LSC綜合法律事務所イメージ

狛江市の皆様へ

狛江市で弁護士による法律相談をお探しの方へ

トラブルは,誰にでも起こり得るものです。そのような場合,そのトラブルを解決するために,法的な制度が利用できるという場合は少なくありません。そのような場合,弁護士による法律相談がお役に立てるでしょう。

また,実際にはまだトラブルは発生していない場合でも,「こういうことをしたら,後でどのような法的リスクが発生するのか」ということを事前に知っておけば,将来のトラブルを回避できるということもあります。法律相談には,そういう利用法もあります。

東京都狛江市にお住まいの方,お勤めの方,事業を営んでいらっしゃる方で,弁護士事務所を探しているという方,弁護士に相談や依頼したいことがあるという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所をご利用ください。

法律相談料は30分5500円です。なお,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

狛江市で弁護士による法律相談をお探しの方

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の方の生活に関わる法律問題や中小企業の方の事業に関わる法律問題のご相談を承っております。

法律相談料は30分5500円です。なお,以下のとおり,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

個人に関する取扱い業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,債務整理事件・ビットトレント著作権侵害事件については,法律相談料は無料です。)。

  • 自己破産・個人再生・過払い金返還請求などの債務整理事件
  • 未払い残業代等請求などの労働事件
  • 遺言作成・遺産分割など遺産相続事件
  • 交通事故の損害賠償請求事件
  • 成年後見申立てや離婚事件などの家事事件
  • ビットトレント等による著作権侵害の示談交渉
  • その他訴訟など裁判対応等

事業に関する業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,法人破産,個人事業者の破産についての法律相談料は無料です。)。

  • 法人・会社の自己破産申立てなどの倒産事件
  • 顧問弁護士
  • 債権回収事件
  • 不動産関連事件
  • 労務問題
  • その他訴訟など裁判対応等

狛江市で各種法律問題にお困りの方がいらっしゃいましたら,無料相談もありますので,まずは,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

>> LSC綜合法律事務所の取扱業務

判決をもらっただけでは意味がない?

裁判手続のうち最も代表的なものは「訴訟」です。

訴訟では,相対立する当事者が,互いにそれぞれ主張をし,その主張を裏付ける証拠を提出して立証をし,それらに基づいて,裁判所が「判決」という終局判断を下すという手続です。

この判決は,裁判所という司法権を行使する国家機関による判断ですから,当然のことながら,公的な効力を持っています。

しかし,それは,判決で認められた権利があるということを公的に明らかにするという意味であり,判決をもらったからといって,裁判所が,その権利の実現のために自発的に何かをしてくれるというわけではありません。

たとえば,あなたの相手方に対して,あなたに「●●円を支払え」という判決が出されたとしましょう。

しかし,だからといって,裁判所が,相手方から財産を没収したりなどして,あなたにお金を支払ってくれるというわけではないのです。

この判決で認められた権利を実現するためには,相手方に任意に支払ってもらうか,さもなければ,ご自身で,別途,強制執行などの裁判手続をとって強制的に回収しなければならないのです。

「判決をもらっただけでは意味がない」というのは,そういう意味です。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内・アクセス

狛江市で弁護士による法律相談をお探しの方に,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所とはどのような弁護士事務所なのか,また事務所までのアクセスなどについてご案内いたします。

>> LSC綜合法律事務所の概要

狛江市からLSC綜合法律事務所までのアクセス

LSC綜合法律事務所はJR立川駅南口または多摩モノレール立川南駅から徒歩約5分のところにあります。多摩地域の方には便利なところにあります。

電車をご利用の方は,小田急小田原線で登戸まで出ていただき,そこでJR南武線に乗り換えて立川までお越しいただくことになります。

LSC綜合法律事務所までの地図

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

狛江市 関連リンク

東京都狛江市に関連ある法律施設などをご紹介いたします。

各種法律問題の基礎知識

各種法律問題の基礎知識について解説します。

司法試験の勉強と司法修習の勉強

法曹(弁護士・検事・裁判官)になるためには,司法試験に合格し,司法修習を修了する必要があります。この2段階のステップになっていることには意味があります。

司法試験では,基本的な法的知識と法律解釈の基礎を学習することになります。

これを修得して司法試験に合格したならば,司法修習において,今度は事実認定や要件事実といった実務的な段階についての基本を学習することになります。

つまり,司法試験と司法修習を経ることで,実務家として必要となる基本を習得できるのです。

法律要件と法律効果

法律の規定は,基本的に,ある一定の条件を満たした場合に,ある一定の効力が発生するという形式で定められています。

法律を適用して紛争等を解決するということは,要するに,この法律効果を発生させるということなのです。そして,この法律効果発生のための条件のことを法律要件といいます。

したがって,法律の適用を考える場合には,まずどのような法律効果が発生するのかを確認し,その上で,その効果発生をさせるためには,どのような法律要件を満たしていればよいのかを確認することになります。

刑事事件と民事事件

事件というと,刑事事件を思い浮かべる方が多いかもしれませんが,法的な事件は刑事事件だけではありません。民事事件というものもあります。

刑事事件は犯罪行為に関する事件であり,刑事手続において扱われることになります。他方,民事事件とは,われわれ私人間の紛争や法的問題に関する事件です。

たとえば,お金を支払えだとか,物を返せというような紛争は民事事件ですし,離婚や相続なども民事事件のうちの家事事件に属することになります。この民事事件は民事手続によって取り扱われることになります。

裁判・訴訟の仕組み

裁判にはさまざなな種類がありますが,代表的な裁判手続というと,やはり訴訟手続でしょう。

訴訟手続においては,当事者が法的な請求を行います。裁判所が事件を見つけてくるわけではなく,あくまで当事者の方から裁判所に請求を認めてほしいというように訴えていくのです。

当事者は,その法的な請求を認めてもらうために,事実を主張し,その事実を証明するための証拠を提出して立証していきます。

裁判所は,当事者の主張や立証に基づいて,判決という終局的な判断をすることになります。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ