LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

交通事故(人身・傷害事故)

人身・傷害事故(後遺障害なし)において認められる消極損害とは?

交通事故に遭った場合,賠償を請求できる財産的損害には,積極損害と消極損害があります。ここでは,人身・傷害事故(後遺障害なし)において認められる消極損害についてご説明いたします。

人身・傷害事故(後遺障害なし)において認められる消極損害とは?

なお,弁護士によるご相談については,交通事故損害賠償請求の法律相談・ご依頼のページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

人身・傷害事故(後遺障害なし)における損害

交通事故の被害にあったとしても,「損害」がなければ損害賠償を請求できません。この賠償請求が認められる損害には,財産的損害精神的損害があります。

さらに,財産的損害は,積極損害と消極損害に区別することができます。

積極損害とは,交通事故によって余儀なくされた支出を損害とするもので,消極損害とは,交通事故に遭わなければ得られたであろう利益を失ったことを損害とするものです。

後遺障害のない人身・傷害事故の場合にも積極損害が認められますが,それだけではなく,消極損害も認められる場合があります。

>> 人身・傷害事故(後遺障害なし)において認められる損害

消極損害

前記のとおり,後遺障害のない人身・傷害事故の場合にも,消極損害が認められる場合があります。

消極損害とは,前記のとおり,交通事故に遭ったことによって,交通事故がなければ本来得られていたはずの利益を失ってしまった場合に,その「得べかりし利益(逸失利益)」を損害としてみるというものです。

この逸失利益には,交通事故によって休業を余儀なくされた場合に,その休業期間によって失った利益を損害として扱う「休業損害」があります。

この休業損害は,後遺障害のない人身・傷害事故においても認められる場合があります。

>> 消極損害とは?

人身・傷害事故における休業損害

後遺障害のない人身・傷害事故の場合であっても,その受傷の程度によっては,休業を余儀なくされる場合があります。そうなると,当然のことながら,その休業期間中は収入を得ることができなくなります。

この交通事故によって余儀なくされた休業中に得られたであろう利益は,休業損害として賠償を請求できることになります。

休業損害は,以下の計算式によって算定されることになります。

【休業損害 = 1日当たりの基礎収入 × 休業日数】

休業損害の算定は,上記のとおり計算式自体は単純です。しかし,基礎収入をどのように確定するか,休業日数をどこまで認めるかなどについては容易ではありません。

たとえば,基礎収入については,給与所得者であれば,勤務先からの休業損害証明書や源泉徴収票をもとに,自営業者であれば,確定申告書や課税証明書などをもとに算定されることになります。

しかし,主婦や会社役員などについてはどのように取り扱うべきかは問題となってきますし,また,個人事業者の経費をどこまで考慮すべきかなども問題となることがあります。

休業日数についても,入院をしていた場合はともかく,通院期間を休業日数に含めるべきかなどは,個々の事情にもよりますが,問題となってくる場合があります。

>> 休業損害とは?

傷害事故(後遺障害なし)における消極損害の関連ページ

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

交通事故損害賠償のことならLSC綜合法律事務所

交通事故損害賠償請求で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

※なお,お電話・メールによる相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談が原則です。あらかじめご了承ください。

>> 交通事故損害賠償請求の法律相談・ご依頼

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ