LSC綜合法律事務所の取扱業務イメージ

相続放棄

相続放棄の手続の流れ

借金などの負債・債務を相続してしまうおそれがある場合,負債・債務の承継を避けるための法的手続として「相続放棄」という手続があります。

ここでは,相続放棄の手続の流れについて,その概要をご説明いたします。

相続放棄のご相談については,弁護士による相続放棄の法律相談のご案内をご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

STEP1 相続財産の調査

相続放棄をするためには,相続財産をあらかじめ調査しておく必要があります。完璧に行うことまでは必要ないでしょうが,ある程度,どのような財産があるかは把握しておく必要があります。

次へ

STEP2 熟慮期間の確認

相続放棄ができるのは,相続の開始を知った時から3か月とされています。この期間のことを「熟慮期間」と呼んでいます。相続放棄をする場合には,この熟慮期間については常に気を付けておく必要があります。

なお,熟慮期間内に相続財産が把握できないため,放棄すべきかどうか判断できないというような事情がある場合には,相続放棄の申述の前に,熟慮期間伸長の申述をしておかなければなりません。

>> 法定単純承認とは?

次へ

STEP3 相続放棄の申述書の作成

相続放棄は,家庭裁判所に相続放棄の申述をします。この申述は,申述書を提出する方法によって行うことになります。

相続放棄申述書は各家庭裁判所に用意されているので,記入例に従って記載して作成することができます。

次へ

STEP4 家庭裁判所への相続放棄の申述

家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出して,相続放棄の申述をします。

申述書には,被相続人の戸籍附票,申述人の戸籍謄本,被相続人の死亡の記載のある除籍謄本・改製原戸籍謄本,収入印紙(申述人1人につき800円),郵券(裁判所によって異なります。)などを添付します。

次へ

STEP5 家庭裁判所による調査

STEP3で相続放棄の申述をすると,裁判所から相続財産等に関する照会書が送られてくる場合がありますので,これに回答します。

次へ

STEP6 相続放棄申述の受理

家庭裁判所からの質問などに回答した結果,相続放棄を認めることが打倒と判断された場合には,相続放棄の申述が受理されることになります。

次へ

STEP7 相続放棄申述受理証明書の交付

後に債権者から請求された場合に備えて,相続放棄をしたことを証明する書面を,家庭裁判所からもらっておく必要があります。

相続放棄申述受理証明書は,当然にもらえるわけではないので,別途,証明書の交付を家庭裁判所に申請する必要があります。証明書の交付には,1通につき収入印紙150円が必要です。

次へ

相続放棄手続の流れに関連するページ

相続放棄の手続の流れ等についてより詳しく知りたい方は,以下の関連ページもご覧ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

相続放棄のことならLSC綜合法律事務所まで

相続放棄の申述で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。無料相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ