 遺産分割調停を申し立てずに,遺産分割審判を申し立てることはできますか?
A. 遺産分割調停を経ずに,いきなり審判を申し立てることも,法律上は可能です。もっとも,実際には,いきなり遺産分割審判を申し立てても,まずは遺産分割調停に付されるのが通常です。
Q. 遺産分割審判はどの裁判所に申し立てればよいですか?
A. 遺産分割審判は,被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てることになります。
Q. 遺産分割審判とはどのような手続ですか?
A. 家庭裁判所が,当事者の主張・立証または遺産分割協議・調停の内容等を勘案して,遺産分割の内容を定めるという裁判手続です。
Q. 遺産分割審判がなされると完全にその内容で確定してしまうのでしょうか?
A. いいえ。遺産分割の審判に対しても不服を申し立てることは可能です。具体的には,審判告知の日から2週間以内であれば即時抗告することができます。即時抗告されると,高等裁判所において抗告訴訟が行われ,遺産分割審判とは異なる判断がなされることはあり得ます。

遺産分割手続に関連するページ

遺産分割の各種手続についてより詳しく知りたい方は,以下の関連ページもご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

遺産分割のことならLSC綜合法律事務所まで

遺産争いでお困りの方,遺産分割で弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。法律相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

>> 弁護士による遺産分割の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ