LSC綜合法律事務所イメージ

清瀬市の皆様へ

清瀬市で弁護士による法律相談をお探しの方へ

例えば,コンビニエンスストアやスーパーマーケットで買い物をするという場合,我々はその店で何らかの物品を購入するわけですが,これは,法的にいえば,その店との間で,売買契約という法律行為をしていることになります。

また,会社に勤めているのであれば,その会社との間で雇用契約を締結しているということですし,金融機関からお金を借りているのであれば,その金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結しているということです。

何をお伝えしたいのかというと,つまり,われわれの生活の多くの部分において法律の規律が及んでいるということです。事業を経営しているのであれば,さらに法律の規律の及ぶ範囲は拡大していきます。

このように多くの場面において法律の規律が及んでいる以上,場合によっては法的なトラブルが生ずることも避けられないということになります。

そして,そのような法的紛争が生じてしまった場合には,法的な対処が必要となります。専門的な対応が必要となる場合であれば,法律の専門家である弁護士にご相談・ご依頼いただくのが適当であるといえあます。

法律相談料は30分5500円です。なお,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

東京都清瀬市にお住まいの方や事業をなされている方で,弁護士に相談・依頼したいことがある,弁護士事務所を探しているという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所までご連絡ください。お待ちしております。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所の取扱業務について

東京 多摩 立川の弁護士では,中小企業の方の事業に関わる法的トラブルのご相談・ご依頼や,個人の方の生活に関わる法的トラブルのご相談・ご依頼を承っております。

法律相談料は30分5500円です。なお,以下のとおり,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

個人に関する取扱い業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,債務整理事件・ビットトレント著作権侵害事件については,法律相談料は無料です。)。

  • 自己破産・個人再生・過払い金返還請求などの債務整理事件
  • 未払い残業代等請求などの労働事件
  • 遺言作成・遺産分割など遺産相続事件
  • 交通事故の損害賠償請求事件
  • 成年後見申立てや離婚事件などの家事事件
  • ビットトレント等による著作権侵害の示談交渉
  • その他訴訟など裁判対応等

事業に関する業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,法人破産,個人事業者の破産についての法律相談料は無料です。)。

  • 法人・会社の自己破産申立てなどの倒産事件
  • 顧問弁護士
  • 債権回収事件
  • 不動産関連事件
  • 労務問題
  • その他訴訟など裁判対応等

清瀬市で弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所もご検討いただければ幸いです。

>> LSC綜合法律事務所の取扱業務

法律相談と証拠

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,前記のとおり,各種法律問題についての法律相談を実施しております。

この法律相談にお越しいただく際にお願いしていることは,その問題に関わる書類や資料をできる限りご持参いただきたいということです。

法律問題は,最終的に裁判によって決することになります。裁判では,何よりも証拠があるのかないのかということが重要です。

たとえ真実に反していても,証拠がないために不利益な結果となってしまうことがあり得るのです。

したがって,証拠があるのかどうかということを法律相談の際に把握しておかなければ,正確な見通しはたてられませんし,また,その後どのように行動すればよいのかということも変わってきます。

とはいえ,何が必要な証拠となるのかというのは,なかなか判断が難しい場合もあります。

なかには,こんなものは証拠として使えないだろう,と思われているようなものも実際には意外と証拠として利用できるということもあります。

そこで,特に取捨選択をせずに,とりあえず関連しそうなものはできる限りご持参いただいた方がよいのです。

清瀬市で弁護士による法律相談をご希望の方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所のご利用もご検討ください。お待ちしております。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内・アクセス

清瀬市で弁護士による法律相談をお探しの方に,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所とはどのような弁護士事務所なのか,また事務所までのアクセスなどについてご案内いたします。

>> LSC綜合法律事務所の概要

清瀬市からLSC綜合法律事務所までのアクセス

LSC綜合法律事務所は,JR立川駅南口または多摩モノレール立川南駅から徒歩約5分のところにあります。立川市の弁護士事務所です。

電車をご利用の方は,西武池袋線で秋津まで出ていただき,そこから(少し歩いていただくことになりますが)新秋津でJR武蔵野線に乗り換えていただき,西国分寺でさらに中央線に乗り換えて立川までお越しいただくことができます。

LSC綜合法律事務所までの地図

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

清瀬市 関連リンク

東京都清瀬市に関連ある法律施設などをご紹介いたします。

各種法律問題の基礎知識

各種法律問題の基礎知識について解説します。

旧司法試験

弁護士・裁判官・検察官になるためには,司法試験に合格する必要があります。

この司法試験は,司法制度改革によって新しい司法試験制度に変更されています。そのため,両者を区別する意味で,旧来の司法試験を「旧司法試験」新しい司法試験を「新司法試験」と呼ぶことがあります。

旧司法試験には,択一式・論文式・口述式の3つの試験がありました。

択一式は,憲法・民法・刑法,論文式は,憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法,口述式は,憲法,民事系,刑事系の科目による試験となっていました。

新司法試験

前記のとおり,現在では,新司法試験が行われています。

新司法試験は,旧司法試験と異なり,原則として,法科大学院を修了した人が受験資格を得ることになっています。

新司法試験は,択一式と論文式があり,択一試験には,公法系科目・民事系科目・刑事系科目の3科目があり,論文試験には,公法系・民事系・刑事系のほかに,選択科目があります。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ