LSC綜合法律事務所イメージ

武蔵野市の皆様へ

武蔵野市で遺言作成の法律相談をお探しの方へ

遺産相続の問題は,親族間で大きな紛争に発展することが少なからずあります。しかし,ご自身の残した財産のために親族が争うことになるのは,被相続人にとって本望ではないでしょう。

そのような相続人間での紛争を回避し,被相続人の意思を残された方々に残しておくための方法として「遺言」を作成するという方法が用意されています。

とはいえ,遺言はただ作っておけばよいというものではありません。遺言に法律的な効力を持たせるためには,法律で定められた方式に従って遺言書を作成しておくことが必要となります。

また,遺言の内容・文言について解釈の余地や法的に不正確・不明確なものがあれば,せっかく法定の要式で作成したとしても,やはり相続人間での争いのもととなってしまうおそれもあります。

確かな遺言を作成するためには,法律の専門家のアドバイスが必要となることもあるでしょう。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺言作成のご相談は30分5500円となっております。

武蔵野市で遺言作成をお考えの方。東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所までお越しください。お待ちしております。

>> 弁護士による遺言作成の法律相談のご案内

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所の遺言作成について

前記のとおり,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺言作成のご相談は30分5500円となっております。お気軽にお問い合わせください。

なお,遺言作成の基本手数料は,11万0000円となります。特殊な内容が含まれている場合には,相続財産の価額に応じて費用を決定させていただくことになります。

相続人や相続財産の調査が必要となる場合には,調査費用として実費のほか11万0000円を追加となります。

>> 遺言作成の弁護士報酬・費用のご案内

遺言の記載事項

遺言に法的効力が認められるのは,遺言事項と呼ばれる事項です。遺言事項が何かは法律で定められています。これ以外の事項は遺言書に記載したとしても,法的な効力は生じません。

遺言事項となるのは,基本的には相続財産に関するものですが,一定の身分関係に関する事項も遺言事項として定められています。

もっとも,遺言書を作成する場合,遺言事項ではない記載をすることも少なくありません。いわゆる遺言の付言と呼ばれる記載です。

たとえば,なぜ遺言を作成したのか,相続人にはこのように相続を進めていってほしいなどの遺言者の希望を記載することがあります。

この付言には,上記のとおり,法的効力は生じません。しかし,それによって,遺言者の遺志を相続人等に伝えることにより,事実上,その希望に沿った相続が進められるということもあります。

武蔵野市で遺言書の作成についてお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所にご相談ください。

>> 遺言に関する法律問題(目次)

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内・アクセス

武蔵野市で弁護士による遺言作成の法律相談をお探しの方に,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所とはどのような弁護士事務所なのか,また事務所までのアクセスなどについてご案内いたします。

>> LSC綜合法律事務所の概要

武蔵野市からLSC綜合法律事務所までの道のり

LSC綜合法律事務所は,JR立川駅南口または多摩モノレール立川南駅から徒歩約5分のところにある立川市の弁護士事務所です。

電車をご利用の場合は,JR吉祥寺またはJR武蔵境駅をご利用いただくと,中央線まで直通です。乗車時間は20分ほどです。京王線や西武線ご利用の方も吉祥寺または武蔵境駅でJR線にお乗り換えください。

LSC綜合法律事務所までの地図

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

武蔵野市 関連リンク

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ