LSC綜合法律事務所イメージ

西多摩郡の皆様へ

西多摩郡で弁護士による法律相談をお探しの方へ

われわれの生活・事業においては,思いがけない紛争やトラブルが生じるということがあります。その場合,法律によって解決できるということも少なくありません。

もっとも,法律には簡単ではない部分もあります。安易に法的手続きなどをとると,かえって紛争が拡大してしまったり,余分なリスクを負ってしまったりするようなことがあり得ます。

適切な法律の解釈や活用法については,やはり法律の専門家である弁護士のアドバイスやサポートが必要となってくるでしょう。

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,個人の方の生活に関わる法律問題や中小企業の方の事業に関わる法律問題のご相談を承っております。

法律相談料は30分5500円です。なお,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

東京都西多摩郡で弁護士に相談や依頼をしたいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所の取扱業務

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の方の生活に関する法律問題や中小企業の方の事業に関する法律問題についてのご相談・ご依頼を承っております。

法律相談料は30分5500円です。なお,以下のとおり,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

個人に関する取扱い業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,債務整理事件・ビットトレント著作権侵害事件については,法律相談料は無料です。)。

  • 自己破産・個人再生・過払い金返還請求などの債務整理事件
  • 未払い残業代等請求などの労働事件
  • 遺言作成・遺産分割など遺産相続事件
  • 交通事故の損害賠償請求事件
  • 成年後見申立てや離婚事件などの家事事件
  • ビットトレント等による著作権侵害の示談交渉
  • その他訴訟など裁判対応等

事業に関する業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,法人破産,個人事業者の破産についての法律相談料は無料です。)。

  • 法人・会社の自己破産申立てなどの倒産事件
  • 顧問弁護士
  • 債権回収事件
  • 不動産関連事件
  • 労務問題
  • その他訴訟など裁判対応等

東京都西多摩郡で個人の生活に関する法律問題・中小企業の事業に関する法律問題で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所にお任せください。

>> LSC綜合法律事務所の取扱業務

法律相談に資料や書類を持参していただく意味

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,前記のとおり,各種法律問題についての弁護士による法律相談を行っておりますが,その際,事案に関連する資料や書類等をご持参いただくようにお願いしております。

法的な紛争は,一般的に,最終的には裁判によって決着されることになります。

もちろん,その全段階において話し合い・交渉によって解決するということが少なくないでしょうが,法律相談である以上,最終的な法的手続による場合の見通しというものも考えておかなければなりません。

裁判,特に訴訟において重要となることは「証拠」です。証拠があるのかないのかによって結論が左右される場合もあります。

そのような証拠となるものがあるのかということは,実際に拝見させていただかないと判断ができません。

あまり関連性がないと思うような資料が証拠となる場合もありますし,逆に証拠となると思われているものが実際にはあまり証拠として価値が高くないということもありますので,その判断もやはり実際に拝見させていただく必要があります。

また,資料や書類があれば,弁護士としても事案を把握しやすく,法律相談がスムーズに進むということもあります。そのため,法律相談に際して書類や資料をご持参いただいているのです。

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,ご相談者・ご依頼者の方のお話をよくお聞きすることを第一に考えています。西多摩郡で弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,当事務所にお任せください。

>> LSC綜合法律事務所における法律相談の流れ

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内・アクセス

東京都西多摩郡で弁護士による法律相談をお探しの方に,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所とはどのような弁護士事務所なのか,また事務所までのアクセスなどについてご案内いたします。

>> LSC綜合法律事務所の概要

LSC綜合法律事務所までの道のり

LSC綜合法律事務所は立川の弁護士事務所です。JR立川駅南口または多摩モノレール立川南駅から徒歩約5分のところにあります。

LSC綜合法律事務所までの地図

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

西多摩郡 関連リンク

各種法律問題の基礎知識

各種法律問題の基礎知識について解説します。

親等の数え方

親族間の遠近を表す単位のことを「親等(しんとう)」といいます。

最も近しい関係にある親族を「1親等」その次が「2親等」「3親等」・・・というように数えていくことになります。

親等は,横に数えるのではなく,縦に数えていくというイメージです。

たとえば,親や子どもは「1親等」祖父母や孫は「2親等」となります。

兄弟姉妹は,1度両親のところに上ってそこから1親等下ることになりますので,「2親等」ということになります。

嫡出子・非嫡出子

法律上の婚姻関係にある夫婦の間に生まれた子を「嫡出子(ちゃくしゅつし)」といいます。これに対して,嫡出子でないことのことを「非嫡出子(ひちゃくしゅつし)」といいます。

非嫡出子は嫡出子の相続分の半分とするという規定がありましたが,この規定は,最高裁判所によって憲法違反であり無効という判断がなされ,その後廃止されました。

裁判員制度とは?

現在,我が国の刑事裁判には,「裁判員制度」が採用されています。

裁判員制度とは,法曹でない国民が刑事裁判に参加し,裁判官とともに刑事事件の審理をして,事実認定・法令の適用・量刑を行うという制度のことです。

その目的は,刑事司法に,国民の一般的感覚を取り入れ,より国民に身近な刑事司法を実現するというところにあります。

裁判員裁判対象事件

前記のとおり,わが国では,刑事裁判に裁判員制度が採用されています。

もっとも,すべての刑事事件が裁判員が参加する裁判員裁判になるわけではありません。

裁判員裁判の対象となる事件は,裁判員法によって,一定の重大事件に限定されています。裁判員裁判の対象となる事件は,以下の事件です。

  • 死刑又は無期懲役・無期禁固に当たる罪に係る事件
  • 裁判所法第26条第2項第2号に規定された事件(法定合議事件)の内で故意の犯罪行為によって人を死亡させた罪に係る事件

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ