LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

労働者の労働問題の基本・基礎知識

労働法とは?

労働基準法をはじめとする各種の労働関連法令を体系化したものを労働法と呼ぶことがあります。ここでは,労働法とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

なお,労働事件・雇用問題に関するご相談は,弁護士による労働事件・雇用問題の法律相談をご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

労働法とは

労働事件には,未払い残業代等の請求をはじめとして,さまざまな問題があります。それだけに,労働事件に関する法令にはさまざまなものがあります。

この労働事件に関連する諸法令を体系化したものを「労働法」と呼んでいます。労働法という名称の法律があるわけではありません。あくまで,労働法というのは講学上の概念です。

労働三法

労働法に含まれる法律には,主要なものだけでも非常に多くのものがあります。

しかし、その中でも特に中心となるのが,「労働基準法」「労働組合法」「労働関係調整法」です。この3つの法律は,「労働三法」と呼ばれることがあります。

労働基準法は,労働条件の最低限の基準を定める法律です。賃金労働時間などの労働条件について,その基準を定めています。未払い残業代等請求をする場合にも,最も必要となってくる法律です。

労働組合法は,文字どおり,労働組合について規定する法律です。労働組合の結成,組合と使用者との団体交渉や団体行動等の労働組合の活動について定めています。

労働関係調整法は,労働組合による争議行為などを調整するための法律です。具体的には,労働委員会によるあっせん,調停,仲裁などの手続が定められています。

その他の労働法

前記労働三法の他にも,労働法に含まれる法令は数多くあります。

例えば,労働契約法です。労働基準法は労働条件の最低基準を定めていますが,民事的な労働契約のルールを明確に定めたものではありません。

そこで,労働契約における民事上のルールを明確化した法律が,この労働契約です。

また,未払い残業代等請求に関するものとしては,賃金の最低金額の基準を定める最低賃金法や,残業代等の賃金の支払いを確保するために各種の法規制を設けている「賃金の支払い確保等に関する法律」なども挙げられるでしょう。

労働法に関連する記事

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

労働者側の労働事件ならLSC綜合法律事務所まで

労働者側での労働事件でお困りの方,労働事件に精通した弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

労働者側労働事件・雇用問題の法律相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

>> 弁護士による労働事件・雇用問題の法律問題

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ