LSC綜合法律事務所イメージ

武蔵村山市の皆様へ

武蔵村山市で弁護士による法律相談をお探しの方へ

法律問題は1人で悩んでいてもよい解決方法が見つからない場合があります。そのような場合は,法律の専門家である弁護士に相談するのが,解決のための最も早い方法です。

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,個人の方の生活に関わる法律問題や中小企業の方の事業に関わる法律問題について,弁護士による法律相談を承っております。

ご相談者・ご依頼者の方の法律問題を解決するためにはどのようにしたらよいかを,一緒に考えさせていただきます。

法律相談料は30分5500円です。なお,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

武蔵村山市で法律問題についてお悩みの方,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所の法律相談をご利用ください。当事務所は,親しみやすい法律事務所を目指しております。お気軽にご相談ください。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所の取扱業務

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の方の生活にかかわる問題や中小企業事業者の方の事業にかかわる問題について,ご相談を承っております。

法律相談料は30分5500円です。なお,以下のとおり,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

個人に関する取扱い業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,債務整理事件・ビットトレント著作権侵害事件については,法律相談料は無料です。)。

  • 自己破産・個人再生・過払い金返還請求などの債務整理事件
  • 未払い残業代等請求などの労働事件
  • 遺言作成・遺産分割など遺産相続事件
  • 交通事故の損害賠償請求事件
  • 成年後見申立てや離婚事件などの家事事件
  • ビットトレント等による著作権侵害の示談交渉
  • その他訴訟など裁判対応等

事業に関する業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,法人破産,個人事業者の破産についての法律相談料は無料です。)。

  • 法人・会社の自己破産申立てなどの倒産事件
  • 顧問弁護士
  • 債権回収事件
  • 不動産関連事件
  • 労務問題
  • その他訴訟など裁判対応等

武蔵村山市で弁護士による法律相談をお探しの方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> LSC綜合法律事務所の取扱業務

「口約束」の法的効力

何らかの契約をする場合,契約書を取り交わすことがあります。特に,重要な契約をする場合には,契約書を作成することが多いでしょう。

そのため,中には,契約というものは,契約書がなければ成立しえないと考えておられる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし,法律上,契約は,基本的に,特に契約書や合意書などの書面を作成していなくても,当事者間の合意のみによって成立するとされています(ただし,例外はあります。)。

つまり,契約は,口頭によっても契約は成立しているのです。

したがって,いわゆる「口約束」であっても,法的拘束力を有する契約として成立してしまうということです。

そのため,口約束だから,といって簡単に考えてしまうのは危険であるということになります。逆に,口約束だから法的な拘束力がない,とまったくあきらめてしまう必要もないともいえるでしょう。

ただし,口約束の場合には,裁判になれば,立証が難しいため,言った言わないで紛争となることが少なくありません。

したがって,契約や合意・和解などをする場合には,必ず書面をとっておくということが必要でしょう。

武蔵村山市で契約書等の作成や契約問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所の法律相談のご利用もご検討ください。お待ちしております。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

武蔵村山市のご利用者の方々のご意見・ご感想

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所に法律相談やご依頼をいただいた「東京都武蔵村山市在住または所在の方」からのご意見・ご感想等を掲載いたしました(なお以下のアンケート結果等については,事前に掲載許可をいただいております。)。

武蔵村山市に在住または所在の方で,LSC綜合法律事務所のご利用をお考えの方がいらっしゃいましたら,ご参考にしてみてください。

東京都武蔵村山市26歳男性の方から

東京都武蔵村山市26歳男性の方から頂戴したご意見・ご感想です。

改善すべき点

特にありません。

継続すべき点

御相談しやすかったです。

LSC綜合法律事務所より

東京都武蔵村山市26歳男性の方,貴重なご意見・ご感想を頂戴し,ありがとうございました。

弁護士・法律事務所は,とかくとっつきにくいと思われています。それを少しでも親しみやすいと感じていただけるようにしたいというのが,LSC綜合法律事務所の希望です。相談しやすいと感じていただけたのであれば何よりです。

>> 東京都武蔵村山市26歳男性の方からのアンケート結果 PDF

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内・アクセス

武蔵村山市で弁護士による法律相談をお探しの方に,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所とはどのような弁護士事務所なのか,また事務所までのアクセスなどについてご案内いたします。

>> LSC綜合法律事務所の概要

武蔵村山市からLSC綜合法律事務所までの道のり

LSC綜合法律事務所は,JR立川駅南口または多摩モノレール立川南駅から,すずらん通りを立川通り方面へと抜け,徒歩約5分のところにあります。

武蔵村山市からですと,バス(立川バス)がJR立川駅まで直通です。また,将来的には,武蔵村山市内まで多摩モノレールが増設されるとのことですので,そうなれば,多摩モノレール立川南駅までも直通でお越しいただくことができます。

いずれにしろ,武蔵村山市と立川市は隣接していますから,それほどのお時間はかからないと思います。

LSC綜合法律事務所までの地図

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

武蔵村山市 関連リンク

各種法律問題の基礎知識

各種法律問題について解説します。

物権とは?

物権とは,,物を直接に支配して,利益を受けることができる排他的な権利のことをいいます。

債権の場合には,権利実現のために他者の行為を要しますが,物の直接的支配権である物権は,他者の行為の介在なく権利を実現できるという特徴があります。

また,物権は排他的な支配権ですから,矛盾を生じないよう,1つの物の上には同内容の物権は1つしか成立しえないものとされています。(一物一権主義)

この物権には,以下のような効力があります。

  • 優先的効力
  • 物権的請求権

物権法定主義

前記のとおり,物権には,一物一権主義が設けられていますが,誰でも自由に物権を創設できると一物一権主義に反する結果を生じ,取引の安全を害するるおそれが生じてきます。

そこで,物権は自由に創設できず,法令で定めたものしか創設できないとされています。これを「物権法定主義」といいます。

もっとも,この物権法定主義は,取引の安全を確保の制度ですから,以下の場合には,例外的に,新しい物権を創設できると解されています。

  • 物権を創設する必要性があること
  • 取引安全を害するおそれがないこと

物権の種類

基本的な物権は,民法に規定されています。

物権は,大きく分けると,本権と占有権があり,さらに,本権は,所有権と制限物権に分けることができます。

制限物権は,用益物権と担保物権とに分けることができます。

用益物権には,地上権・永小作権地役権・入会権があります。また,担保物権には,留置権,先取特権,質権,抵当権等があります。

墓地埋葬法とは?

墓地・霊園などは,我々の生活と切り離せない上に信仰上の意味合いも持っています。そのため,これらを法令で厳格に規制することはできません。

もっとも,墓地・埋葬等は,公衆衛生の面などからみれば,完全に放置しておいてよいというものでもありません。そこで,公衆衛生の見地から墓地・埋葬等を規律する法律が「墓地,埋葬等に関する法律」です。

みなし墓地とは?

墓地・霊園・納骨堂・火葬場等を経営・拡張・縮小するためには,墓地埋葬法律第10条1項により,その墓地等の所在地を管轄する都道府県知事の許可を受ける必要があります。

もっとも,同法26条によれば,墓地埋葬法の施行より前にすでに都道府県知事の許可を受けて墓地・霊園・納骨堂・火葬場を経営していた場合には,同法10条の許可を受けたものとみなされます。

これを「みなし墓地」と呼ぶことがあります。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ