LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

自己破産(個人)

自己破産による親・家族・夫婦間への影響

いざ自己破産をしようという場合に,不安に思われることは,自己破産をすると,親や家族,夫または妻に対して迷惑をかけるのではないかということではないでしょうか。

しかし,自己破産をしたからといって,それだけで家族等に迷惑がかかることは原則としてありません。何らかの影響が生じるとすれば,連帯保証人である場合など一定の場合に限られるでしょう。

ここでは,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,自己破産による親・家族・夫婦間対する影響についてご説明いたします。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所における個人の自己破産申立ての実績・経験やお取り扱いについては個人の自己破産申立ての経験豊富な弁護士をお探しの方へをご参照ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

親や家族・夫婦間への影響

自己破産のご相談の際に,よくおうかがいするご質問として,自己破産をすると,親や家族,または夫または妻などに迷惑がかかるのではないか,というご質問があります。

たしかに,自己破産には,ブラックリストに登録される,財産を処分しなければならない,資格が制限されるなどのデメリットはあります。

しかし,これらのデメリットは,あくまで破産者の方ご本人に生じるものです。いくら家族や夫婦であるからといって,破産をしていない人にまで影響が及ぶものではありません。

したがって,自己破産によって生じるデメリットについては,ご家族の方などに迷惑がかかることは,原則として無いといってよいでしょう。

もっとも,後述するとおり,一定の場合には,破産のデメリットが生じるというわけではありませんが,自己破産をしたことにより,ご家族や配偶者の方に影響が生じるということがないわけではありません。

>> 自己破産のメリット・デメリットのQ&A

保証人・連帯保証人である場合

自己破産による影響がご家族や配偶者の方に生じる場合の際たる場合は,やはり,その親御さんや,ご家族,配偶者の方が,保証人・連帯保証人となっている場合です。

自己破産において免責が許可されれば,債権者は,配当以外ではもはや債権を満足することができません。そして,通常は,ほとんど回収できずに終わるということになるでしょう。

したがって,債権者は,債権を回収するために,その債権の保証人や連帯保証人に請求をすることになります。

しかも,自己破産をすると,債権の期限の利益が失われるのが通常です。つまり,分割払いはなくなり,債権者は,保証人や連帯保証人に対し,一括払いを求めることができるようになるということです。

このように,ご家族やご夫婦の一方が保証人や連帯保証人となっている場合,自己破産をすることによって,債権者から一括払いを請求されることになるという影響が生じます。

否認権行使の対象となる場合

自己破産の影響がご両親・ご家族や配偶者の方に生じる場合として,もう1つよくある場合が否認権行使の場面です。

要するに,自己破産される方の財産を,自己破産する前に,ご家族や配偶者の方などに移してしまっているという場合です。

このような場合,破産管財人が,否認権行使により,ご家族や配偶者の方などに対して,その財産の破産財団への返還を求めることがあります。

なお,その財産を移した事情が,故意の財産隠匿などで,ご家族もそれを知っていたというような悪質な場合には,否認権行使だけでなく,破産犯罪に問われることもあります。

自己破産による親や家族・夫婦間への影響に関連するページ

自己破産による親や家族・夫婦間への影響についてより詳しく知りたい方は,以下の関連ページもご覧ください。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

自己破産のことならLSC綜合法律事務所へ

自己破産申立ての実績・経験豊富な弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士LSC綜合法律事務所にお任せください。無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※ご相談は無料ですが,ご来訪いただいての相談となります。日弁連「債務整理事件処理の規律を定める規程」により,お電話・メールによる相談は承っておりませんので,あらかじめご了承ください。

>> 自己破産の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ