LSC綜合法律事務所イメージ

奥多摩町の皆様へ

奥多摩町で弁護士による法律相談をお探しの方へ

法律問題は自分には関係がない,と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし,実際には,法律というものはわれわれの個人生活や事業などの多くの領域を規律しています。したがって,法律についての知識を得ておくことは,生活や事業をしていく上で非常に重要です。

特に,何らかのトラブルが生じた場合,法律が重要な意味を持ってくる場合があります。

上記のとおり,法律はわれわれの生活や事業の多くの領域を規律していますが,それは逆にいえば,生活や事業においてトラブルが生じた場合にも,そのトラブル解決のための方策が用意されている場合があるということです。

一見,法律とは関係がないと思われるような問題でも,実は法律による解決が可能であるという場合もあります。

したがって,何らかの問題が生じた場合,法的な解決が可能かどうかということを検討するのも意味のあることなのです。

とはいえ,法令は膨大な数があり,また,その活用方法や法的知識も複雑な場合があります。トラブルが生じた場合に,すぐさまそれらを習得するのもなかなか時間がないという場合もあるでしょう。

そのような場合には,やはり,法律の専門家である弁護士に一度ご相談されることをお勧めいたします。

法律相談料は30分5500円です。なお,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

東京都西多摩郡奥多摩町で弁護士による法律相談をお探しの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士LSC綜合法律事務所のご利用もご検討いただければ幸いです。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所の取扱業務

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の方の生活に関わる問題や中小企業の方の事業に関わる問題をお取り扱いしております。

法律相談料は30分5500円です。なお,以下のとおり,個人の債務整理や法人の自己破産については,相談料は無料です。

個人に関する取扱い業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,債務整理事件・ビットトレント著作権侵害事件については,法律相談料は無料です。)。

  • 自己破産・個人再生・過払い金返還請求などの債務整理事件
  • 未払い残業代等請求などの労働事件
  • 遺言作成・遺産分割など遺産相続事件
  • 交通事故の損害賠償請求事件
  • 成年後見申立てや離婚事件などの家事事件
  • ビットトレント等による著作権侵害の示談交渉
  • その他訴訟など裁判対応等

事業に関する業務としては,例えば,以下のものがあります(このうち,法人破産,個人事業者の破産についての法律相談料は無料です。)。

  • 法人・会社の自己破産申立てなどの倒産事件
  • 顧問弁護士
  • 債権回収事件
  • 不動産関連事件
  • 労務問題
  • その他訴訟など裁判対応等

西多摩郡檜原村で,各種法律問題にお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> LSC綜合法律事務所の取扱業務

無料相談のご案内

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,前記のとおり,個人の方の生活に関わる問題や中小企業の方の事業に関わる問題をお取り扱いしております。

法律相談料は,原則5000円(30分を経過するごとに5000円を追加。いずれも税別。)となっておりますが,一部の法律問題については,無料相談を実施しております。

無料相談となる法律問題は,以下のとおりです。

  • 個人の借金多重債務問題・債務整理(自己破産・個人再生・任意整理など),過払い金返還請求
  • 法人・会社の自己破産申立て

上記法律問題については無料相談ですので,まずはご相談ください。ご相談は,当事務所へご来訪いただいての面談相談となります(お電話・メールによる相談は承っておりません。)。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

LSC綜合法律事務所のご案内・アクセス

奥多摩町で弁護士による法律相談をお探しの方に,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所とはどのような弁護士事務所なのか,また事務所までのアクセスなどについてご案内いたします。

>> LSC綜合法律事務所の概要

奥多摩町からLSC綜合法律事務所までの道のり

LSC綜合法律事務所は,立川市錦町の弁護士事務所です。JR立川駅南口または多摩モノレール立川南駅から,すずらん通りを立川通り方面へと抜け,徒歩約5分のところにあります。

電車をご利用の場合,奥多摩町内の各駅からJR立川駅までは,JR青梅線をご利用頂き,1時間程度です。自動車をご利用の場合には,だいたい1時間半程度と思われます。

LSC綜合法律事務所までの地図

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

※ 詳しい道案内は,下記各ページをご覧ください。

奥多摩町 関連リンク

奥多摩町にある法律関連施設をご紹介いたします。

各種法律問題の基礎知識

各種法律問題の基礎知識について解説します。

不動産賃貸借トラブル

不動産トラブルにはさまざまなものがありますが,特に多いのは,やはり賃貸借に関するトラブルではないでしょうか。

不動産賃貸借のトラブルとしては,賃料の滞納や増減額の問題,不動産の用法遵守に関する問題,それらに伴う明渡しの問題などが挙げられます。

しかし,いずれにしても,不動産賃貸借トラブルというものは不動産賃貸借契約の問題ですから,賃貸借契約について理解しておくことは,不動産賃貸借トラブルの解決のためには必須でしょう。

賃借人の賃料支払義務

賃貸借契約における賃借人(借主)は,目的物を使用収益できる権利だけでなく,その反面,さまざまな法的義務を負うことになります。

そのうちで,最も代表的な義務は,賃料(家賃・地代など)を支払うという義務です。

賃借人が賃料を支払わなければ,契約の不履行ということになりますから,賃貸人は,義務の履行,すなわち約定どおりの賃料支払いを求めることができます。

また,債務不履行となるため,一定期間以上,賃料滞納が継続した場合には,賃貸借契約を解約して,目的物である不動産の明渡しを求めることもあるでしょう。

滞納賃料・家賃の回収

不動産賃貸借トラブルのうちでも,賃料の滞納に関するトラブルは,非常に多い問題の1つでしょう。

賃貸人にとっては,予定していた賃料を回収できないのですから,切実な問題となり得ます。

また,賃料滞納の問題は,場合によっては,賃貸不動産の明渡しなどの問題につながることもある重要な問題です。

滞納賃料の回収を適切に行うためには,やはり法律の知識・経験が必要となってきます。

滞納賃料回収の法的手段

賃料が滞納となった場合,当事者間の話し合いで解決できるならば,それに越したことはありません。

しかし,話し合いによる解決ができなかったという場合には,滞納賃料を回収するためには,法的手続をとる必要があります。

具体的にいえば,裁判手続,それも訴訟手続を利用するのが,一般的でしょう。

賃料が少額であるという場合には,少額訴訟という,通常訴訟よりも大幅に期間が短縮された訴訟手続を利用することも可能です。

さらに,勝訴判決を得たとしても,相手方が任意に支払いをしないという場合には,さらに強制執行等の手続を利用することもあります。

滞納賃料回収の流れ

賃料の滞納が始まった場合,まずは早めに賃借人と連絡をとり,支払いについて話し合いをはじめなければなりません。

それでも滞納が続くような場合には,配達証明付きの内容証明郵便で請求書を送付します。

さらに滞納が続くのであれば,訴訟提起などを検討する必要があるでしょう。

訴訟提起をすべきかどうかは,概ね3か月分の賃料が滞納されたかどうかが,一応の基準となるでしょう。

滞納賃料回収と明渡し

賃料を滞納するということは,賃貸借契約に基づく賃料支払義務を履行しないということですから,債務不履行に当たります。

したがって,賃貸人は,賃料が滞納された場合,債務不履行に基づいて,賃貸借契約を解除し,不動産の明渡しを求めることができます。

もっとも,1回でも滞納があれば,すぐさま賃貸借契約を解除できるわけではなく,信頼関係が破壊されたといるほどに継続的な賃料の滞納があった場合にだけ,賃貸借契約を解除できます。

ただし,賃貸借契約を解除して,不動産の明渡しを求めるかどうかは,それぞれの事情によりますので,慎重に検討した方がよいでしょう。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ