LSC綜合法律事務所イメージ

小金井市の皆様へ

小金井市で弁護士による法律相談をお探しの方へ

何らかの紛争やトラブルが生じた場合,もちろんすべてというわけにはいかないのですが,法律による解決が可能なことは少なくありません。むしろ,法的解決ができる場合の方が多いといってよいかもしれません。

ただし,法律は誰にでも優しいというわけではありません。法律により恩恵を蒙ることができるのは,法律を知っている人だけです。

したがって,紛争やトラブルを解決したいという場合には,まずは法律の専門家である弁護士に相談されるというのも1つの方法なのです。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の方の生活に関する法律問題や中小企業の方の事業に関する法律問題などを取り扱っています。

法律相談料は30分5500円です。なお,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

東京都小金井市にお住まいの方や小金井市でお仕事をされている方で,弁護士を探しているという方,弁護士に依頼したいことがあるという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所へお越しください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所の法律相談について

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の方・中小企業の方のご相談を承っております。

法律相談料は30分5500円です。なお,以下のとおり,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

個人に関する取扱い業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,債務整理事件・ビットトレント著作権侵害事件については,法律相談料は無料です。)。

  • 自己破産・個人再生・過払い金返還請求などの債務整理事件
  • 未払い残業代等請求などの労働事件
  • 遺言作成・遺産分割など遺産相続事件
  • 交通事故の損害賠償請求事件
  • 成年後見申立てや離婚事件などの家事事件
  • ビットトレント等による著作権侵害の示談交渉
  • その他訴訟など裁判対応等

事業に関する業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,法人破産,個人事業者の破産についての法律相談料は無料です。)。

  • 法人・会社の自己破産申立てなどの倒産事件
  • 顧問弁護士
  • 債権回収事件
  • 不動産関連事件
  • 労務問題
  • その他訴訟など裁判対応等

小金井市で法律問題にお困りの方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> LSC綜合法律事務所の取扱業務

弁護士・司法書士・行政書士による法律相談の違い

法律相談をしようという場合に,誰に相談すればよいのかという疑問を承ることがあります。

もっとも,法律相談は法律事務です。したがって,基本的には,弁護士以外は法律相談を行うことができません。弁護士以外の者が法律相談を受けた場合には弁護士法に違反する犯罪行為ということになります。

もっとも,現在では,司法書士にも訴額140万円以下の簡易裁判所管轄の訴訟の代理権が認められていますから,その範囲内では司法書士による法律相談も有効であると考えられるでしょう。

他方,行政書士による法律相談は,明らかに弁護士法に違反しています。行政書士は行政関係書類作成のための士業ですので,そもそも法律・司法の専門家ではないからです。

したがって,法律問題を相談するという場合には,基本的には弁護士に相談すべきでしょう。ただし,上記のとおり,訴額140万円以下の事件については,司法書士に相談することも可能です。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所でも,各種の法律問題についてご相談を承っております。

小金井市の方で法律相談や弁護士への依頼をご希望の方がいらっしゃいましたら,当事務所までお問い合わせください。お待ちしております。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内・アクセス

小金井市で弁護士による法律相談をお探しの方に,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所とはどのような弁護士事務所なのか,また事務所までのアクセスなどについてご案内いたします。

>> LSC綜合法律事務所の概要

小金井市からLSC綜合法律事務所までのアクセス

LSC綜合法律事務所はJR立川駅南口または多摩モノレール立川南駅から徒歩約5分のところにある立川市の弁護士事務所です。

電車をご利用の場合,JR中央線であれば,東小金井・武蔵小金井のいずれからも直通で立川まで行くことができます。

西武線の場合には,西武多摩川線で武蔵境まで出ていただき,そこで中央線に乗り換えていただくこととなります。乗車時間はだいたい15分から20分程度です。

LSC綜合法律事務所までの地図

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

小金井市 関連リンク

東京都小金井市に関連ある法律施設などをご紹介いたします。

各種法律問題の基礎知識

各種法律問題の基礎知識について解説します。

訴訟における判断対象

裁判,特に訴訟において,判断の対象となるのは,「事実」です。

最終的に判決をするという場合,裁判所は,法律に規定されている法律効果が発生しているかどうかということを判断しますが,その前提として,法律効果発生の条件となる法律要件を満たしているのかどうかということを判断する必要があります。

そして,法律要件を満たしているかどうかは,その法律要件に該当する事実が存在するのかを,判断しなければなりません。そのため,訴訟において判断の対象となるのは,まず「事実」なのです。

要件事実とは?

前記のとおり,訴訟の判断対象は,法律要件に該当する「事実」があるかどうかです。民事訴訟の場合,この法律要件に該当する具体的事実のことを「要件事実」と呼びます。

したがって,民事訴訟において,当事者は,この要件事実があるのかどうかを争うことになります。そして,その要件事実を主張し,それを立証するために証拠を収集していくことになるのです。

裁判所としても,この要件事実があるかどうかを中心に,訴訟を進行していくことになります。つまり,要件事実には,訴訟指針となるという意味があるのです。

血族・姻族

法律上の「親族」には血族(けつぞく)と姻族(いんぞく)という区別があります。

血族とは,血縁関係にある親族のことです。ただし,ここでいう血縁関係とは,法的な意味での血縁関係ですので,養子や養親も,血族ということになります。

姻族とは,一方の配偶者と,他方の配偶者の血族との間の関係のことをいいます。たとえば,自分の配偶者の父母は,姻族ということになります。

尊属・卑属

前記の「血族」には,尊属(そんぞく)と卑属(卑属)という区別があります。

尊属とは,自分の先祖に当たる血族のことです。たとえば,父母や祖父母等がこれに当たります。

他方,卑属は,自分の子孫に当たる血族です。たとえば,子や孫がこれに当たります。

このサイトがお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ