LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

自己破産(個人)

自己破産(個人)に関連する記事の一覧

自己破産で借金の悩みから解放されます 借金の支払い義務が免除されます 全財産を処分する必要はありません 管財人実績もあり 借金相談2000件 申立て実績200件 相談無料

自己破産は,借金の支払義務が免除されるという非常に強力な効果を持っており,借金問題の解決に有効な手段です。しかし,自己破産の手続も裁判手続ですから,当然,専門的な法的知識が必要とされます。

そのため,自己破産を申し立てるにしても,ある程度の法的知識は知っておいた方が良いことは間違いありません。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の自己破産に関する各種の法的知識や手続に関する各種情報をご提供していきます。このページの以下では,自己破産(個人)に関する記事をご紹介いたします。

なお,債務整理・自己破産の申立てをお考えの方がいらっしゃいましたら,お気軽にご予約ください。ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所における個人の自己破産申立ての実績・経験やお取り扱いについては個人の自己破産申立ての経験豊富な弁護士をお探しの方へをご参照ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

個人の自己破産申立ての経験豊富な弁護士のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,これまでに,自己破産も含めて2000件以上の借金相談を受け,200件以上の自己破産申立て実績があり,免責不許可となった事例はありません。また,東京地方裁判所立川支部で破産管財人にも選任されています。

個人の自己破産申立ての経験豊富な弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 自己破産申立ての経験豊富な弁護士のご案内

弁護士による自己破産(個人)の無料相談のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,弁護士による自己破産のご相談は「無料」です。自己破産申立ての経験・実績が豊富な弁護士が,直接,ご相談をうかがいます。お電話【 042-512-8890 】からご予約ください。お待ちしております。

LSC綜合法律事務所で弁護士による個人の自己破産申立ての無料相談をご希望の方は,以下のページもご覧ください。

>> 弁護士による個人の自己破産申立ての無料相談

自己破産申立て(個人)のご依頼をお考えの方へ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所に,自己破産申立て(個人)のご依頼をお考えの方へ向けて,自己破産とは何か,手続はどのように進むのか,どのような注意点があるのか,そのような準備が必要となるのか等についてご案内いたします。

LSC綜合法律事務所個人の自己破産申立てのご依頼をご希望の方は,以下のページもご覧ください。

>> 自己破産申立て(個人)のご依頼をお考えの方へ

自己破産(個人)の弁護士報酬・費用のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の自己破産申立てのご依頼も承っております。ご依頼の場合の弁護士報酬については,すべて明確にご提示し,契約書にも明記しておりますのでご安心ください。また,弁護士報酬は分割払いが可能(むしろ分割が原則)です。

LSC綜合法律事務所における個人の自己破産申立ての弁護士報酬・費用については,以下のページをご覧ください。

>> 個人の自己破産申立ての弁護士報酬・費用

自己破産申立てを弁護士に依頼するメリット

自己破産も裁判手続です。単なる届出ではなく,裁判によって借金の支払義務の免除を受けるという手続ですから,他の裁判手続と同様に,法的な知識が必要となることはいうまでもありません。したがって,確実に自己破産申立てをするためには法律の専門家である弁護士のサポートが必要となってくるでしょう。

個人の自己破産申立てを弁護士に依頼するメリットにはどのようなものがあるのかについては,以下のページをご覧ください。

>> 個人の自己破産申立てを弁護士に依頼するメリットのQ&A

自己破産・免責とは?

破産手続は,裁判所に選任された破産管財人により,破産者の財産を換価処分してそれによって得た金銭を債権者に弁済または配当する手続です。借金の支払義務を免除するかどうかを判断する手続は免責手続といい,破産手続とは別個の手続となりますが,実際には同時並行で手続が進められていきます。

自己破産・免責とは何かについては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産・免責のQ&A

自己破産のメリット・デメリット

自己破産をして免責が許可されると,借金の支払義務が免除されるという非常に強力なメリットがあります。しかし,それだけに,ブラックリストへの登録,一定の財産の処分,資格の制限など,自己破産の手続には,デメリットも少なからずあることは確かです。

自己破産にはどのようなメリット・デメリットがあるのかついては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産のメリット・デメリットのQ&A

自己破産に対する誤解

自己破産には,免責という強力な効果がある反面,いくつかのデメリットがあることは間違いありません。しかし,そのデメリットが誇張され過ぎている風潮があります。自己破産をすべきかどうかを検討する際には,その誤解を解消して,正しい知識に基づいて判断をする必要があります。

自己破産に対してはどのような誤解があるのかついては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産に対する誤解

自己破産による親や家族・夫婦間への影響

自己破産には,たしかにデメリットがありますが,そのデメリットが生じるのは破産者の方だけで,ご家族などに破産のデメリットが生じることはありません。ただし,ご家族が保証人である場合や,何らかの不正に加担していたような,自己破産手続の影響を受けることはあり得ます。

自己破産によって親や家族・夫婦間に影響が生じることがあるのかついては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産による親や家族・夫婦間への影響

少額管財手続と同時廃止手続

破産手続は,裁判所に選任された破産管財人が,破産者の財産を調査・管理・換価処分して債権者に弁済や配当をするという「管財手続」がありますが,例外的に破産管財人が選任されない簡易迅速な「同時廃止手続」もあります。また,管財手続の予納金を少額化した「少額管財」という運用もなされています。

自己破産における少額管財手続と同時廃止手続とはどのような手続なのか,どのような違いがあるのかなどついては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産における少額管財と同時廃止のQ&A

自己破産・少額管財手続の流れ

破産管財手続のうち,引継予納金を少額化した運用を少額管財と呼んでいます。弁護士が代理人の場合に適用されます。少額管財においては,破産管財人の負担を軽減するために,通常管財よりも手続が簡易化されており,申立てから概ね2~3か月で集結するのが一般的です。

破産・少額管財の手続はどのような流れで進むのかついては,以下のページをご覧ください。

>> 少額管財手続の流れ

自己破産・同時廃止手続の流れ

破産手続は管財手続が原則ですが,例外的に,破産管財人が選任されない同時廃止手続となることもあります。同時廃止手続の場合には,破産手続の開始と同時に手続が廃止され,後に免責審尋が行われるだけになります。そのため,複雑な調査や手続がほとんどなされずに,すべての手続が終了することになります。

破産・同時廃止の手続はどのような流れで進むのかついては,以下のページをご覧ください。

>> 同時廃止手続の流れ

自己破産における財産の処分

自己破産においては,破産者の財産は処分されることになります。もっとも,個人の自己破産の場合,すべての財産が処分されるわけではありません。自由財産と呼ばれる生活に必要となる財産については処分が不要とされています。裁判所によっては,自由財産の範囲をあらかじめ拡大してくれているところもあります。

自己破産においてはどのような財産の処分が必要となるのかついては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産における財産の処分のQ&A

自由財産(まとめ)

個人の自己破産の場合には,自由財産と呼ばれる一定の財産については処分しなくてもよいものとされています。どのような財産が自由財産となるのかについては法律で定められています。また,法定のもの以外でも,裁判所が自由財産の拡張を認めてくれる場合もあります。

自己破産における自由財産とはどのような財産なのかついては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産における自由財産(まとめ)

免責不許可事由のQ&A

自己破産を申し立てれば,常に免責が許可されるわけではありません。破産法に定められている一定の事由が存在する場合には,免責が不許可になってしまうこともあります。この事由のことを「免責不許可事由」といいます。ただし,免責不許可事由があっても,裁判所の裁量で免責が許可されることもあります。

自己破産における免責不許可事由とはどのようなものなのかついては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産における免責不許可事由のQ&A

免責不許可事由(まとめ)

どのような事由が免責不許可事由となるのかについては,破産法に規定がされています。たとえば,財産を隠匿した場合,ギャンブルや投機によって借金を著しく増やした場合,換金行為を行った場合,ヤミ金から著しく高利で借入れをした場合,裁判所や破産管財人の調査に協力にしなかった場合などがあります。

自己破産における免責不許可事由となる事由の種類ついては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産における免責不許可事由(まとめ)

裁量免責とは?

免責不許可事由がある場合,原則として,免責は不許可となり,借金の支払義務を免れることができません。もっとも,免責不許可事由があると,絶対に免責が許可されないわけではありません。裁判所の裁量によって免責が許可されることもあります。これを「裁量免責」といいます。

免責不許可事由があっても免責が許可される裁量免責とは何かついては,以下のページをご覧ください。

>> 免責不許可事由があると免責は認められないのか?(裁量免責)

非免責債権とは?

免責不許可事由があると免責が不許可になることがありますが,その免責不許可事由があるか否かにかかわらず,つまり免責不許可事由がなくても,免責がなされない特定の債権があります。これを「非免責債権」といいます。たとえば,税金などがこれに当たります。

非免責債権とは何かついては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産における非免責債権(まとめ)

自己破産の申立てのQ&A

自己破産を申し立てるためには,各種の財産や免責不許可事由の有無などを調査した上で,破産手続開始・免責許可の申立書を作成し,また,この申立書に添付しなければならない債権者一覧表などの各種の書類や,申立書の内容に沿った疎明資料を準備しておく必要があります。

自己破産の申立ての手続・調査・申立書の作成などについては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産の申立てのQ&A

自己破産の本人申立て

自己破産の申立ては,弁護士に依頼せずに破産者の方ご本人だけですることも可能です。これを本人申立てと呼ぶことがあります。ただし,本人申立ての場合には,少額管財の運用を利用できません。そのため,弁護士に依頼した場合よりも,かえって費用がかかってしまう場合もあり得ます。

自己破産の本人申立て手続の流れについては,以下のページをご覧ください。

>> 自己破産の本人申立て

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

自己破産のことならLSC綜合法律事務所へ

自己破産申立ての実績・経験豊富な弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士LSC綜合法律事務所にお任せください。無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※ご相談は無料ですが,ご来訪いただいての相談となります。日弁連「債務整理事件処理の規律を定める規程」により,お電話・メールによる相談は承っておりませんので,あらかじめご了承ください。

>> 自己破産の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ